夏 の 果 て 海 の 家 果 て 海 群 青

なつのはて うみのいえはて うみぐんじょう

暑い夏もどうやらかたがつき、泳ぐ人もいなくなった浜。

エメラルドとはお世辞にも言えないけれど、明るい色は去り、本来の深い青と緑っぽい色を取り戻し、寄せては返す波音も心なしか静かです。

桟橋から覗き込めば、クラゲの天下。

この句も読まれています。

碧 色 の 切 子 の 皿 に 黒 葡 萄 以前旅行したとき、紺碧の空の色のガラス切子の不自然な丸い形の皿を買った。 色が鮮やかすぎて、皿のほうが目立ってしまい、なんとなく料理に合わず、 使えずにいたのだけれど、巨峰の黒い房を載せてみたら、意外としっくり見える。 紺碧の空、紺碧の海の底を、ちょっとだけ覗いたような。...
今更に 暦求めて 小正月 年の暮れにカレンダーを頂いた。 植木屋さんや、保険屋さんや、美容室…。 ダサいダサいって、ポイポイ捨てた。結果、ウチにはカレンダーが無い。 百円ショップにも、無印にも、もう置いてない。 反省している。 よかったらクリックください。励みになります。...
朝夕に 陽に映え冬の 木立かな  冬木立、すっかり葉を落としてしまった、冬の木々はっすっきりしていて、 向こうから朝日が昇ってくると、さんさんと太陽の光を受け、またそれが 木を通して、透けていくのです。 夕方には沈みかけた朱色の夕日が木のはざ間から透けていくのです。 冬の立ち木は、立派なオブジェなのでしょう。...
氏神が 居ると言われて 拝む夏 神様なんて、考えたこともないけど、いるのかもしれない。 けっこう残酷なことなします。神様は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください