初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と

はつもうで さいせんばこの ひろびろと

大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。
先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。
的が広いから、失敗することはまずありません。
今年も何事もなく、穏やかに暮らせますように。

この句も読まれています。

ああしても こう動いても 蟻地獄 ... ついてないときは、努力しても、頑張っても、どうしようもない気がします。 人生の蟻地獄です。
稲 妻 や コ ン ビ ナ ー ト に 突 き 刺 せ り... いなづまや こんびなーとに つきさせり 遠く、水島コンビナート、海岸を壊し、埋め立て、横一列に並んだように見える工場群。 にわかに空はかき曇り、容赦ない雷鳴と稲妻が、ほぼ同時に。 こんなことではビクともしないけれど、映画を見ているようで、飽きない。...
冷房の 欲しゅうて飛び込む 回り寿司... 暑くて暑くて、しばらく涼しいところで休みたかったから、 とりあえず飛び込んだ回転鮨。 むかしの夏の話を聞きたい。...
げんげ道 精一杯の 春を吸う 昔、れんげ畑は子供の格好の遊び場だった。 寝転がったり、首輪を作ったり、花束にしたり、 あのころの私にとっては、ただひとつの息抜き場だったかもしれない。 帰れば、掃除、ご飯の用意、果てしない勉強、なんにもならないのに、 下校の途中のれんげ畑は、私の命の息抜きだった。 どこまでも続く、あの世まで続くは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください