勾 玉 の 鋳 型 の 出 で し 山 紅 葉

まがたまの いがたのいでし やまもみじ

もう30年になるでしょうか。
遺跡発掘の現場で、勾玉の鋳型が出て、見学会や研究会が催され、ちょっとした騒ぎになりました。
見つけたのは、当時発掘のパートをしていた友人だったのですが、もてはやされたのは監督だけだったとむくれていました。
発掘者○○って自分の名前、セロテープで貼ったらとひやかしたこと覚えています。
その現場も、埋め戻されて今では何もなかったようです。
山は季節を繰り返し、今年もまたもみじの季節となりました。

この句も読まれています。

映画館 出て春雨の 降りそぶり... 映画館を出たら、お天気が変わっていることは、よくある。 映画の余韻を抱えながら、春の雨を見る。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
な る よ う に 任 せ 風 船 葛 か な なるように まかせふうせん かずらかな 風船葛 夏に白い小花が咲いたあと、秋になると小さな風船のような緑色の実をつけます。 蔓性の巻き髭が、何かに絡みつきながら成長します。 小さな実が風に揺れているさまは、涼しげで、人気があります。 頑張ってもどうしようもないというより、頑張るだけ悪い方に転じると...
碧 色 の 切 子 の 皿 に 黒 葡 萄 以前旅行したとき、紺碧の空の色のガラス切子の不自然な丸い形の皿を買った。 色が鮮やかすぎて、皿のほうが目立ってしまい、なんとなく料理に合わず、 使えずにいたのだけれど、巨峰の黒い房を載せてみたら、意外としっくり見える。 紺碧の空、紺碧の海の底を、ちょっとだけ覗いたような。...
冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... ふゆこだち すけてくるりと つきのみち 二月の月は、痛いほど冷たい色を放ちます。 冷えた空気のせいなのか、天体のことは苦手で、さっぱりなのですが、中秋の名月ごろの暖かさとは、あきらかにちがいます。 葉を落とした大樹の向こうに月があります。 照らされて、樹々は枝の先まで明らかになったように感じます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください