初 蝶 の 日 を 吸 い 尽 く す 息 を す る

はつちょうの ひをすいつくす いきをする

今年初めて蝶を見ました。
モンシロチョウではなく、なんとアゲハチョウでした。
それも花にではなく、鉄製の柵にとまっているのです。
蝶はてっきり蜜を求めて、ヒラヒラと動き回るものだと思っておりましたから、驚きました。
とてもいい天気で、全身に陽を浴びることが目的だったのかとも思いました。

この句も読まれています。

初 詣 迷 子 は 社 務 所 ヤ ク ル ト さ ん... はつもうで まいごはしゃむしょ やくるとさん なんせ人が多いものだから、繋いでた手がほどけたのでしょう。 子どもは社務所に連れてこられ、巫女さんたちも忙しいのに、一生懸命泣きべそのご機嫌をとってくれて、さらにヤクルトが渡されると、すっかり泣き止んだようすです。...
人混みに 見覚え冬帽 声かけず あっあの人だと思うことたまにあるが、よっぽどの ことがない限り、声はかけない気がする。 懐かしいんだけど、わざわざ自分の今を語る気もせず やり過ごすことが多い。 あの人といっしょに働いた時代があって、けっこう楽しかったと思う。...
綻 び て 野 梅 も 欲 し き 褒 め 言 葉... ほころびて のうめもほしき ほめことば 梅園には梅が盛りです。 寒さのゆるんだ午後には、散策の人々が、その美しさを愛でながら、ゆったりと時間をかけて見て回る姿があります。 野梅は自生です。 山にある、人間の手の入らない梅ですから、自由といえばそうなのですが、たまには良く咲いたとか、立派なもの...
鎌 首を も た げ し を ろ ち 神 楽 に は... かぐらには おろちたいじや そこかしこ ずいぶん前、「一枚の葉書」という映画がありました。 戦争に翻弄される家族、そして戦死者の妻のその後のはなしだったと思います。 主演はたしか、大竹しのぶ。 神楽のシーンがあり、大蛇(オロチ)退治でした。 先日、隣町の夜神楽も、やはりオロチ退治。 禍を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください