初桜 この驚きの ままに居よ

咲いた。桜がとうとうというか、やっと
というか咲いた。いっぱいの蕾のなかに
ほんの二つ三つ。このままでいい。この
ままがいい。いずれ満開、そしてはらは
らと散りはてる。なんかそれまで落ち着
かない。このままがいい。

この句も読まれています。

喪 服 持 て 駆 け つ け 帰 る 秋 暑 し... もふくもて かけつけかえる あきあつし 90を超えた親が入院したときけば、遠方から子どもたちが駆けつけます。 何度も往復できないから、みんな喪服持ちです。 ところが思いのほか体力があり、ずんずん快方に向かえば、仕事もあることだし、早々に帰って行きます。 良かったという思いと、まったく人騒がせ...
雪霰 いやと言うほど 叩かれて 今年はじめてのあられ、もう寒くて寒くて 季節感などありもしない。 なんでこんな日に仕事なん。 べしょべしょに濡れた。 研なおこの「あばよ」明日も今日も留守なんて~見え透く手口使われるほど 嫌われたならしょうがない~黙ってアバヨと気取ってみるさ なんでこんな唄がうかぶのか、情けない。...
産 院 の 建 つ 春 田 な り 遺 跡 出 ず... さんいんの たつはるたなり いせきいず 隣町には、産婦人科医院が一軒もないらしく、今度ようやくできることになりました。 菜の花やえんどう豆やネギ坊主の畑をユンボが掘り返し、黒土の見るからに良い畑だとわかる土が出てきたと思ったら、そこで工事が止まってしまいました。 遺跡が出て、発掘調査が行われる...
夏みかん 健闘最後は 歯を武器に はじめから、手だけで剥くことは諦めている。 まず上と下を包丁で切り落とし、刃先で上から下にスジをつけ、 それからようやく手を使う。 問題なのは、包丁やナイフがないとき。 おそまつくんのイヤミみたいに、歯を使うしかないではないか。 ぜったい人には見せられない。 よかったらクリックください。励みになりま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください