喜 雨 で あ れ 列 島 縦 断 緑 な れ

きうであれ れっとうじゅうだん みどりなれ

迎え梅雨というにもまだ早いのですが、今日明日は九州から東北まで強い雨が西から東へ走るという予報です。

しばらく雨のなかった大地は、からからに乾いており、これで息を吹き返すと思われます。

山も平地も、緑はいちだんとみずみずしく、直ぐそこに迫った田植えも順調にいくかと、お米好きのわたしはほっとしております。

この句も読まれています。

菜花漬け 苦味肴(さかな)に くせになり... 菜の花のまだ咲かないつぼみのうちに 塩漬けにしただけのもの。苦味が残っ て、漬物というより、わたしに言わせ れば、サラダ、つまみ。春の実感。...
私物なき 老人ホームも 外は春 老人ホームに行って、驚きました。なにか変。それぞれが個室、なのにみんな同じ。病院のベッド、ポータブルトイレ、 押入れには、同じ透明の衣装ケース。人はそれぞれいつもそばに置いて、長い年月使ってきた箪笥や道具ととも にあるはず。なのにどの部屋も白い天井、白いカーテン。入ったときはドキッとしました。思い出...
薔薇を挿す 芽の出てうれし 二月雨... 挿し木をした。アイビーや薔薇、つる薔薇や一輪もの、紫陽花いまのところはなんとかいう、挿し木用の土にいっぱい挿しているだけ。生きているか、ちゃんとついたか水を遣りながら、楽しみである。二月の雨が地面を潤し、いろんなものが確実に成長している。今頃の雨はうれしい。三月になると、うわっと春が来て、日差しも強...
戻り梅雨 漬けたる梅の 色着かず 梅雨に入って、初めて梅干しを漬けた。紫蘇の赤色が着きそで、着かぬ。毎日瓶ごと振り混ぜているけど、これはまちがいかもしれない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください