営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに 

毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、
よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと
うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。

この句も読まれています。

採 血 の 針 の 太 さ や 寒 土 用 立春の前の、一年で一番寒いと言われる時期。 エアコンが作動しているとはいえ、寒い。 血管も凍えて萎縮しているような気がする。 そのため針は気のせいか太い。 どうか一発で決めてください。 刺してから、血管探すのはやめてください。 速やかに終わらせてください。 へたくそ。...
寒 紅 に 性 根 す べ て 塗 り 込 め て... かんべにに しょうこんすべて ぬりこめて 寒いときに作った紅は、色が鮮明で美しいとされます。 特に寒中の丑の日に買い求めたものは、丑紅と呼ばれ、貴重だったとか。 俳句では、寒中に女性が用いる紅のことをも指します。 塗れば、おのれを隠せるような気がするのも本当です。...
刈 田 行 く藁 焼 く 匂 い 何 処 (いずこ) よ り... 子どもの頃から、わらを焼く匂いが大好きだった。 秋の紅葉のころ、電車の窓からなんともしれないやさしい、そう秋の匂いが入ってくる。 遠くの方で、白い煙が上がっていて、そこらじゅうに立ち込めて、そのせいで景色は秋の只中に変わる気がしたものです。 稲刈りは、とうに済んでいて、あちこちに藁こ積みのようなもの...
阿 蘇 噴 火 今 年 藁 焼 く 片 隅 に 阿蘇の中岳が噴火しました。 いつものこととは言え、少し大きな噴火だったようです。 少し前に熊本で地震があり、その際犠牲を伴って、橋が落ちたものですから、辿り着くのに、以前の何倍も時間がかかり、南阿蘇の旅館やホテルも総じてお客が減っているとのことです。 ただ、この落ち着かない状況の中でも、生活はあり、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください