初桜 この驚きの ままに居よ

咲いた。桜がとうとうというか、やっと
というか咲いた。いっぱいの蕾のなかに
ほんの二つ三つ。このままでいい。この
ままがいい。いずれ満開、そしてはらは
らと散りはてる。なんかそれまで落ち着
かない。このままがいい。

この句も読まれています。

オ カ リ ナ の 唄 の み 届 け 冬 銀 河... オカリナは、素焼きの陶器で作られたものから、プラスチックや樹脂といわれるものまで、その種類は多いと聞きます。 土の種類や焼き方で、微妙に音色が変わるデリケートな楽器だそうです。 その素朴な音色は、他の楽器にはない優しさがあり、どんな気分も引き受ける度量の深さのようなものを感じます。 わたしのような、...
露 揺 れ し 滑 り や す さ に ま た 滑 り... つゆゆれし すべりやすさに またすべり 道端の草にも、シュウメイギクの葉にも、秋は朝霧が降ります。 大きな水玉は、見るからに不安定で、ぽたりと落ちそうで落ちないと思ったら、耐えられずに落ちた。 ひとつひとつで、全体の均衡がとれていたものだから、崩れるともうつぎつぎ。 日が照り出すと、いっせい...
爆 雷 や 留 守 番 の子 膝 を 抱 き home alone / s_herman なにかしら恐ろしいものが近づいてくる。 玄関で、膝小僧をだいて、一人留守番の子。 子ども好きではないけれど、可哀想で、可愛らしい。...
湧 き 落 つ る 瀧 と 見 紛 へ こ で ま り や... わきおつる たきとみまがえ こでまりや コデマリは、挿し木で付くので、はじめはほんのひと枝から。 何年も忘れていると、そのうち花をつけるようになり、大きく成長し、垣根を越え、盛り上がった滝が勢いよく落ちるような迫力です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください