吉 野 ヶ 里 遺 跡 狙 い て は た た 神

よしのがり いせきねらいて はたたがみ

1989年8月17日、吉野ヶ里遺跡にて発掘調査中、雨が降り出したため、遺跡にシートをかけるなどの作業中、落雷。
遺跡発掘に貢献された方が亡くなっています。
生前、誰も見向きもしなかったこの一帯を、貴重な遺跡群と認定させた功労者だと新聞で読んだこと記憶しています。
これから本格的発掘が始まるというときに、さぞや無念だったろうと思います。

この句も読まれています。

行 き 着 け ば ま た 同 じ 橋 春 の 夢... いきつけば またおなじはし はるのゆめ 明け方に一度目が醒める。 ほかの季節では、なかなか難しいけれど、春の今ごろは、またすぐ眠りに落ちる。 何度試みても、同じところに行き着いて、先に進めない夢。 ちょうど今の私みたい。...
絡まって 地べたにへばって 枯れ落ち葉... 落ち葉掃きもたいへんである。箒に絡まってくっついてまわるし、アスファルトの地面にペタッと張り付いて離れない、ムカつくことばかりなり。 iPhoneからの投稿...
鏡より 老けて写真の 寒明ける 鏡を見て、納得がいかないけれど、それよりもなお一層おかしい、証明写真。 写りが悪いと、撮り直して、エッ、客観的にこんな顔なんだって、がっくりする。 春めいてくると、周囲が明るくなって、余計アラが見える気がする。 この写真じゃ、だめだ。 というより、この顔じゃだめだと思う。 就職…というより人生…。 ...
愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜 あいぞうの からみのごとし からすうり 最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。 でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っか...