咲 き 継 ぐ は 役 目 と 心 得 山 茶 花 よ

さきつぐは やくめとこころえ さざんかよ

山茶花は、椿に似て、椿よりはるかに軽くあしらわれる花です。
花数が多くて賑やかに見えて、実は寂しい花だと思うのです。
咲いたと思ったら、すぐに散る。
散り始めてから、初めて咲いていたことに気がつくほどです。
散り敷いた花びらも含めて、山茶花と言われているふうもあります。
咲いては散りを繰り返すことを、義務づけられたような忙しさです。
頑張っても、椿の風格にはとてもかないません。
世間の評価も、昔からそうです。

この句も読まれています。

アスファルト 銀杏落葉の 走る走る... 博多駅の裏、オフィス街に立派な銀杏並木があります。今の季節は黄色の葉っぱがまるで桜がちるように、はらはらと散るのです。地面なら素敵な黄色い絨毯ができるのでしょうが、なんせアスファルト。落ち葉は落ち着くことができないのです。ことに今日のような風の強い日にはビル風に煽られて、あっちに走り、こっちに走りす...
行 く 秋 を 引 き 留 め ん と 放 生 会... ゆくあきを ひきとどめんと ほうじょうや 秋は確実に来ているのに、昼間は汗をかく暑さです。 連日雨にたたられた放生会も、最終日は晴れて、景気の悪さも少しは取り戻した感です。 屋台は、むかしとは大きく変わって、相変わらずなのは、綿菓子くらいでしょうか。 子どもらが震えた、見世物小屋も当然なく、...
ほ〜ほけきょ 続けて三度 大人鳴き... うぐいすが、少し前までは、鳴く練習をしていた。 聞くともなく聞いていたが、今朝ホ~ホケキョと、立派に三回も鳴いた。 同じ鶯のような気がする。 よくやった。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
荒 梅 雨 の 過 ぎ て 素 知 ら ぬ 振 り の 空... あらづゆの すぎてそしらぬ ふりのそら 昨日までの激しい雨、カミナリ、ところによってはタツマキも。 今朝は、もう済んだことといった風情の空模様です。 梅雨明けはそろそろなのでしょうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください