初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と

はつもうで さいせんばこの ひろびろと

大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。
先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。
的が広いから、失敗することはまずありません。
今年も何事もなく、穏やかに暮らせますように。

この句も読まれています。

坊 が つ る 色 な き 風 の 表 敬 す 坊がつる いろなきかぜの ひょうけいす九重連山。1700m級の山が連なり、四季の魅力があふれています。坊がつるは湿地です。ミヤマキリシマは、九重に自生するツツジ科の花です。また小規模ながら、個性的な温泉が多く、秘湯ファンに愛されています。色なき風は、秋風のことです。むかし中国では、秋の色は白とされて...
う か と せ ば 共 喰 ひ な る ぞ 枯 蟷 螂... 蟷螂(かまきり)は、肉食性で小さい昆虫などを捕らえて食べる。 雌の肉食性が強いため、交尾のとき雄は頭部を食われてしまうこともあるという。 交尾後、雌は木の枝などに卵を産みつけて死んでゆく。 身体はみずみずしい緑色だったものが、だんだんと枯葉色に近づいてゆく。 交尾の最中に、相手にアタマ齧られるってど...
新築の マンション春の 空取られ 少し離れた、道路を挟んだところに、新しいマンションができた。 今まで部屋から見えていた、空が、5分の4くらいに 減った。駐車場になるはずだったのに。 布団に寝ると、右も左もマンションになった。 隣のばあちゃんのとこに、救急車が来たとき、 マンションのベランダにびっしり人が出てきて、 花火大会のときと...
秋灯に 栞(しおり)の紐の 新しき 新しい本の匂い。インクの匂いか、紙の匂いか。 真ん中あたりのページに、ぺったりと張り付くように挟まった 栞替わりの紐を引っ張り出すのも楽しい。 本屋のカバーをとって、和紙のかわいいものに変えた。 眠れない夜に。少し元気なときの時間つぶしに。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください