初 蝶 の 日 を 吸 い 尽 く す 息 を す る

はつちょうの ひをすいつくす いきをする

今年初めて蝶を見ました。
モンシロチョウではなく、なんとアゲハチョウでした。
それも花にではなく、鉄製の柵にとまっているのです。
蝶はてっきり蜜を求めて、ヒラヒラと動き回るものだと思っておりましたから、驚きました。
とてもいい天気で、全身に陽を浴びることが目的だったのかとも思いました。

この句も読まれています。

秋海棠 差し伸べる手の 頼りなく 苺のような葉っぱに、桃色の花が枝を伸ばし伸ばし花をつけている。風が吹けば折れそうな花である。名前が素敵。 ベゴニアのようにも見える。...
春 の 雨 樹 々 潤 し て み も ざ 打 つ... はるのあめ きごうるおして みもざうつ 春の雨です。 雨はあられに変わったようです。 多くの樹々の栄養になったには違いないのだけれど、満開のミモザには痛手かもしれない。 降るような黄色の花が、どうかしばらくそのままでいますように。...
言い足らず 説明しすぎて 余寒かな 言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、 説明が過ぎて誤解され、後悔することする ことしきり。電話ではなお。そうやって 苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離 をとって、仕切り直し。深呼吸。...
盆なれば 仏はどこに おわします 自分は仏様の救済名簿から漏れているんじゃないかと思うことしばしば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください