図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る

インフルエンザ真っ盛り。
広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、
悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

降り止まぬ 鉄仙(てっせん)の雨 紫の雨... 鉄仙という花がある。ちょうど今頃咲く。白や紫、それも薄かったり濃かったり、もともとは中国からきた花であろうか。大輪なのに、どこかひっそりとしていて、そのたたずまいには気品がある。梅雨の雨は、万緑に降りそそぐが、鉄仙には雨が似合う気がする。しょぼしょぼと降りしきる雨も、叩きつける雨も好きである。これで...
いのこずち 投げて届けよ 我が想い... いのこずちは、触ったり投げたりすると、衣服にぴたっと付いて、離れません。 セーターなど毛糸ならなおさらです。 自分の想う人にあんなふうにぴたっと、伝えられたらどんなに楽だろうか。...
薄 紅 の 花 の 雫 は 顔 で 受 く あっという間に満開です。 宵の口散歩しながらの花見に、ぱらと雨が落ちてきて、下から花を見上げていた人の顔に桜の雫が降っています。...
ゆでたまご 剥き(むき)剥き(むき) 春の 午後をゆく... near Hongō, , Japan / nakanishiakihito 何にもする気にならない春の午後。長い雨が過ぎたら途端に汗の滲む暑さ。ゆでたまごを上手にむき、塩をふって食べながら、古い映画を見ている。佐藤浩市のパパが出ている。この人の飢餓海峡はよかった。左幸子も名演技。どうしようもない時...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください