勾 玉 の 鋳 型 の 出 で し 山 紅 葉

まがたまの いがたのいでし やまもみじ

もう30年になるでしょうか。
遺跡発掘の現場で、勾玉の鋳型が出て、見学会や研究会が催され、ちょっとした騒ぎになりました。
見つけたのは、当時発掘のパートをしていた友人だったのですが、もてはやされたのは監督だけだったとむくれていました。
発掘者○○って自分の名前、セロテープで貼ったらとひやかしたこと覚えています。
その現場も、埋め戻されて今では何もなかったようです。
山は季節を繰り返し、今年もまたもみじの季節となりました。

この句も読まれています。

冷え冷えと つるべ落としの 湯の帰り... 秋の日暮れははやい。あたしは温泉が好きで、でもそうそうは行けないので、仕事の帰りに近くのスーパー銭湯に 行きます。行くときは陽も高く、ほいほいと行くのですが、時間を過ごすうちに、あっという間に日が暮れて、驚くことが よくあります。スーパー銭湯はドライヤーのところが掃除が行き届いてなくて、あたしは顔に...
船 の 行 く 関 門 の 霞 ( かすみ ) 晴 れ る ま で... 関門海峡 / so-oh 海というのは、見飽きることがない。 和布刈公園から、関門海峡を眺める。 霞がかかって、遠くははっきりしないけれど、海面がキラキラキリコ細工のように輝き、遠くを大小の船が行き交うのが見える。 遠出をする習慣のないわたしは、ここまで来ても、遠くに来たなと思う。 門司港は、観光...
夏 草 や 廃 工 場 の ド ラ ム 缶 廃バンカー / koziro 生い茂る雑草、もうどうしようもない。 使われることのない建造物の荒れ方は どうだろう。 鉄は錆び、ガラスは割れ、かつての活況 は見る影もない。 夏草は工場の向かいの空き地、と言って もちょっとした遊具などあるだけだけど ベンチもなにもかもを覆い尽くす。 どうせ子どもなど...
浪 光 る え つ の 鱗 ( うろこ ) や 風 光 る... エツ漁解禁。 決して大きくはない舟で、網を投げ引き揚げながら、一匹ずつはずしていきます。 淡白過ぎるほど淡白な川魚で、筑後川にしか生息しません。 正確に言えば、海水と淡水が混ざり合う汽水域に生息しているとのことです。 産地は久留米市城島町。 むかしは三潴郡城島町。 清酒の里でもあります。 エツは、骨...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください