勾 玉 の 鋳 型 の 出 で し 山 紅 葉

まがたまの いがたのいでし やまもみじ

もう30年になるでしょうか。
遺跡発掘の現場で、勾玉の鋳型が出て、見学会や研究会が催され、ちょっとした騒ぎになりました。
見つけたのは、当時発掘のパートをしていた友人だったのですが、もてはやされたのは監督だけだったとむくれていました。
発掘者○○って自分の名前、セロテープで貼ったらとひやかしたこと覚えています。
その現場も、埋め戻されて今では何もなかったようです。
山は季節を繰り返し、今年もまたもみじの季節となりました。

この句も読まれています。

雪しまき 傘持つ指は 感覚もなく 雪が吹雪いている。 こんな日に何で仕事、と思いながら、頑張る。 指がかじかんで、痛いのか、冷たいのか、 わからない。 でも、この感覚は小さい頃は、よくあった。 寒い冬だった。 貧しい家だった。 子どもだから、よく雪遊びした。...
誑 か す 暇 つ ぶ し な り 雪 女 郎 たぶらかす ひまつぶしなり ゆきじょろう 雪の深い地域ではなくとも、雪女はいると思います。 もうりょうと呼ばれる、人間に悪さをする類いの生霊です。 妖怪です。 つまり人間ではないのです。 抜けるように色白の美人です。 虜になる、憐れなオトコが、きっとこの冬の間にも何人もいるのでしょう。...
長き夜は 能古島の 片思い 井上陽水の「能古島の片思い」が好きです。 熱いコーヒーを飲みながら、聞きます。 もちろんひとりです。
関門の 遥か遠くに 山笑う 山笑うなどと言える距離ではないのかもしれない。 関門海峡を挟んで、遠く霞む山々はそれでもやっぱり笑っている。 海もおぼろ。 船もおぼろ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です