城 の 井 戸 ま つ わ る 悲 話 や 今 日 冬 至

しろのいど まつわるひわや きょうとうじ

いちばん有名なのは、やはり番町皿屋敷。
他にも、石垣で有名な、香川の丸亀城でも、日本でいちばん深いといわれる井戸の工事に難儀したために、人柱を立てたという伝説があり、その人柱にされた人が豆腐屋を営んでいたので、しとしとと雨の降る夜には、豆腐を売る声が聞こえてくるというのです。
井戸というのは、落ちたり落としたり、飛び込んだりと、あまりいい話は聞きません。
現代に至っても、その系の話は後を絶たずといった感じです。
昔の井戸のように、丸くあるいは四角く大きな穴を掘ることはなくなり、モーターで汲みあげる現在では、代がかわり、持ち主が変わると、果たして井戸なんてあったのか、あったのなら何処に?ということになり、なかったこととして、または知らずに、リフォームしたり建て替えたりすることがよくあると、うちの年寄りの話です。
知らないまま、井戸の上にトイレを造ったとか、それが故に、よくないことが続いたとか。
こじつければ、何でもあるわけです。
そんなめんどくさいものは、作らない方がいいと思ってしまいます。
今年の冬至は今日だそうです。
かぼちゃでも食べて、元気とまではいかずとも、何事もなく過ごしたいものです。

この句も読まれています。

雪 だ る ま 生 き 辛 き 世 よ 子 ど も ら よ... 新学期が始まった。 日本のあちこちで、子どもの自殺が続いている。 死ぬほど辛いのだろう。 まだ子ども。 いじめは加減を知らない。 徒党を組む。 学校はあてにならない。 相談したがために、なお一層酷いことになった話もよく聞く。 相談を取り合わない教師もいる。 信じがたいことに、いっしょになって、いじめ...
玄 関 に 選 挙 依 頼 の 淡 竹 あ り げんかんに せんきょいらいの はちくあり 新聞紙にくるんで、はちくの束が置いてあります。 あの人でしょう。 この時期ですから。 筍の季節が終わり、今はこれかと改めて気づきました。...
「 残 穢 」 ざんえ 小野不由美 新潮社 ( 1 )... あるホラー作家が、現実に遭遇した不可思議な現象の、大きな繋がりを語ったもの。 主人公は、久保さん。 仕事は作家。 ライトノベル。 ホラー系は得意分野で、本のあとがきに、何か不思議な経験をしたら教えてほしいと書くようにしていて、たまに読者から、その方面のメッセージを受け取ることもあるという。 20...
朝夕に 陽に映え冬の 木立かな  冬木立、すっかり葉を落としてしまった、冬の木々はっすっきりしていて、 向こうから朝日が昇ってくると、さんさんと太陽の光を受け、またそれが 木を通して、透けていくのです。 夕方には沈みかけた朱色の夕日が木のはざ間から透けていくのです。 冬の立ち木は、立派なオブジェなのでしょう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください