城 の 井 戸 ま つ わ る 悲 話 や 今 日 冬 至

しろのいど まつわるひわや きょうとうじ

いちばん有名なのは、やはり番町皿屋敷。
他にも、石垣で有名な、香川の丸亀城でも、日本でいちばん深いといわれる井戸の工事に難儀したために、人柱を立てたという伝説があり、その人柱にされた人が豆腐屋を営んでいたので、しとしとと雨の降る夜には、豆腐を売る声が聞こえてくるというのです。
井戸というのは、落ちたり落としたり、飛び込んだりと、あまりいい話は聞きません。
現代に至っても、その系の話は後を絶たずといった感じです。
昔の井戸のように、丸くあるいは四角く大きな穴を掘ることはなくなり、モーターで汲みあげる現在では、代がかわり、持ち主が変わると、果たして井戸なんてあったのか、あったのなら何処に?ということになり、なかったこととして、または知らずに、リフォームしたり建て替えたりすることがよくあると、うちの年寄りの話です。
知らないまま、井戸の上にトイレを造ったとか、それが故に、よくないことが続いたとか。
こじつければ、何でもあるわけです。
そんなめんどくさいものは、作らない方がいいと思ってしまいます。
今年の冬至は今日だそうです。
かぼちゃでも食べて、元気とまではいかずとも、何事もなく過ごしたいものです。

この句も読まれています。

彼 岸 来 し 卓 袱 台 (ちゃぶだい) の 脚 畳 む 音... 脚をぎこぎこぱたぱたたたむ丸い木製の、昔ながらのちゃぶ台風の小さなテーブルを愛用している。 食卓より落ち着く。 ご飯もここ。 最近始めた、小物製作もここ。 何もしなくても、出してるだけでもいい。 此処から、小さな、庭というのもおこがましい外もよく見える。 小さかった木々が、長い時間を経て、それぞれ大...
「トトロの住む家 」 宮崎駿 作 岩波書店 2011 発行... アニメ『となりのトトロ』に登場する、塚森の主、トトロ。 そのトトロが喜んで住みそうな「懐かしい家」 全編が写真とデッサンで構成されて、それぞれに説明がついています。 初めてこの本に会ったのは、図書館です。 あまりにステキな本なので、また見ようと思ったのですが、なんせタイトルを忘れているため、...
今生の 別れと知るか 秋の日に 人生には、何気なく遠ざかってしまった別れもたくさんあるものですが、もはや生きて逢うことはあるまいと、わかって いて、それでもそんなことはおくびにも出さず、笑って手を振る別れがあるものだと知りました。心臓の奥に涙がポタポ タ落ちて、溜まるのが感じられるのです。泣いて笑うのです。...
切 支 丹 処 刑 地 い ち め ん う ま ご や し... きりしたん しょけいちいちめん うまごやし 遠藤周作 「沈黙」 映画化され、好評を博したと聞き、観たのですが、難しかった。 激しい拷問のシーンが長くあり、それにも心を痛めた人は多かったと思います。 遠いむかしのこととはいえ、事実なのですから。 長い時間が過ぎ、熱湯をかけた拷問の地、雲仙地獄は、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください