北 窓 を 開 く 明 後 日 の 風 を 聴 く

きたまどを あくあさっての かぜをきく

冬の間閉めていた北側の窓をあける時季がきました。

冬の間、見ることのなかった外光が入ってきて、春の到来を実感します。

あたしには、当面の今日と明日の予測は、なんとなくではありますが、つくような気がします。

わからないのは、あさって以降。

思いもよらないことが起きたりするから。

北窓を開けて、あさってが見えるわけじゃないけれど、ウチの中に風が舞うようになります。

春が歩き回るみたいです。

この句も読まれています。

水 引 草 コ ン ク リ ー  ト に 咲 き し 花... みずひきそう コンクリートに さきしはな コンクリートに花が咲くわけはないんだけれど、細いひび割れから果敢に顔を出して、一人前に育っているのを見ると、頑張ったねと思います。...
鉄柵の 錆(さび)をおとして 春隣... 玄関の、古い門扉。 もうかなり前から、錆び付いて、触れば手が汚れるから、指の先で、開けたり閉めたりしている。 錆をサンドペーパーでおとして、ペンキを塗ろうか。 黒にしようか。 思いきって、緑もいいかもしれない。 どうせ古いから。 そんな気分にさせたのも、春の気配か。 よかったらクリックください。励み...
心 し て 言 ふ て き か せ よ 彼 岸 へ と... こころして いうてきかせよ ひがんへと かんたんに成仏できる人ばかりではないと思うのです。 納得のいかない死に方に悔しくやるせない、やり場のない思いの仏も多いはず。 自分に落ち度のない事故、誤診のせいで命を落とした人、虐待の果てに殺された子。 心やすらかに浄土へ導かれますように。 この世に...
冬 時 雨 種 馬 に あ り 時 間 割 ふゆしぐれ たねうまにあり じかんわり 馬は血統。 父親と母親 が誰かが、いちばん大切なことです。 同じ哺乳類ですから、人間も似たような ものなのに、「努力は天才に勝る」 「天は二物を与えず」などと、いかがわしい嘘くさいことわざがあります。 努力が天才に勝ることはなく、天は二物も三物 も与えます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください