咲 き 継 ぐ は 役 目 と 心 得 山 茶 花 よ

さきつぐは やくめとこころえ さざんかよ

山茶花は、椿に似て、椿よりはるかに軽くあしらわれる花です。
花数が多くて賑やかに見えて、実は寂しい花だと思うのです。
咲いたと思ったら、すぐに散る。
散り始めてから、初めて咲いていたことに気がつくほどです。
散り敷いた花びらも含めて、山茶花と言われているふうもあります。
咲いては散りを繰り返すことを、義務づけられたような忙しさです。
頑張っても、椿の風格にはとてもかないません。
世間の評価も、昔からそうです。

この句も読まれています。

大 花 火 余 韻 の 闇 に 目 を 凝 ら し (こらし)... Fireworks / Takashi(aes256) 金色に近い、ただ一色の花火が好きです。 ばちばちと音をあげる、細かい工夫のものより。 いくつもいくつも重ねて上げるのも、華々しいけれど、ドンと上がって、見惚れているうちに、雫が落ちるように、静かに終わる。 しばらくは闇。 花火師さんには、次の...
鳳 仙 花 列 車 の 通 過 に 箍 (たが) 外 し (はずし)... 2009-03-04 001 003 / 石川 Shihchuan 鳳仙花の種は、緊張感に溢れている。 パンパンに張って、小さな刺激で爆発 する。爆発はするが、まあそこら辺ま で。そこら辺まででも、弾けるのは難 しい。毎日がおんなじ。変化など望み もしないけれど、もう少し、何かあっ ってもいいかな...
牛車引く 秋の大祭 道真忌 菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。 榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。 九月半ばのこと。...
のうぜんの 花華やかに 首ぽたり のうぜんかずら…つる性のオレンジの花の咲く植物で、夏に咲きます。 とても美しいのですが、散り方があまりに愛想がないのです。 首からぽたりとおちます。 下には大量のオレンジの首が落ちてたまるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください