勾 玉 の 鋳 型 の 出 で し 山 紅 葉

まがたまの いがたのいでし やまもみじ

もう30年になるでしょうか。
遺跡発掘の現場で、勾玉の鋳型が出て、見学会や研究会が催され、ちょっとした騒ぎになりました。
見つけたのは、当時発掘のパートをしていた友人だったのですが、もてはやされたのは監督だけだったとむくれていました。
発掘者○○って自分の名前、セロテープで貼ったらとひやかしたこと覚えています。
その現場も、埋め戻されて今では何もなかったようです。
山は季節を繰り返し、今年もまたもみじの季節となりました。

この句も読まれています。

犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず... いぬふぐり といきひとつを みのがさず 犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。 雑草です。 花の中心は白く、花びらは水色です。 緑の葉とともに地面をおおうように広がります。...
居るとこが ちがう気がして 春日傘(はるひがさ)... 汗ばむような暑い日が続く。五月晴れなんてさわやかなものでもない。仕事というのは、中に入ってみないとわからないことばかり。驚いたことに、一番永い人でも、一年に満たない。なんだろう。わたしは落ち着きたいのです。ここというところに骨を埋める覚悟で働きたいのです。でもなんかちがうのです。根性がないほうではな...
おろおろと 春の日暮れの 大根の花... 春の陽は、おろおろと暮れる。暑いのか寒いのか、風は吹いているのかいないのか、日は止まったように一定で、ある時を境に、つんのめったように暮れてしまう。その時を確かめようとするが、難しい。ただ白い大根の花が、薄暗闇にほわっと浮き上がって見える。遅い春は、大根の花が美しい。...
蓮の田の 枯れて冷たき さまもよし... 冬のレンコンの田んぼ、泥沼の中に枯れ枝がたっているような もの悲しい光景です。 それはそれでいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください