古 民 家 の コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ も 花 ミ モ ザ

こみんかの こーひーしょっぷも はなみもざ

わたしは洋花はあまり好きではないのですが、この春のはじめのころ降るように咲くミモザの花は魅力的です。

しあわせの象徴のようなこの花を、花束にもっと使えばいいのに。

卒業式シーズン。

毎度毎度のかすみ草ではなく、溢れんばかりのミモザを花束にするのです。

ステキだと思うのですが。

この句も読まれています。

上 下 巻 借 り て 青 息 熱 帯 夜 じょうげかん かりてあおいき ねったいや 上下いっしょに借りたのがそもそも間違い。 人に借りられたら続き読めないしと、欲張って借りたはいいけれど、期日までに返すのはたいへん。 毎夜毎夜読書だけれど、ついつい読み方も雑になるし。 やっぱり本は買って読むものです。...
寒過ぎて 冬木の桜 春を思はず 冬木の桜は凍てついて、去年の花はとうに忘れたし、今度の花も想像できない。でもちゃんと咲くんだろう。木は強いから。...
七福の 高架下より 覗き(のぞき)おり... 初仕事の行き道、恵比寿と布袋が覗いとった。 事務所は新幹線の高架のすぐ横。その橋脚から ちょっと顔が見えた。 たぶん行き詰まったわたしを励ましに来たと思う。 きっと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です