十 薬 や ク ラ リ ネ ット の 音 外 れ

じゅうやくや くらりねっとの おとはずれ

ドクダミのことをジュウヤクとも言います。

白い小さな清廉な、十字架のような形の花をつけます。

少しクスリくさい、でもすがすがしい香りを放ちます。

干して、どくだみ茶などにも使われ、漢方の端っこに名を連ねているとも言えるようです。

とにかく増えるものですから、毎年カタキのように抜くのですが、翌年には涼しい顔で以前と同じ貌ではびこっています。

裏のマンションから、クラリネットの音が最近聞こえます。

吹奏楽部に入りたてで、練習にいそしんでいる感じです。

クラリネットは、どこか哀しい音色を奏でる管楽器で、失敗してもなんでも応援しています。

この句も読まれています。

渡 し 舟 時 刻 表 な し 春 隣 わたしぶね じこくひょうなし はるとなり 向こう岸にお客が現れたら、やおら竿をさし、ゆったりと迎えに来ます。 大きな橋が建設中だから、もう少しで廃止になるということです。 川岸には、いまはまだ枯木ながら、芽のふくらんだ大樹、ねこやなぎ、ほかにも名も知らぬ春の野草が萌え立とうとしているところです。 ...
ほおづきの 先は青うて 売られおり... まだ完全には色づいておらず、先の方は青いままの そしてまだ完全なホウヅキの赤ではない、少し うらなりのほうづきが売られている。 今年は、生育が遅いのか、暑さのせいなのかは わからないけど、うらなりのほうづきもそれはそれなり。...
秋 祭 り 道 真 公 の 御 座 す 処 あきまつり みちざねこうの おわすとこ 平安の昔、権力闘争に敗れたというより、政敵に謀られ、太宰府に左遷させられた菅原道真が、晩年の2年あまりを過ごしたと言われる榎社では、毎年9月、天満宮から榎社まで御神輿が御神幸されます。 道真公はこの地で、長男を亡くし、餓死しない程度の生活費が支給されるのみで...
氷割り たかが梅酒と 赤い顔 ほかに飲むものがないから、仕方なく口にした梅酒だけど、 甘いわりに効く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください