十 薬 や ク ラ リ ネ ット の 音 外 れ

じゅうやくや くらりねっとの おとはずれ

ドクダミのことをジュウヤクとも言います。

白い小さな清廉な、十字架のような形の花をつけます。

少しクスリくさい、でもすがすがしい香りを放ちます。

干して、どくだみ茶などにも使われ、漢方の端っこに名を連ねているとも言えるようです。

とにかく増えるものですから、毎年カタキのように抜くのですが、翌年には涼しい顔で以前と同じ貌ではびこっています。

裏のマンションから、クラリネットの音が最近聞こえます。

吹奏楽部に入りたてで、練習にいそしんでいる感じです。

クラリネットは、どこか哀しい音色を奏でる管楽器で、失敗してもなんでも応援しています。

この句も読まれています。

鬼灯 (ほおずき) を 鳴 ら し て 曲 が り 角 違 え... Chinese lantern plant / Physalis alkekengi / 鬼灯(ホオズキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) ほおずきの鳴らし方なぞ、最近の人は知るまい。 あの赤い袋を破ると、中に赤い丸い球がある。 それを外して、慌てず時間をかけて柔らかくなるまで指で揉...
短夜に セメント橋の なつかしさ 夏至のころの、長い夕暮れに思わぬところで、セメントの小さい橋を見つけたのです。 レンガのように歴史を語るものでなく、コンクリートのように、強くもなく、小さな川をちょこっと またぐのです。 こんな風景を見つけると、お得した気分です。天気の悪い、ながい夕暮れが似合うのです。...
山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...
灯 下 に は 活 発 守 宮 喉 仏 とうかには かっぱつやもり のどぼとけ ヤモリ。 むかしはガラス越しにピッタリくっついているのを、家の中からよく見たものです。 身体の割に、大きな吸盤を備えています。 エサを捕まえるため、電気を付けていると寄って来るようです。 白いお腹がぺったりとガラスにくっついて、案外可愛いものです。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください