古 民 家 の コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ も 花 ミ モ ザ

こみんかの こーひーしょっぷも はなみもざ

わたしは洋花はあまり好きではないのですが、この春のはじめのころ降るように咲くミモザの花は魅力的です。

しあわせの象徴のようなこの花を、花束にもっと使えばいいのに。

卒業式シーズン。

毎度毎度のかすみ草ではなく、溢れんばかりのミモザを花束にするのです。

ステキだと思うのですが。

この句も読まれています。

「 残 穢 」(ざんえ ) ( 2 ) 嫁に行った娘は、一周忌が済んだ頃、離婚している。 家族に自殺者が出るなど、縁起でもない、許さない風潮があった。 しかも商売しているし、風評被害もあっただろう。 花嫁の父親は、金融機関に勤めていて、余裕のある家庭だったという。 娘は、高校卒業後、周囲の反対を押し切って、東京で独り暮らしを始めた。...
一 面 の 蓮 の 浮 葉 や 空 と 風 いちめんの はすのうきはや そらとかぜ 池というか沼の半分ほどを蓮の葉が占めています。 これから夏に向かって、もっと広がっていくと想像します。 小さかった葉が、驚くほど大きく生長し、お互いに付かず離れず。 激しい雨も、臆することなく、葉の表面全体で受け、つまり水の上にぺったりと浮き、自分と平行に広...
新 雪 に 踏 み 跡 つ け て ポ ス ト ま で... 真っ白に積もった雪があまりに見事で、足跡をつけたくなかったのだけれど、やむなく新聞を取りに郵便受けまで震えながら行った。 行くときに付けた足跡を辿って帰った。 一日、外出はそれだけだった。...
菜 種 梅 雨 水 彩 絵 の 具 滲 み 増 し... 絵の具で青空を描く方法を教えてもらいました。 まず絵筆に水だけを含ませ、空全体を塗ります。 そして、青の絵の具をチョチョっと載せます。 そして画用紙を両手で持って、ゆらゆら右に左に揺らすと、いかにも上手に青空が描けるというものです。 たったこれだけのことにも、慣れや経験、感性が必要で、時間と手間はお...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください