喜 雨 で あ れ 列 島 縦 断 緑 な れ

きうであれ れっとうじゅうだん みどりなれ

迎え梅雨というにもまだ早いのですが、今日明日は九州から東北まで強い雨が西から東へ走るという予報です。

しばらく雨のなかった大地は、からからに乾いており、これで息を吹き返すと思われます。

山も平地も、緑はいちだんとみずみずしく、直ぐそこに迫った田植えも順調にいくかと、お米好きのわたしはほっとしております。

この句も読まれています。

暮れそうで いてまだ暮れぬ 春の雨... s四月、だんだん日が長くなって、夕方が楽しめる季節。長い夕暮れ、散歩するも、待ち合わせするもちょっとうきうき したり。つかの間の幸せ。春の宵のにおいが満ちている。...
秋暑し 強者(つわもの)共の 献血車 この暑い中、血を抜くなどとんでもない。 それでなくとも熱中症に脱水、 死んでしまう。 福祉プラザ前の献血車には、ツワモノが数人。 あとの人は、見えないふり。...
万 緑 や 縦 走 リ ュ ッ ク 包 み 込 み... ばんりょくや じゅうそうりゅっく つつみこみ 山ひとつ登るのでもひと苦労、一日がかりなのに、鍛えた人はちがう。 三つの山をいちどきに征服するという。 それもそのむかし修験者の修行の場だったという、岩肌に鉄のクサビの打ち込まれた山を。 樹々は猛々しく生い茂り、登山者の姿はすぐに吸い込まれていきま...
日 脚 伸 ぶ 耳 の 掃 除 の 手 先 ま で... わたしは耳掃除が趣味です。老若男女を問はず。 ただし気持ちのいいものではありません。 陽の当たる方にぐいと向け、耳掻きとピンセットで 行います。耳掻きでちょっと起こして、耳垢の端を ピンセットでつまみ、それはそれは上手に、 ちょっとでもたくさんの耳垢を引き上げるのです。 痛いなどと言ってもだめです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください