土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝

つちにおう なかだるみして はるのうね

春が来ました。

ネコのひたいほどの棚田にも。

耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。

高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。

あぜの形に合わせてのことかもしれません。

ほのぼのとする棚田の春です。

この句も読まれています。

朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...
そ の と き は そ の と き な り と 山 笑 ふ... 横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー / akira yamada 心配ごとが絶えない。 ほとんどは、心配したって、しょうがない。 そして、わたしの想像した方向へは向かない。 だったら考えるのをやめよう。 新しく開店した店で買って来たコーヒーを淹れよう。 ひとりのティータイムとしよう。...
来 世 に は お 前 と 代 は る 吊 り 鮟 鱇... らいせには おまえとかわる つりあんこう まな板に載せたところで、ぬるぬるとどうにもはかがいかないから、考案されたと思われる吊るし切り。 手際よく捌かれる。 流石だなぁと感心する。 皮も肝も、どこもかしこも美味しい。...
竃 ( かまど ) 社 に 花 嫁 祝 す 樟 若 葉 ( くすわかば )... IMGP3387 / yuki5287 太宰府の裏、宝満山の登り口に、竈門神社という、天満宮に引けをとらない歴史ある、縁結びの神さまが祀られた神社がある。 樟の大樹が、空が見えないくらいに薄緑色の若葉をつけて、何本もそびえ立っており、その中にやしろがあり、これは小綺麗にしているが、新しく建てたもの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください