北 窓 を 開 く 明 後 日 の 風 を 聴 く

きたまどを あくあさっての かぜをきく

冬の間閉めていた北側の窓をあける時季がきました。

冬の間、見ることのなかった外光が入ってきて、春の到来を実感します。

あたしには、当面の今日と明日の予測は、なんとなくではありますが、つくような気がします。

わからないのは、あさって以降。

思いもよらないことが起きたりするから。

北窓を開けて、あさってが見えるわけじゃないけれど、ウチの中に風が舞うようになります。

春が歩き回るみたいです。

この句も読まれています。

大村の 湾のへさきの 墓地も梅 長崎の大村湾の、先っぽに小さな墓地があります。 なんでこんなとこに墓地、海の見える一等地、 別荘に最適。 風は少し強いけど、春の風。 曇り空だけど、小さな梅が満開。...
熱うかれ 布団かぶりて 春の風邪 何で今頃風邪をひくのだろう。機構もよくなり、世間は花見。昼間暖かいのに、朝夕ひえるからだろうか。情けないこともう6日も寝たり起きたり。大好きな水仙の春の香りを吸い込もうにも、鼻づまり。あしたは元気になりたい。...
啻 な ら ぬ 旱 の 中 に 生 く る も の... ただならぬ ひでりのなかに いくるもの 「エアコンを活用しましょう。 朝までしっかり。 水分補給を怠りなく。 塩分にも気をつけましょう。」 したくても出来ない人がいる。 道路工事の人。交通整理の人。 工事に携わる人。 エレベーターのない5階まで、何回も往復して商品配達する人。 お金のない人。 人間...
雪降るを 水面(みなも)に解ける 瞬間(とき)を見る... 雨が雪になり、溢れる勢いで落ちてきた。 川に落ちる瞬間が見たくて、下におりてみた。 当たり前だけど、ふっと消えるのが面白くて しばらく佇む。見る間に雪景色。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください