図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る

インフルエンザ真っ盛り。
広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、
悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

米 つ い て 売 り ま す 師 走 道 の 駅... 朝倉の道の駅に、誘われて行った。新鮮な野菜、それに新米。いまここで、ついて売ると。高くない。誠意と自信の表れか。清々しい。...
初盆の 今宵帰るか 化粧花 今年は初盆。縁の薄かった母親。葬式にも行かなかった。死んだと聞いた時はほっとした。病名忘れた。だんだん体が動かなくなる病気。たしか特定疾患。最後は食べられなくなるのか、息ができなくなるのか、聞くことも確かめることもしなかった。...
犬 ふ ぐ り 今 日 の 心 の 突 っ か い 棒... いぬふぐり きょうのこころの つっかいぼう 先週までの寒さがウソのように日差しがまぶしいくらいです。 梅がほころんだり、犬ふぐりが水色の小さな花をつけていたり、畦の隅の水たまりの辺りにセリを見つけたり、ふだんは誰もいない公園の遊具に、父親か爺ちゃんかが幼い子どもを遊ばせているのを見かけたりすると...
市内電車 old style tram / tsuda もうずいぶん前のこと。 福岡市内には市内電車が走っていました。 どんたくには花電車として、一世を風靡した時代もありました。 電停は、道路の真ん中に細長くあって、当時それほどクルマが多くなかったせいか、立っていて恐怖感はありませんでした。 むしろわたしは電...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.