営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに 

毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、
よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと
うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。

この句も読まれています。

河 童 (かっぱ) 忌 や 口 先 だ け の お 詫 び す る... 河童 - "kappa" is water spirite / briska8 芥川龍之介の命日が近いらしい。 当時、社会風刺が前衛的と言われたという「河童」 若松出身の火野葦平も河童が好きだった。 黄桜という酒のコマーシャルのおかあさん河童は素敵だった。 このごろはイメージチェンジして色気をなく...
空を舞う 仕方がないと 虎落笛 冬の暗い低い空を、ヒューヒューと虎落笛が泣く。がんばってもがんばっても仕方がない仕方がないと泣く。
黒 ダ イ ヤ あ ゝ ぼ た 山 の 曼 珠 沙 華... くろだいや ああぼたやまの まんじゅしゃげ 黒ダイヤというのは、筑豊産のようかんの名前です。 今はもう製造されていません。 つやつやとして真っ黒で、どうかなりそうなほど甘かった。 当時、飯塚、直方、田川地方で行われた結婚式の引き出物として配られ、わたしの口にも入ることにもなりました。 もうあの頃は...
秋彼岸 蒼い芒(すすき)が 頭出し 芒の季節、若いすすきが出てきた。瑞々しい。まだまだ暑いけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください