土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝

つちにおう なかだるみして はるのうね

春が来ました。

ネコのひたいほどの棚田にも。

耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。

高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。

あぜの形に合わせてのことかもしれません。

ほのぼのとする棚田の春です。

この句も読まれています。

しょうしょうと 降る雨黒く 山桜 雨が多い。音もなく、まるで永遠に降り続くかのように山に雨が降り続く。空は暗く、春とは思えないような墨絵の世界 である。桜は地味で、でもきっぱりと咲く。山の桜。...
霧一枚 晴れても里は 霧の中 深い霧は、幾重にも降りた霧に包まれたよう。 一枚や二枚の霧が晴れたところで、真髄はまだしっぽりと里を包み込んで 微動だにしない。...
迎 え 火 を 焚 か ず ば き っ と 迷 い お る... むかえびを たかずばきっと まよいおる 横向いて喋りながら歩いて、電柱にぶつかったほどの慌て者のおっちょこちょいが、目じるしなしで、帰って来れるわけはない。 基本的なところで大間違いをし、違う舟に乗ったりしそうで、どうも心配だから、迎え火は盛大に焚かねばならない。 一番に走って帰って来れるように。...
い つ の 間 に 淘 汰 も あ り て 夏 の 庭... いつのまに とうたもありて なつのにわ 植物は、植えたものも雑草も強いものが残り、弱いものは消えて行きます。 植えた花も、雑草同士も同じです。 小さな庭でもせめぎ合いです。 玄関先の植え込みに、昔気質の職人さんが、ツツジを植えていたのが、ずーっと気に入らなくて、思い切ってばしゃばしゃと根元から切...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください