夏 の 果 て 手 酌 に 浮 世 し ば し 飛 ぶ

なつのはて てじゃくにうきよ しばしとぶ

お酒はスッパリやめたけれど、イベントは別よ。

平均して、月に一回くらいでしょうか。

同窓会や、めったにない結婚式、むかしの仲間と、「お元気?」の会くらいです。

仕事しているころの歓送迎会や忘年会が無いのは、おおいに結構。

イヤなヤツとは飲みたくないから。

遠いむかしには、お酌というものがあって、お酒を持って挨拶回りという、これ以上うっとおしいことはない風習がありました。

呑んだ盃を返すなどと不潔なことが当たり前におこなわれ、今の若い子があれを見たら何と言うか、ゾッとすること確信します。

わたしはビールしか飲みませんが、大事なのは「自分のペース」

お願いですから、途中で注ぎ足さないでください。

だからジョッキがいいのです。

瓶ビールは、グラスが小さいので、危険です。

だから悪酔いするのです。

メイメイスキズキにして。

人のことは、放っておいて。

この句も読まれています。

小池真理子著 『 モンローが死んだ日 』 毎日新聞出版... 主人公は、59歳になる未亡人。名前は鏡子。 子どもはいない。 夫に先立たれ、親はすでに亡く、兄弟姉妹もいない。 夫と作り上げた家庭は、唯一にして絶対の心の拠り所だった。 深い喪失感にさいなまれ、死ぬことすら考えた鏡子を救ったのは、地元軽井沢の隣町在住の、存命中は多くの読者を魅了した作家の別荘を記念館...
眉 描 け ば よ か り し 春 に 巡 り 逢 ひ... 偶然、逢いたくない人に逢う。 そんなときに限ってというか、いつも大抵そうなんだけど化粧もしてない。 普段着のへんな格好で。 せめて眉をきれいに描いて、マスクしていればよかった。 「老けたな」と思われたに決まってる。 別にいいけど。 なんか悔しい。...
野 梅 に も 日 射 し 届 き て 二 三 輪... のうめにも ひざしとどきて にさんりん 野生の梅。 やまのなかに生育し、それでも花の季節には小さな花を忘れずにつけます。 でも、梅園とちがって、手入れはなく、肥料もない状況では、花のつきも良くないのです。 それでも毎年そこにあって、それなりの花を咲かせていることが、頼もしくて好きです。...
焦がれても 密かなるべし 虎落笛(もがりぶえ)... 冬の冷たい激しい風が、垣根や電線に吹き付けて、身をよじるような苦しい声を上げるように聞こえる虎落笛(もがりぶ え)身をよじっても、届かない、伝えてはいけない恋心なのかもしれない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください