吉 野 ヶ 里 遺 跡 狙 い て は た た 神

よしのがり いせきねらいて はたたがみ

1989年8月17日、吉野ヶ里遺跡にて発掘調査中、雨が降り出したため、遺跡にシートをかけるなどの作業中、落雷。
遺跡発掘に貢献された方が亡くなっています。
生前、誰も見向きもしなかったこの一帯を、貴重な遺跡群と認定させた功労者だと新聞で読んだこと記憶しています。
これから本格的発掘が始まるというときに、さぞや無念だったろうと思います。

この句も読まれています。

命日と 盆が重なり ありがたし 法事は少ないほうがいい。
生 来 の 器 用 貧 乏 犬 ふ ぐ り せいらいの きようびんぼう いぬふぐり 器用貧乏。 何事も一応はうまくこなせるため、ひとつ事に徹底出来ず、かえって大成しない人のことを言うそうです。 1914年の芥川龍之介の処女作にこの言葉があったことから、この手の人物は昔からおり、そしてむかしからそういう呼ばれ方をしていたもようです。 あ...
降 り 落 ち る も う 届 く か に 大 花 火... 花火 / hktang 好きな花火がある。大型で、金色のすじ が何本にも分かれて降り注ぐ。ただそれ だけの、単純なものだが、これといった 工夫がない分、これぞ花火という気がす る。一色で、パチパチ音がするでもなく 何段か次々に開くわけでもなくドンと一 発なのがいい。...
春の月 遠いむかしの 恋敵 あの頃は必死だった。頑張ったところで どうにもならないものを、諦めきれずに 身を揉んだ。今になってみれば、遠い想 い出。話もする。笑いもする。年を重ね るのも悪くないと感じる瞬間。...