古 民 家 の コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ も 花 ミ モ ザ

こみんかの こーひーしょっぷも はなみもざ

わたしは洋花はあまり好きではないのですが、この春のはじめのころ降るように咲くミモザの花は魅力的です。

しあわせの象徴のようなこの花を、花束にもっと使えばいいのに。

卒業式シーズン。

毎度毎度のかすみ草ではなく、溢れんばかりのミモザを花束にするのです。

ステキだと思うのですが。

この句も読まれています。

新 山 や 樹 木 許 さ ず 山 眠 る しんざんや じゅもくゆるさず やまねむる 普賢岳は、あの土石流の跡を、うまく隠して普通に紅葉してすまし顔。 あの凄まじい噴火と火砕流で出来た、となりの通称平成新山。 猛々しく血も涙もない風采で、仁田峠の紅葉谷を横目に、其処にそびえます。 当時は、テレビの映像ながら、夜中にめらめらと溶岩が家々を飲み...
菜の花も おぼろの月も見ず ひとり... 菜の花畑に入日薄れ こんないい季節の夕暮れ時に、あたりを見渡すこともなく なんで一人で歩く
蝉 の 羽 化 子 ら の 歓 声 久(ひさ)に聞 き... Cicada 蝉 / Cool-Rock.com 近頃、公園で遊ぶ子どもを見たことがない。 たぶんクーラーの効いた部屋のなかで、ゲームに没頭しているのかと勝手に思い込んでいた。 買い物に行く途中の公園。 真っ白な蝉が木の幹にとまっており、ランドセル姿の子どもたちはそれを観察している。 殻を脱いだば...
柿落ち葉 集めることの ためらわれ... 一面のじゅうたんみたいな落ち葉、掃き集めるのももったいない。 しばらくこのままにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください