合 流 の 川 は 冬 霧 前 川 町

ごうりゅうの かわはふゆぎり まえかわちょう

宇美川と多々良川。

三角州のようなところに、わたしの家、正確には官舎はありました。

何故にこうもしつこいのかと我ながら呆れます。

卒業できていない。

親の愛情を知らずに育った人間の、業なのか煩悩か、ただの病気か。

この句も読まれています。

鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し... とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし 渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。 思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。 出ると決まれば、そうするのでしょう。 習性というものなのでしょうか。 あたしはどうかな。 こうすることしかできないときは...
アイツらの 子で生まれかわりてもと 冬の月 ... 人の人生は、努力ではない。 もtもとの土台が問題である。土台がなければ努力なんて、無意味というより努力のしようがない。アイツらの子供で、あの家に生まれるくらいなら、ガラパゴスでイグアナに生まれたい。天敵のいない」世界で、青い海と、青い空をいだき、悠久のときを過ごしたほうがよっぽどいい。...
亀 鳴 い て 祝 儀 袋 は 連 名 に かめないて しゅうぎぶくろは れんめいに お見舞いの熨斗袋に、連名で書けとわたしに言うかな。 ボールペンというわけにもいかず、筆ペンを持ち出してはみたものの、生来の悪筆はさらにきわまり、これはなんだという仕上がりに。 亀はむかしから鳴くと言われているらしいけれど、亀には鳴く器官がないらしい。 春の...
滝つぼの ごと叩かれて 戻り梅雨 梅雨の後半の雨は激しい。 ここまで降るかって感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください