北 窓 を 開 く 明 後 日 の 風 を 聴 く

きたまどを あくあさっての かぜをきく

冬の間閉めていた北側の窓をあける時季がきました。

冬の間、見ることのなかった外光が入ってきて、春の到来を実感します。

あたしには、当面の今日と明日の予測は、なんとなくではありますが、つくような気がします。

わからないのは、あさって以降。

思いもよらないことが起きたりするから。

北窓を開けて、あさってが見えるわけじゃないけれど、ウチの中に風が舞うようになります。

春が歩き回るみたいです。

この句も読まれています。

施 餓 鬼 に も 経 の 上 り て 月 明 か り... せがきにも きょうのあがりて つきあかり 供養されることなく、餓鬼に苦しむ無縁亡者に経をあげ、飲食を施す法会です。 どこの寺でも行っているわけではなさそうですが、盆の行事として、続けているところもあります。 仁王像の足元に、踏みつけられて、救いのない表情を浮かべて苦しんでいるのが、餓鬼と呼ばれるも...
来た道の 辛さ集めて 波の花 冬の海は暗くて、厳しい。あまり明るいことは考えられないもの。過ぎてきた季節を、歩いてきた道を想うとき、辛かったことが走馬灯のようにつらつらと浮かぶものです。それにしても冬の海はいい。風は強いほうがいい。波がぶつかり合い、波の花が出来るほど、寒いのがいい。...
大晦日 日が暮れて今 息をつく 年末の大晦日まで、いろいろうっとうしいことが続きます。 まったくもう、なんだろと思うくらいです。 やっと紅白歌合戦が始まるころになって、ちょっと一休み 一服熱いココアを飲みます。  疲れた。 今日も、今年も。...
せみしぐれ 一言多いと 怒られて 気をつけて、気をつけてしゃべっているつもりが、 ぽろっと余計なことを言う。  わたしはよくあるのです。 こんなに注意しているのに、もう馬鹿としか言いようがない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください