占 い は 当 て ず っ ぽ う な り 宵 の 春

うらないは あてずっぽうなり よいのはる

占いなんて信じてないくせに、美容院や歯医者に行くと、雑誌の占い欄は必ず見ます。

まず当たってない。

以前手相というものを見てもらったところ、生命線が途切れ途切れになっていると言われました。

とくに丈夫ではないけれど、今のところあまり困った状態ではないし。

身の丈にあった暮らしをしているから、退屈はしてないけれど、面白いこと、ときめくこと、人から認められたり褒められたりもないこと。

パワハラもないけど、笑うこともない。

困ったことと、腹の立つことはたまに。

つまるところ、刺激が無さすぎる毎日は、もしかしたら少し問題なのかもしれない。

この句も読まれています。

夏 草 や 廃 工 場 の ド ラ ム 缶 廃バンカー / koziro 生い茂る雑草、もうどうしようもない。 使われることのない建造物の荒れ方は どうだろう。 鉄は錆び、ガラスは割れ、かつての活況 は見る影もない。 夏草は工場の向かいの空き地、と言って もちょっとした遊具などあるだけだけど ベンチもなにもかもを覆い尽くす。 どうせ子どもなど...
冬木立 顔を上げよと 言われおり 寒い。縮こまって、マフラーに顔を埋めて歩く。 考えごとをしながら。 なんか最近元気がない。 自分が原因のヘマや、運のわるさや。 大きく育ったイチョウの木は、もうすっかり葉を落として、 寒空に立つ。 顔を上げよと、今日から今からだと言われた気がする。 済んだことは考えてもしょうがない。...
人生に クラっと落ちる 日照りあり... 人は、おおよそ普段ならしないようなことをしてしまうことがある。 魔がさすというのは当たらない。 大きな磁気のようなものに頭のてっぺんを引っ張られるように、おかしなことをしてしまうことが一度だけあるような気がする。 後の人生は、その後始末。 人生は何度でもやり直しがきくなんて、真っ赤な嘘。 ようやっと...
声 か け て 間 引 大 根 貰 ひ 受 け こえかけて まびきだいこん もらいうけ 初秋に蒔いた大根は、二度か三度間引きをするそうです。 一本立ち前の間引きでは、ダイコンは小指ほどの大きさに育っています。 柔らかい葉とダイコンは、すべて美味しくいただきます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください