受 験 子 の 次 第 は す で に 決 ま り お り

じゅけんこの しだいはすでに きまりおり

受験の日が迫って来て、いよいよあしたとなると、受験生の緊張は頂点に達します。

そんなとき先生からこんなことを言われたと聞いたことがあります。

「君たちの合否は、神さまがとっくに決めている。

あしたは、その手続きに行くだけ」だと。

チカラが抜けて、リラックスできたと。

さらに、その合否ですべてが決まるわけではなく、人生は長いことが、この歳になってようやくわかるということ。

どんなにアタマが良くても、誠実さや謙虚さを忘れ、人に対して傲慢に対応し続ければ、終わりのほうでむくいを受けるような気がします。

この句も読まれています。

春 の 雨 樹 々 潤 し て み も ざ 打 つ... はるのあめ きごうるおして みもざうつ 春の雨です。 雨はあられに変わったようです。 多くの樹々の栄養になったには違いないのだけれど、満開のミモザには痛手かもしれない。 降るような黄色の花が、どうかしばらくそのままでいますように。...
郵便の バイクのリズム 風薫る ブーンと音を立てて、郵便屋さんのバイクの音、間をおかずまたブーンときて、 エンジンをかけたまま停止している音、その繰り返しが、穏やかな日常を 与えられている幸福感といえば大袈裟だが、安堵感はある。...
秋の暮 係留されし ボート小屋 貸しボート屋のボートが、冬の間店じまいして、ボートが裏向けて繋がれているのは なんとも寂しい光景です。 いよいよ冬がくるのです。 心構えをするのです。...
大 枯 野 こ の 静 か な る さ ざ め き に... 芒も枯れ、筑後川の支流の川岸に威勢よく茂っていたヨシの葉もすっかり冬の装いとなった。 少しの風で、広い広い原っぱがざわつく。 静かといえば静か。 空も地も、川もさして音もたてず、一面の枯野は何も考えずに眺めるのがいい。 遠くの鉄橋を渡る貨車の音が、静けさを邪魔するでもなくわずかに耳に届く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください