城 の 井 戸 ま つ わ る 悲 話 や 今 日 冬 至

しろのいど まつわるひわや きょうとうじ

いちばん有名なのは、やはり番町皿屋敷。
他にも、石垣で有名な、香川の丸亀城でも、日本でいちばん深いといわれる井戸の工事に難儀したために、人柱を立てたという伝説があり、その人柱にされた人が豆腐屋を営んでいたので、しとしとと雨の降る夜には、豆腐を売る声が聞こえてくるというのです。
井戸というのは、落ちたり落としたり、飛び込んだりと、あまりいい話は聞きません。
現代に至っても、その系の話は後を絶たずといった感じです。
昔の井戸のように、丸くあるいは四角く大きな穴を掘ることはなくなり、モーターで汲みあげる現在では、代がかわり、持ち主が変わると、果たして井戸なんてあったのか、あったのなら何処に?ということになり、なかったこととして、または知らずに、リフォームしたり建て替えたりすることがよくあると、うちの年寄りの話です。
知らないまま、井戸の上にトイレを造ったとか、それが故に、よくないことが続いたとか。
こじつければ、何でもあるわけです。
そんなめんどくさいものは、作らない方がいいと思ってしまいます。
今年の冬至は今日だそうです。
かぼちゃでも食べて、元気とまではいかずとも、何事もなく過ごしたいものです。

この句も読まれています。

蚊遣香 雨の雫の 来ぬ先へ 縁側まで雨が烈しい。 雨のかからぬぎりぎりのところに、蚊取線香を置く。 金鳥がいい。
冷 素 麺 茗 荷(みょうが) も 葱 も あ り っ た け... こんなに涼しくなってから、そうめんの句などおかしいけれど、わたしには、そんな変な嗜好がある、ときどき。 真冬にそうめん食べたくなったり、真夏に鍋したり。 冷奴は一年中。 薬味が大好きで、葱、紫蘇、生姜、茗荷。 つけ汁にとっぷり入れて、薬味まみれで食べるのがいい。...
穀雨あり 幹の芯まで しみわたり 快晴の日が長く続くと、そろそろ雨が欲しかろうと、気になるものです。 一夜の雨でも、しっかり降ると、木々は特に街路樹などは、 ほっと一息ついただろうと、見ていてもみずみずしくうるおって、 元気になったように思います。...
テ ー ラ ー の 古 看 板 に 金 木 犀 最近とんと見かけなくなった、洋服をあつらえる店。 デパートのオートクチュールなどではなく、以前は街中に看板を掲げた洋服店がいくつもあった。 紳士服の専門店も。 オーダメイドだから、値段も張るし、量販店に押されてしまったのだろうか。 腕のいい職人さんは何処へ行ってしまったのか。 看板はかけたままだけれ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください