夏 の 果 て 海 の 家 果 て 海 群 青

なつのはて うみのいえはて うみぐんじょう

暑い夏もどうやらかたがつき、泳ぐ人もいなくなった浜。

エメラルドとはお世辞にも言えないけれど、明るい色は去り、本来の深い青と緑っぽい色を取り戻し、寄せては返す波音も心なしか静かです。

桟橋から覗き込めば、クラゲの天下。

この句も読まれています。

運もまた 実力のうちと 夏始む 南相馬、小高ボラセン。曇ってたけど少しずつ青空が。 / jetalone いろいろな運がある。そんな気がしたり、しなかったりで毎日を過ごしてる。小さな偶然でうまくいったりしたときは、運が向いてると小さな喜びを感じたりする。一般的で大きなものは、就職や結婚か。縁故採用華やかなりし頃は、就職は運だった。...
柊 の 花 咲 き 始 む 日 家 解 く 日 ひいらぎの はなさきそむひ いえとくひ 柊のあのトゲトゲの葉には、まことに似つかわしくない、ほんとに小さくて、可憐で、とてもいい香りのする白い花です。 近づいてよく見ないと、気がつかないくらいです。 家はもう古くて、壊すことが決まって、今朝から重機が入り、ほこりの立つ中取り壊しが始まりました。...
遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり 遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。 胸騒ぎのような音がします。 日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。...
弁 当 を 運 ぶ 自 転 車 青 田 風 田植えの田圃に弁当を運ぶのだろうか。弁当らしい包みをしっかとロープで括り付け、青田の風の吹き渡る中、自転車が行く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください