城 の 井 戸 ま つ わ る 悲 話 や 今 日 冬 至

しろのいど まつわるひわや きょうとうじ

いちばん有名なのは、やはり番町皿屋敷。
他にも、石垣で有名な、香川の丸亀城でも、日本でいちばん深いといわれる井戸の工事に難儀したために、人柱を立てたという伝説があり、その人柱にされた人が豆腐屋を営んでいたので、しとしとと雨の降る夜には、豆腐を売る声が聞こえてくるというのです。
井戸というのは、落ちたり落としたり、飛び込んだりと、あまりいい話は聞きません。
現代に至っても、その系の話は後を絶たずといった感じです。
昔の井戸のように、丸くあるいは四角く大きな穴を掘ることはなくなり、モーターで汲みあげる現在では、代がかわり、持ち主が変わると、果たして井戸なんてあったのか、あったのなら何処に?ということになり、なかったこととして、または知らずに、リフォームしたり建て替えたりすることがよくあると、うちの年寄りの話です。
知らないまま、井戸の上にトイレを造ったとか、それが故に、よくないことが続いたとか。
こじつければ、何でもあるわけです。
そんなめんどくさいものは、作らない方がいいと思ってしまいます。
今年の冬至は今日だそうです。
かぼちゃでも食べて、元気とまではいかずとも、何事もなく過ごしたいものです。

この句も読まれています。

汗 か い て ぐ ら り と 返 る 氷 か な... うちでは飲みません。 水割りは。 水割りに氷を入れると、落ち着かないから入れません。 グラスに水滴がつくのも気に入らないし、時間が経って濃度が変わるのはもっとイヤです。 だんだん水っぽくなるからです。 ただ、氷が、あるところまで溶けると、ぐらりと揺らぎ、天と地がひっくりかえるのは面白くもあります。 ...
花 見 客 心 霊 ス ポ ッ ト 溢 れ た り... はなみきゃく しんれいすぽっと あふれたり おどろおどろしい伝説もあり、心霊スポット。 通用するのは、地元とその周辺だけ。 外国人はもとより、よそ者はあずかり知らぬこと。 よって花見の客でごった返しとなりました。...
肩 で 息 幼 な ハ モ ニ カ あ ま り り す... かたでいき おさなはもにか あまりりす ラリ ラリ ラリラ 調べは アマリリス 小学校の低学年。 初めてハーモニカで演奏した思い出があります。 深呼吸して、音を出すと同時に、くびをこくこく振って吹く様子は、練習の、まさに成果といった趣きで、りっぱなものです。...
階 段 に 物 置 く癖 や 汗 し と ど PA100491 / prelude2000 何度言ってもわからない。 歳のせいではない。 むかしから、何処にでも何でも置いて、平気。 これを性分というのか。 貴方がいちばん危ないでしょうが。 性格が合う合わないは、つまり性分が合うか合わないかってことか。 理屈じゃないから、厄介か。 人と人とは難...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください