垣根から 顔を覗かせ 水引草

赤い小さな花がまるで水引のような水引草。控えめながらしぶとい。ほとんど土がないと思われる石垣やコンクリートの隙間から、今頃の季節になると、顔を覗かせる。秋もそろそろたけなわか。昨日は一日、古い着物をほどいて、ドライで洗って、干して、アイロンかけた。失業中でなけりゃできないことを、見つけてしている。今日はカーテンを洗おう。天気がいい。

この句も読まれています。

窓を開け 宵寒に 冷え冷えて 燈を灯す... 春まだ、朝夕は寒い、こんなとき、家中の窓を開け放すのです。 冷たい空気がすーっと入ってきて、きのうの空気のよどみがすっきりなくなります。 わたしは、カーテンをくるっと止めるのが好きです。 開けたーって気がします。 あたしの部屋は、狭いのに、窓4つ、ドア2つ 家具の置き場がなくて、困ります。...
紫の 袴のような ズボン縫う ワイドパンツを縫っている。深い紫。いいものではありません。着分売りのバーゲンのコーナー で見つけました。なんと表から貼り付けるんじゃないポケットがついているのです。習ったのに 自分で作るとぐちゃぐちゃになります。でも目の肥えてない人がさらっと見るぶんにはわからな いです。はかまのようなワイドパンツで...
そ ぞ ろ 寒  河 童 気 骨 の 褌 ぞ そぞろさむ かっぱきこつの ふんどしぞ もともとおかしいのはわかっています。 河童は水陸両用の生き物ですから、洋服など着ません。 ですから、ふんどしも必要ないと考えられます。 ただ、柳川の川下りの行きがけの、最初に左折するあたりに、河童の石像が苔むしてあります。 たしかそれが、ふんどしを身...
百足除け 薬嫌いて 家に 集まり 百足が入ってこないように、薬撒いたのに、かえって増えてしまった。 悲惨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください