古 民 家 の コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ も 花 ミ モ ザ

こみんかの こーひーしょっぷも はなみもざ

わたしは洋花はあまり好きではないのですが、この春のはじめのころ降るように咲くミモザの花は魅力的です。

しあわせの象徴のようなこの花を、花束にもっと使えばいいのに。

卒業式シーズン。

毎度毎度のかすみ草ではなく、溢れんばかりのミモザを花束にするのです。

ステキだと思うのですが。

この句も読まれています。

夜桜に 片恋の昔 預けおり 同じ桜も夜みれば、ちがう。思う心も別物。過ぎ去った、ふとした一場面を思い出し、そのときの心持ちをまざまざと想 いだす。いいことばかりではないけど、過ぎ去ってみれば、それもこれもそうするしかなかった自分がいる。...
越 ゆ る に は 少 し 急 な り 去 年 今 年... タイトルなし / ITÔ Hirosi まあ、一年が過ぎようとしている。明日のことはわからないものだけれど、思えば苦労の多い一年だった。いろいろやっかいなことを抱えて、それでも一生懸命やってきた。ただ報われることが少なかった。エネルギーを消耗していること実感している。疲れている。どうでもいいことだけ...
春 耕 の 手 を と め 潮 の 果 て を 見 る... 鋤を立てたまま、手を組んであごをのせて暫しの休憩か。 むかしの白黒映画を思い出す。 「裸の島」 新藤兼人監督 乙羽信子主演 瀬戸内の小さな島を舞台にした、台詞のない、当時としては前衛的な試みだったであろう作品。 こうして生きてゆくしかない、人生とはそんなものかもしれないと思わせる。 静かで、なんと...
冬ごもり 白熱灯の 熱帯びて もう白熱灯は売らないらしい。節電じゃないし。 これで最後。 冬の白熱灯はいい。 熱を持って、ご飯がおいしく見えるし。 なにより、ほのぼのする。 きれいに掃除した部屋で、ストーブにお湯がしゅんしゅんと沸いている。 ほんとは火鉢が欲しいんだけど、一酸化炭素中毒になりそうでやめてる。 小さな丸テーブル(脚...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください