受 験 子 の 次 第 は す で に 決 ま り お り

じゅけんこの しだいはすでに きまりおり

受験の日が迫って来て、いよいよあしたとなると、受験生の緊張は頂点に達します。

そんなとき先生からこんなことを言われたと聞いたことがあります。

「君たちの合否は、神さまがとっくに決めている。

あしたは、その手続きに行くだけ」だと。

チカラが抜けて、リラックスできたと。

さらに、その合否ですべてが決まるわけではなく、人生は長いことが、この歳になってようやくわかるということ。

どんなにアタマが良くても、誠実さや謙虚さを忘れ、人に対して傲慢に対応し続ければ、終わりのほうでむくいを受けるような気がします。

この句も読まれています。

生 涯 の 愛 誓 う 馬 鹿 ソ ー ダ 水 しょうがいの あいちかうばか そーだすい 人生は意外と長い。 健やかなるときも、病めるときも。 なあんて。 よおく考えたら、誓いなんて出来るわけもないと思うのです。 相手が健やかでいてよそ見する、病気でもよそ見する、そんな動物なのです。 何も考えない人は簡単になんでも誓えるのです。 そこへ行く...
今日までも あしたまでもと 枯紅葉... すべての葉っぱが散ってしまったあと、まだ輝くような紅葉を見せている紅葉がある。今日散るか、あした散るかと 惜しみながら、眺める。日一日と色が鮮やかになるような気がする。お得した気分です。...
.いわし雲 胃ろうやむなし 便りする... n難病の母が、リハビリを頑張らないと、胃にパイプを通すと医者に言われたらしい。そうならないよう、リハビリをするように、言い聞かせてくれと、手紙が来た。おそらく胃ろうのことだと思う。パイプなどと、なんて医者だ。難病をかかえた患者を脅かすようなことを言うものではない。胃に穴を開けて、高栄養のリキットを直...
睡蓮の 泰然とあり 雨の打つ その場にあって、風にそよぐこともない。 雨に打たれようがそれはそれと受け流す。 度量の大きさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です