営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに 

毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、
よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと
うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。

この句も読まれています。

雛の日に 禍(わざわい)なければ 良しとする... 雛祭り、親は、幸多かれと祈りを込めるのだろう。 わたしの経験では、幸せを願うなど、畏れ多い。 わざわいがなければ、それでじゅうぶん。 あんまり大きなこと、祈願しても…。 できれば健康で、日々粛々と送れれば、それはもう、大きな幸せ、大きな喜び。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
目 分 量 沢 庵 漬 け の 逞 し さ めぶんりょう たくわんづけの たくましさ 沢庵を漬けるには、大根の重さに応じて、塩や砂糖、糠などを入れます。 大根の重さに応じてというところが、難しいところです。 料理の秤では計れない重さですから。 そこは年の功です。 年季です。 手掴みで、ほいほいと入れていきます。 姉さん被りに、自信があふれま...
花冷えて 自慢話の 裏の顔 人は複雑。 本当に困っている時には、困った顔はできないものです。 ちょっと困ったときは、それは裏返せば、自慢ということもあります。 成功と挫折は、うらおもて。 苦難の日々が続くときには、言わなくてもいいことを言ってしまうことも あると思うのです。 いつものアンテナが狂ってしまうことがあるからです。 ...
七福の 高架下より 覗き(のぞき)おり... 初仕事の行き道、恵比寿と布袋が覗いとった。 事務所は新幹線の高架のすぐ横。その橋脚から ちょっと顔が見えた。 たぶん行き詰まったわたしを励ましに来たと思う。 きっと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です