嘘 つ か ば ひ と つ ひ と つ に 亀 の 鳴 く

うそつかば ひとつひとつに かめのなく

面倒だから、そこまで話すこともないからなどなどの理由で、小さな、どうでもいいウソをつくことがあります。
取るに足らないことながら、「あ、ウソついた」
と思います。
ひとつの嘘は、たとえそれが小さくとも、次のウソをつかざるを得ないこともあり、またムダな記憶力を要します。
むかしは上手だったものの、最近は、誰に何についてのどんなウソを言ったか
覚えておくのは困難になりつつあります。

この句も読まれています。

秋 暑 し 神 の 手 求 め 診 察 券 Palms read (運命鑑定) / onigiri-kun ひと月に二回だけ、東京から 神の手を持つといわれる医者 が来ると評判の病院。裏から 手を回そうにも、ツテのない 人々が、すがる思いで、予約 に長い列を作る。神の手がど れほどのものか。確かにそう であっても、あとのフォロー はないに等...
沙 羅 の 花 現 世 常 世 見 渡 せ り しゃらのはな うつしよとこよ みわたせり 沙羅双樹の花。 ほんとうは夏椿というらしい。 白いひとえの花は、清楚でしかも沙羅双樹の花と思えば、落花を踏むこともためらわれます。 トコヨとは、ウツシヨつまり今の世の対語のようです。 沙羅の花は、浄土にも咲くと言われます。 どちらの世界がたいへんか、聞い...
大 池 に 梅 雨 た た く を あ き も せ ず... 車埕_杉木池 / 洗水池 / (Lily) 大きな池や川に雨が降るのを見るのは、やすらぎます。 桜の下にボートなどが浮かんだ湖面より、心を打ちます。 雨に限らず、水の流れる音はいいと思います。...
蝉 時 雨 と き お り 息 の あ が り 出 し... 残暑 / kayakaya 盆も過ぎた。朝夕は、そこ此処に 秋の気配もちらほらと感じるよう になりだした。蝉は変わらずうる さく鳴くが、こころなしか休憩を 挟み出した気がする。勢いもいま ひとつ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください