地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し

じたまごは あまりにこつぶ あきふかし

ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。
玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。
これなら玉子かけご飯が食べられそうです。
ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日照も人工的に管理されており、自然より速い展開で、朝が来、夜が来ると聞きました。
早く多くの玉子をうませるためです。
動物好きの人が見たら、気分が悪くなるそうです。
今日は、元気なニワトリが見られて、幸せでした。

この句も読まれています。

烏 瓜( からすうり) 世 間 眺 め し 高 見 よ り... つる性の植物で、秋が深まるにつれて実は次第に赤く色づいてくる。以前はよく見たけれど、開発が進んで、用途のはっきりしない空き地が滅多に無くなった今では、街中で見かけることは、とんと無くなった。 手の届かない高見から、色づき始めた野山を存分に楽しんでいるように見える。 烏瓜なら、崖っぷちにぶら下がること...
梵 鐘 の 余 韻 何 処 ま で 秋 の 暮 空気が澄んでるように感じるのは、気温と湿度のせいだと思う。 PM2・5だって、変わりなく漂っているようだし。 ただ、つかれた鐘の音が、いつまでも響き渡って、動作を止めて聴き入ってしまう。 この辺りは、小さな氏神様が人知れず幾つもあって、梵鐘を抱えるほどの寺社も幾つか。 歴史はあるが、商売とはあまり縁...
秋寒し イノコズチあり 行き止まり 最近は、服にくっ付いて離れない植物見ることが少なくなったけど、子供の頃はセーターにくっついて、取ろうとすると毛糸までついてきて困ったものです。 秋は深くなり、細い道の先はもう行き止まり。...
大 寺 の 瓦 を 越 へ し 冬 紅 葉 おおでらの かわらをこえし ふゆもみじ 四国の巡礼のコースにある、名前忘れたのですが、由緒ある大寺の、反り返った大屋根の向こうに、ちょっとだけ見える真っ赤な紅葉。 こんな大木の冬紅葉は見たことがありませんでした。 もう紅葉の季節が終わりに近づいた頃、驚くような美しさのもみぢを、冬紅葉と言います...