土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝

つちにおう なかだるみして はるのうね

春が来ました。

ネコのひたいほどの棚田にも。

耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。

高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。

あぜの形に合わせてのことかもしれません。

ほのぼのとする棚田の春です。

この句も読まれています。

石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ 紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。 季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。 丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。 晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。 iPhoneからの投稿...
沈 下 橋 つ つ つ と 下 り て 浅 き 春... 沈下橋とは、概ね河川敷と同じくらいの高さに作ってあり、ふつうの状態では橋として使えるものの、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことです。 低い位置に作るので、廉価で早くできるというメリットがありますが、増水時には橋として機能しなくなるという欠点を併せ持ちます。 橋の両岸で高低差があるときは、一方が通...
水草も がまの穂もみな 時雨おり 時雨の雨は冷たい。 雨が顔にくっついて離れなくて冷たい。 まんべんなく、まんべんなくここもそこも雨が降る。 沼の水草も、真ん中の中洲に生えたがまの穂にも、いつまでもいつまでも 降りつづける。...
春 の 雨 外 人 墓 地 は 山 に 溶 け 雨に煙る古い外人墓地は、もう風景に馴染みすぎて景色と一体化している感があります。 話は変わりますが、外国人墓地は、ひとりずつ埋葬しているのだと思うのですが。 日本は一族で同じ墓に入ります。 別々がいいのです。 霊園の敷地内に、小さな穴をたくさん掘って、そこに一人分ずつのお骨を納めればいいと思うのです...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です