占 い は 当 て ず っ ぽ う な り 宵 の 春

うらないは あてずっぽうなり よいのはる

占いなんて信じてないくせに、美容院や歯医者に行くと、雑誌の占い欄は必ず見ます。

まず当たってない。

以前手相というものを見てもらったところ、生命線が途切れ途切れになっていると言われました。

とくに丈夫ではないけれど、今のところあまり困った状態ではないし。

身の丈にあった暮らしをしているから、退屈はしてないけれど、面白いこと、ときめくこと、人から認められたり褒められたりもないこと。

パワハラもないけど、笑うこともない。

困ったことと、腹の立つことはたまに。

つまるところ、刺激が無さすぎる毎日は、もしかしたら少し問題なのかもしれない。

この句も読まれています。

青光り 白光りして 秋刀魚焼く 生きのいいサンマは、てらてらに光って、美味しそう。 じゅうじゅうと音を立てて、煙をあげて焼かれる。
生 身 魂 一 生 も の と 言 ふ て 買 ふ... いきみだま いっしょうものというてかう いきみだま、戦後の荒廃を克服し、日本の高度成長を支えた世代、今はもうご隠居さんです。 タバコが健康を害するなんて概念はなく、缶入りのピースを吸い、受動喫煙なんて聞いたこともなかった世代です。 祝祭日には、玄関先に日の丸を掲げ、土曜日も働き、企業戦士と呼ば...
日永なり 認知テストの 点くらべ Mothers' Day 2011: by Mimi / mvplante 認知症の程度を測るテストというか 質問文があって、合計の点数で、ど のくらい進んでいるかの目安になる らしい。30点満点だと。待合室で、 19点と、18点が仲良しになっていた。 二人とも息子と見られる人が一緒で、 問診票を...
生 身 魂 企 業 戦 士 の 影 今 も いきみたま きぎょうせんしの かげいまも 生身魂、年老いた人を、尊敬の念を込めてそう呼びます。 戦後の復興を支えた世代です。 夜昼なく働き通しに働いて、満員電車に揺られまたは工事現場を支え、懸命に過ごした日々だったことと想像します。 もうとうに現役を引退し、家のなかでも存在が薄くなりつつあるな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください