嘘 つ か ば ひ と つ ひ と つ に 亀 の 鳴 く

うそつかば ひとつひとつに かめのなく

面倒だから、そこまで話すこともないからなどなどの理由で、小さな、どうでもいいウソをつくことがあります。
取るに足らないことながら、「あ、ウソついた」
と思います。
ひとつの嘘は、たとえそれが小さくとも、次のウソをつかざるを得ないこともあり、またムダな記憶力を要します。
むかしは上手だったものの、最近は、誰に何についてのどんなウソを言ったか
覚えておくのは困難になりつつあります。

この句も読まれています。

寺瓦 反り返る先まで 春の雨... お寺の屋根は、なんであんなに反り返っているのでしょうか。 単に見栄えがいいから? それとも、何か理由があるのでしょうか。 春の雨は、時間をかけて、丁寧にていねいに、あらゆるものを濡らしていきます。 万物が、深呼吸します。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
世の中は クリスマスだと 走りだし 気のはやいこと。あのイルミネーションや音楽に心おどるひと、沈む人、あれ見ると、余計心が寒くなる。やめてほしい。 iPhoneからの投稿...
熊 穴 に 人 は 炬 燵 に 新 聞 み か ん... くまあなに ひとはこたつに しんぶん みかん 熊穴に入るとは、冬の季語です。 秋、たくさんの食べ物を食べ貯めた熊は、雪が降り積もる頃になると、岩穴や、樹の洞などで、体に蓄えた脂肪などを消費しながら、冬ごもりをすると言われています。 冬眠ではないのです。 体温は変わらず、体の機能は、かなり維持...
雨 降 り て 袖 濡 ら し た り 乱 れ 萩... あめふりて そでぬらしたり みだれはぎ あれほどにたおやかで咲き誇るわけでもない、静かな美しさを漂わせた萩も、 暴風雨の後は見る影もなく、細い小径に覆いかぶさって、カニ歩きで通ったけれど、服は濡れてしまいました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.