垣根から 顔を覗かせ 水引草

赤い小さな花がまるで水引のような水引草。控えめながらしぶとい。ほとんど土がないと思われる石垣やコンクリートの隙間から、今頃の季節になると、顔を覗かせる。秋もそろそろたけなわか。昨日は一日、古い着物をほどいて、ドライで洗って、干して、アイロンかけた。失業中でなけりゃできないことを、見つけてしている。今日はカーテンを洗おう。天気がいい。

この句も読まれています。

「 第 10 回 角 川 全 国 俳 句 大 賞〈自 由 題 準 賞〉」受 賞... 角川 俳句 1月号 掲載決定。 「賞金と賞状は、別便にて送ります」だって。 ウフッ
雨が降る ダムの門開く サイレンの音... 激しい雨がつづきます。 集中豪雨というのでしょう。 上流のダムがいっぱいになりそうになると、 放流を知らせるサイレンがなるのです。 昼でも暗い雨の中、村中に鳴りひびくのです。...
四 段 の エ ス カ レ ー タ ー 春 隣 家の中にある小さな段差や、中二階のようなものに憧れていた時代がある。 ロフトってのが流行ったときもそうだった。 ただ後になって使い勝手の悪いことがわかった。 階段は垂直のことが多いし、天井は低いし、寝るだけでもいやだと気がついた。 今度のはちがう。 地下街で見たエスカレーターは、あまりに短くて面白か...
ようやくに 水辺を染めて 花筏(はないかだ)... 桜は咲く前から、咲き始めてから、そしていつ散るか、もう散るかと落ち着かない日々を過ごす。春の雨に、風に、ようやく散って水に浮かぶ。なんかほっとする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください