墓 移 し 師 走 の 故 郷 遠 の き て

はかうつし しわすのこきょう とおのいきて

永代供養というものがあるらしい。
一括して、所定の費用を納めれば、先祖供養をお寺が行なってくれるという。
何処までほんとでしょうか。
そもそも供養とはなんだろうと思います。
ほんとにお経をあげてもらっているとは思えないのです。
つまり永代供養とは場所代のことではと考えます。
時代とともに家族は形を変え、親類縁者は疎遠になり、自分が生きていくことが精一杯で、とっくの昔に死んだ人に割くお金も時間もないというのが現実です。
しようがないのです。
今出来ることをすればいいと思うのです。
時代も変わり、供養のかたちも想いも変わってきているのですから。
自分の供養で、子孫が迷惑をこうむるなんて、とんでもないこと。
放っといてくれて、ぜんぜん構わない。

この句も読まれています。

海鼠(なまこ)切る 水の冷たき 正月の朝... 海鼠を切るのは骨が折れる。ヌルヌルして扱いにくいし、なぜかとても冷たい。正月の朝は、雑煮と刺身と海鼠と、そして新聞取って、ほんの少しの年賀状取って、ストーブつけて…やることはそれくらい。おせちはなし。...
梅が枝の 餅を食い食い 花菖蒲 あんな見飽きた餅が、遠方の人には珍しい様子。 国立博物館ができてからは、一年中よく売れてるらしい。
深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿 ふかおいは すなきずつくと うまごやし ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。 俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。 うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。 江戸時代に入ってきた帰化植物です。 肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。 わたしはむかしから、...
笹 子 鳴 く 赤 き 鳥 居 の つ ら つ ら と... ささごなく あかきとりいの つらつらと 山口県元乃隅稲荷神社。 長門市にあります。 白キツネのお告げにより、島根県津和野の太鼓谷稲荷神社より分霊された神社だそうです。 断崖に沿って、100m以上も赤い鳥居が続きます。 御利益は、商売繁盛、開運、良縁から大漁、学業までなんでも引き受けてくれる...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください