咲 き 継 ぐ は 役 目 と 心 得 山 茶 花 よ

さきつぐは やくめとこころえ さざんかよ

山茶花は、椿に似て、椿よりはるかに軽くあしらわれる花です。
花数が多くて賑やかに見えて、実は寂しい花だと思うのです。
咲いたと思ったら、すぐに散る。
散り始めてから、初めて咲いていたことに気がつくほどです。
散り敷いた花びらも含めて、山茶花と言われているふうもあります。
咲いては散りを繰り返すことを、義務づけられたような忙しさです。
頑張っても、椿の風格にはとてもかないません。
世間の評価も、昔からそうです。

この句も読まれています。

保留音 長く続いて 秋暑し 電話で、長く待たされるのも暑い。 ましてや保留音の大きすぎるのも耳障り。 繰り返し繰り返しおんなじ旋律を聞くのも暑い。...
映 画 館 出 て 夕 焼 の た だ な か に... Shibuya Toei / Dick Thomas Johnson 今は少なくなった、盛り場の映画館。 暗闇から外に出て、大夕焼けに遭遇す。 まるで自分が真ん中にいるようで、見とれることしばし。 夜は違う顔を持つこの街も、路地に沿った細い川も、シャッターを開けたばかりの怪しい店も、街灯も。 みん...
黄落に ひなた探して 落ち葉踏み 樹々の長い影、一面のもみじ、ポケットに手をいれて、出したばかりのナフタリンクサイマフラー巻いて、日なたを選びながら歩く。 人生の状況は良くないけど、思わず秋の空を仰ぐ。 iPhoneからの投稿...
不 如 帰 夏 を 定 め し 初 音 か な ほととぎす なつをさだめし はつねかな むかしから、夏を告げる鳥と言われるほととぎす。 キョッキョッキョキョと聞こえます。 世間では、「東京特許許可局」とか「テッペンカケタカ」などと聞こえると言われます。 昼だけでなく夜も鳴きます。 山を登れば、警戒しているのか、かなり長い距離、何処にいるのかわか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください