吊 り 橋 の 真 ん 中 怖 し 山 の 藤

つりばしの まんなかこわし やまのふじ

気軽に渡り始めた山の吊り橋。

だんだん進むにつれて、揺れは激しくなり、こんなに長かったかと驚き、少し後悔したりしました。

戻るのはいくらなんでもみっともないし。

山藤は蔓性で、龍のような古木もあります。

ほかの木に巻きついて、その木を枯らしてしまうこともあると聞きます。

のびのびと思う存分行きたい方に伸び、自由闊達で、藤棚の長く垂れ下がった藤とは別物です。

この句も読まれています。

冬の雷 一戸一戸(いっこいっこ)を どやしつけ... どやすとは、京言葉なり。たいへんな雷であった。 隣に落ちたかと思った。それも何度も。 窓ガラスがびりびり音をたてた。 むかし、宇宙戦争というつまらない映画を見たが、 宇宙人が地上に降りるときに、激しい稲光と雷を伴った。 宇宙人が来るのではとちょっと恐れた。...
寒菊の 香いっぱいに 吸い込んで 寒菊の香りは、秋の寒い朝にぴったり合うのです。 小さく折り取り、小瓶にさしたりします。
蕗薹 (ふきのとう) 愛を育む よに抱え... ふきのとうを見つけて、お裾分けしてくれた。 両手で包んで、そおっと手に渡してくれた。 満面の笑み。幸せのおすそわけ。わたしにも 春が来そうな予感をもらった。...
裸 の 子 顔 よ り で か い 西 瓜 喰 ひ... はだかのこ かおよりでかい すいかくい わたしが子どもの頃、家には縁側があり、井戸で冷やしたスイカを、子どもはハダカで、果汁をこぼしながら食べたものです。 タネはぷんぷんとそこら中に飛ばし、お行儀の悪いこと。 どこの家でもそうだったとは思わないけれど、品のないウチではそうでした。 スイカは大きな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください