占 い は 当 て ず っ ぽ う な り 宵 の 春

うらないは あてずっぽうなり よいのはる

占いなんて信じてないくせに、美容院や歯医者に行くと、雑誌の占い欄は必ず見ます。

まず当たってない。

以前手相というものを見てもらったところ、生命線が途切れ途切れになっていると言われました。

とくに丈夫ではないけれど、今のところあまり困った状態ではないし。

身の丈にあった暮らしをしているから、退屈はしてないけれど、面白いこと、ときめくこと、人から認められたり褒められたりもないこと。

パワハラもないけど、笑うこともない。

困ったことと、腹の立つことはたまに。

つまるところ、刺激が無さすぎる毎日は、もしかしたら少し問題なのかもしれない。

この句も読まれています。

寄せ書きは ごみに出したり ほーほけきょ... きれいごとばっかり、嘘八百の寄せ書きは、捨てちゃいました。
しょうしょうと 五月雨(さみだれ)の 粛々と 日を送る... 雨は降る降る。一日中。いつものように掃除、洗濯などなど。 何もない毎日。つつがないと言えば、言えなくもない。...
馬 跳 び の 頭 は 下 へ 小 春 風 暖冬とは聞いていたけれど、それにしても暖かい日が続いた。 小春日和そのもの。 小学校の校庭に子どもらの声。 バスケットボールのパスの練習をしているよう。 投げては後ろに回り、その繰り返し。 むかしからおんなじ。 わたしは、跳び箱が怖くて、ついに跳べないままだったけど、馬跳びはできた。 危ないから、頭...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です