吉 野 ヶ 里 遺 跡 狙 い て は た た 神

よしのがり いせきねらいて はたたがみ

1989年8月17日、吉野ヶ里遺跡にて発掘調査中、雨が降り出したため、遺跡にシートをかけるなどの作業中、落雷。
遺跡発掘に貢献された方が亡くなっています。
生前、誰も見向きもしなかったこの一帯を、貴重な遺跡群と認定させた功労者だと新聞で読んだこと記憶しています。
これから本格的発掘が始まるというときに、さぞや無念だったろうと思います。

この句も読まれています。

ようやくに つくつくの鳴く 秋の露... 暑かったこの夏も、ようやく終わりにさしかかり、ツクツクボウシの声を終鈴のように聞く。 秋だ。
穀雨あり 幹の芯まで しみわたり 快晴の日が長く続くと、そろそろ雨が欲しかろうと、気になるものです。 一夜の雨でも、しっかり降ると、木々は特に街路樹などは、 ほっと一息ついただろうと、見ていてもみずみずしくうるおって、 元気になったように思います。...
ち ちろ 虫 む か し の 恥 を 思 い 出 し... Teleogryllus emma (エンマコオロギ) / harum.koh いろいろなことがあって、いろいろ 恥をかいてきた。ときどきふと思い 出す。だからなんだ。たいしたこと じゃないじゃないか。恥かいて当た り前だろうが。あんたが教えなかっ たからだろうが。まったく反省がな いな、我ながら。...
荒 星 や 他 人 ( ひと ) の 仔 育 つ る 猿 の お り... 人間の世界では、連日育児放棄や虐待が言われているなか、親を亡くした仲間の仔を、自分の仔とおなじに育てている母猿がいるという。 新春から、心温まる話。 生まれかわったら、人間にお成り。 きっといいことがある。 代わりに、わたしのまま母を猿にしてあげよう。...