夏 の 果 て 手 酌 に 浮 世 し ば し 飛 ぶ

なつのはて てじゃくにうきよ しばしとぶ

お酒はスッパリやめたけれど、イベントは別よ。

平均して、月に一回くらいでしょうか。

同窓会や、めったにない結婚式、むかしの仲間と、「お元気?」の会くらいです。

仕事しているころの歓送迎会や忘年会が無いのは、おおいに結構。

イヤなヤツとは飲みたくないから。

遠いむかしには、お酌というものがあって、お酒を持って挨拶回りという、これ以上うっとおしいことはない風習がありました。

呑んだ盃を返すなどと不潔なことが当たり前におこなわれ、今の若い子があれを見たら何と言うか、ゾッとすること確信します。

わたしはビールしか飲みませんが、大事なのは「自分のペース」

お願いですから、途中で注ぎ足さないでください。

だからジョッキがいいのです。

瓶ビールは、グラスが小さいので、危険です。

だから悪酔いするのです。

メイメイスキズキにして。

人のことは、放っておいて。

この句も読まれています。

新 走 (あらばしり) 心 な し か ば 香 の 青 し... 新酒の会。 今年できた新しい酒。 大きな樽から、すこし注いでもらうのだけれど、樽の香りか、新酒の香りか、新しい香りがする。 新しいはあたらしいで、古いは古いで、それはそれなりの趣きがあるのだろうけれど、正直、日本酒のことはよくわからない。 爽やか系が飲みやすいけれど、フルーツ酒みたいになると、好みじ...
春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを 夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。 景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。 沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。...
二十世紀 鳥取の秋の 香りして 鳥取のJAが出荷した二十世紀梨を買った。九州の梨は、大きくて、褐色で、それはそれで美味しいんだけど、私は、二十世紀のあの小ぶりで、締まった味が好き。薄緑色に秋が詰まっているように感じる。...
本 当 の こ と 言 は ず し て 初 盆 会... ほんとうの こといわずして はつぼんえ どうしても知りたいこと、聞いておきたいこと、聞かなければ後悔すること、それらはどれも聞きにくいこと。 もちろん聞かれる方も、触れられたくないこと。 それでも言う責任のあることが、ふつうではない家族にはあるのです。 そのうちそのうちと思っているうちに、急...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください