北 窓 を 開 く 明 後 日 の 風 を 聴 く

きたまどを あくあさっての かぜをきく

冬の間閉めていた北側の窓をあける時季がきました。

冬の間、見ることのなかった外光が入ってきて、春の到来を実感します。

あたしには、当面の今日と明日の予測は、なんとなくではありますが、つくような気がします。

わからないのは、あさって以降。

思いもよらないことが起きたりするから。

北窓を開けて、あさってが見えるわけじゃないけれど、ウチの中に風が舞うようになります。

春が歩き回るみたいです。

この句も読まれています。

秋深し 豚足を焼く しみじみと h古い朝市通りの商店街に、豚足とホルモンの専門店を見つけた。茹でてある豚足に塩、コショウして、コンロの魚焼きのとこで焼く。焼き立てに一味唐辛子をふって、ふーふーしながら食べる。もちろんビールはぎんぎんに冷やしてある。油じゃなくて、コラーゲンであるから、美しくなることはあっても、太りはしないだろう。秋...
煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り... すすにげの わびはとらやに おさまれり 家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。 手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。 女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹...
左 義 長 の 焔 上 が れ ば 人 想 ふ さぎちょうの ほのおあがれば ひとおもう 左義長は、どんと焼きのことです。 松の内が終わったころ、シメナワや、出来損ないの習字など持ち寄って、竹を切ったものなどといっしょに焚きつけるのです。 担当は消防団です。 それにしても、人間は、火が好きなのだと思います。 野焼きしかり、どんと焼きしか...
打ち水で 小さきぼろ屋 凛として 玄関先に打ち水をするのは、すがすがしいものです。 わたしは、家は古くて小さくて、庭も狭くても、 なんとなく手入れのいい家に、つましさや居心地のよさを感じます。 木造、築30年、低いブロック塀、紫陽花やコデマリややつでのある日当たりのいい家… 意外とありそうでないものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です