初桜 この驚きの ままに居よ

咲いた。桜がとうとうというか、やっと
というか咲いた。いっぱいの蕾のなかに
ほんの二つ三つ。このままでいい。この
ままがいい。いずれ満開、そしてはらは
らと散りはてる。なんかそれまで落ち着
かない。このままがいい。

この句も読まれています。

2016年あけましておめでとうございます。... 本年も季節を感じて、心を詠んでまいります。 何卒、よろしくお願いいたします。
犬ふぐり 水田(みずた)の堰(せき)の すぐそこに... 青くて小さい犬ふぐりの花を見つけると ほんとに春が来たと思う。幼い頃花だけ をそおっと取って、少し動くとすぐ散っ てしまうのを何度も経験した。幼い頃の 想い出になくてはならない犬ふぐり。水 のあるところにこじんまりと群生してい るのを見つけて、うれしかった。...
身 の 次 第 触 れ ず ひ た す ら 夏 を 言 ふ... みのしだい ふれず ひたすら なつをいう ドラッグストアで、何十年ぶりに年賀状のやり取りだけの友人とばったり会いました。 とても明るくて、やたら明るくて、自分のことはピタリと話さず、もっぱらこの夏の暑さと人の消息ばかり。 みんないろいろ大変なんだと思いました。...
ツワブキの 苦味噛みしめ 夏の宵 アクがあるから美味しい。人間も少しはアクのある方が面白い。お利口さんのイイコブリッコと話ができるほど、元気ない。疲れることばっかり。考えてもしょうがないことばっかり。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください