吊 り 橋 の 真 ん 中 怖 し 山 の 藤

つりばしの まんなかこわし やまのふじ

気軽に渡り始めた山の吊り橋。

だんだん進むにつれて、揺れは激しくなり、こんなに長かったかと驚き、少し後悔したりしました。

戻るのはいくらなんでもみっともないし。

山藤は蔓性で、龍のような古木もあります。

ほかの木に巻きついて、その木を枯らしてしまうこともあると聞きます。

のびのびと思う存分行きたい方に伸び、自由闊達で、藤棚の長く垂れ下がった藤とは別物です。

この句も読まれています。

凌 霄 (のうぜん) や 盛 り の 朝 に 人 の 逝 く... ノウゼンカズラ / zamojojo ノウゼンカズラの勢いには気圧される。 夏の盛りに、勢いよく立ち昇り、昇り きって空を掴むと、なだれ落ちる。 今日も暑くなるだろう。 こんな朝に、あの人は逝った。こんな 朝に。...
真 贋 ( しんがん ) の 怪 し さ 忘 れ 春 の 雪... 茶碗。 本阿弥光悦作の名品だって。 ニセモノだろう。 そうに決まっている。 まったくうちの婆さんほどの見栄っ張りは見たことがない。 わかっていて嘘をつく。 見栄っ張り。 この劣悪な遺伝子は確実に受け継がれている。 しょうもない家なのに、遠い遠いはるか遠くの血すじの人間の自慢話をする。 何処の家にも、...
盆の日に 弔う人なく わびしくもなく... 墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。 所詮一人。 人などあてにはならぬ。
母の日に 花も贈れず 重すぎて わたしには五歳のとき別れた母がいる。いま遠い地で病気療養中である。多系統萎縮症。神経の病気で、だんだん動けなくなり、しゃべれなくなっている。去年の母の日には花を贈った。電話で少しだけ話すことができた。あれから一年。音沙汰なし。恐ろしくて連絡できないでいる。トイレにいけなくて、オムツになったとは聞いた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください