土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝

つちにおう なかだるみして はるのうね

春が来ました。

ネコのひたいほどの棚田にも。

耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。

高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。

あぜの形に合わせてのことかもしれません。

ほのぼのとする棚田の春です。

この句も読まれています。

狛犬に(こまいぬ)に もたれかかって 秋を見る... 神社の狛犬の載せてある石は、下からだんだん狭くなって、狭い階段のような作りである。寄りかかって、手を着くと石の冷たさが、まるで秋の冷たさのように感じる。空は青くて、高い。銀杏がそろそろ色づいて、さあ最高の季節の幕開けです。どこへ行くにも、結局一人なんだけど、ふっとしゃべりたい人もいる。...
パトサイレン 一度唸って(うなって) 山笑う... パトカーのサイレンが、一回だけなった。 経験者だからわかるが、あれは捕まった。 お気の毒です。
サ ル ビ ア の 青 春 の 色 苦 々 し サルビアという花は、オレンジがかった赤色で、花のひとつを取って付け根を吸うと、ちょっとだけ蜜がある。 ただ、花の時季が長い。 うんざりするほど、散らない。 好きな花ではない。 青春のなかったわたしには、「サルビアの花」は関係ない。...
曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください