合 流 の 川 は 冬 霧 前 川 町

ごうりゅうの かわはふゆぎり まえかわちょう

宇美川と多々良川。

三角州のようなところに、わたしの家、正確には官舎はありました。

何故にこうもしつこいのかと我ながら呆れます。

卒業できていない。

親の愛情を知らずに育った人間の、業なのか煩悩か、ただの病気か。

この句も読まれています。

つくつくの 声も聞かぬに 秋の風 ツクツクボウシはどこへ行ったのでしょう。 あの声を聞くと、ああ暑い夏ももう少しの辛抱だと思ったものです。 そうこうしてるうちに、すこうしずつ涼しくなってきたものです。...
食 べ て け と 熱 々 の 餅 牛 の 梅 熱々の出来たての梅ヶ枝餅を食べながら、赤煉瓦のトンネルを目指す。 飛梅は、いつもと同じように黒光りの牛とともにそこにあり、人が増えたこと以外むかしと何も変わらない。 お石茶屋は、その由来を知ってか知らずか、店の外まで人で溢れ、そのわりには続くトンネルに人影はない。 筥崎で生まれたわたしが、何の縁で此...
き ち き ち と 言 は ば 居 場 所 の 丸 わ か り... きちきちと いわばいばしょの まるわかり バッタの仲間です。 精霊バッタは、お盆のころに出てくるからこの名前が付いています。 別名、キチキチ。 オスよりメスが大きい。 後ろ足が発達していて、体長の数十倍もの距離をジャンプするそうです。 飛ぶときに、キチキチと音を出します。 変な音出すから、どこにい...
淋 し さ は 淋 し さ と し て け む り 茸... さびしさは さびしさとして けむりたけ 寂しいときに、騒いではいけない。 今、どうして何が原因で寂しいのか、いやでもしっかり考えた方がいいとわたしはいつも思います。 なんとなく、秋だから淋しいなんてことは、ないと思うのです。 原因はたぶん足元に転がっている。 さっき言われたこと。 さっき見た風景。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です