営々と 命の芽吹き 続けども よき春の年 数えるほどに 

毎年春は巡ってくる。 変わらず季節はおとづれるけど、
よき春と思える年は少ない。いつもいつもあれやこれやと
うんざりするほど抱えて、花見どころではない年もある。

この句も読まれています。

なにをどう したくてこの ひもじさか... この焦り、落ち着かなさ、どこから来るものなのか、いったい私はどこをどうしたいのか。あきらめたつもりのいろいろのこと、本当はあきらめきれてないのだろうか。何かがちがう今なのか。秋だから、人恋しいのか。...
あやめ葺く(ふく) 蕾むらさき 巻き上げて... あやめがだいすきなのですが、最近はあまり見ることがありません。 仲間の菖蒲やアイリスは、どこにでもある感じですが、 あの濃い青紫の、きりっと巻かれたつぼみ、ようやく開いた、 気高い花は、ほかに見当たらないほど荘厳です。...
炬 燵 舟 船 頭 唄 ふ お 立 ち 酒 こたつぶね せんどううたう おたちざけ 柳川の掘割をゆく川下りの舟に、コタツが入ったそうです。 コタツ舟と言います。 船頭さんは、年配で、ベテラン、当地の歴史にも強く民謡も上手です。 「お立ち酒」 宮城県民謡。 嫁に出す娘を思う親の心情を唄ったものです。 「 お前、お立ちか。身を大切に...
沈 下 橋 渡 り 若 水 汲 み に 行 く ちんかばし わたりわかみず くみにゆく 遠賀川の上流に、沈下橋が残されています。 もうその数は減り、新しく作ることもないため、貴重なものとなっています。 支流の彦山川の源流で、若水を汲み、竹の筒に入れてくれるそうです。 沈下橋とは、洪水のときその橋が川の流れを妨げ、濁流がさらに被害を大きくす...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください