墓 移 し 師 走 の 故 郷 遠 の き て

はかうつし しわすのこきょう とおのいきて

永代供養というものがあるらしい。
一括して、所定の費用を納めれば、先祖供養をお寺が行なってくれるという。
何処までほんとでしょうか。
そもそも供養とはなんだろうと思います。
ほんとにお経をあげてもらっているとは思えないのです。
つまり永代供養とは場所代のことではと考えます。
時代とともに家族は形を変え、親類縁者は疎遠になり、自分が生きていくことが精一杯で、とっくの昔に死んだ人に割くお金も時間もないというのが現実です。
しようがないのです。
今出来ることをすればいいと思うのです。
時代も変わり、供養のかたちも想いも変わってきているのですから。
自分の供養で、子孫が迷惑をこうむるなんて、とんでもないこと。
放っといてくれて、ぜんぜん構わない。

この句も読まれています。

竹 切 っ て 五 百 羅 漢 に 風 渡 る 500 Arhats / 五百羅漢(ごひゃくらかん) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 竹山は、切らずにおくと荒れてしまうという。 切って、枝を払い、下草を刈って手入れをしないといけないらしい。 此処には、小さな羅漢がさまざまな顔で、なかには頸のないのもあるが、かしこまって並んでいる。...
むしむしと 汗滝のごと 米をとぐ 風の通らない台所で、米をといでる様子です。 夏は苦手なので、何をするのもおっくうです。
ち ち ろ 虫 自 分 は 自 分 比 べ ず ば... エンマコオロギ / omoon 人と比べない。あたしはあたし。 人生は、人それぞれ。とりあえ ず流れのままに、漂ってみよう と思う。あたしは、なんでもす ぐに人と比較して、羨ましがる 悪い癖がある。すべては心のも ちようひとつ。そこを間違うと 幸せを取り逃がしてしまう。危 ないところだった。きのうと...
鐘の音の 遠くにありて 春曙(しゅんしょ)かな... 明け方に、遠い鐘の音。何処かわからない のだが寺院の鐘の音。寝ていれば聞こえな いが、うつらうつらしていたり、目が覚め かかっているときは聞こえる。春の夜明け 遠い鐘、遠くを列車の行く音はなかなかい いもの。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください