初桜 この驚きの ままに居よ

咲いた。桜がとうとうというか、やっと
というか咲いた。いっぱいの蕾のなかに
ほんの二つ三つ。このままでいい。この
ままがいい。いずれ満開、そしてはらは
らと散りはてる。なんかそれまで落ち着
かない。このままがいい。

この句も読まれています。

衣替え 箪笥(たんす)の底の 新聞紙 衣替えをした。 毎年、もっと早くするのだけど、 今年はいつまでも寒くて、遅くなっていた。 わたしは、引き出しの下に、新聞紙を敷く。 もっといいものがあるようだけど、むかしと同じことをしている。 衣替えは、その新聞紙を読みながらやるので、遅々として進まない。 人はやればいい。ほんの少し前のことも 忘れ...
口 蹄 疫 牛 の 怨 嗟 や 遠 い 夏 こうていえき うしのえんさや とおいなつ 宮崎県で、おそらく韓国から持ち込まれたとウワサの肉牛の病気、口蹄疫なるものが蔓延し、多くのウシが注射一本で殺され、埋められ、(ほとんど生き埋めに近いと思われますが)、酪農家の生活をおびやかし、これだけはと、嘆願された種牛も、すべて殺すことになった、悪夢があ...
激しゅうて 墓石洗う 秋の雨 長いあいだ降らなかったと思ったら、 この激しさはなんだろう。 天が破れたような雨は、あらゆるものを激しく叩き、 墓石までも洗い出す。...
終 着 の 枕 木 高 く別 れ 霜 しゅうちゃくの まくらぎたかく わかれじも 終着駅では、駅舎と列車が並列ではなく、直角に向き合います。 これ以上列車が進むことはないのだけれど、用心のためか、枕木を積み上げてまるで「ここでおしまい」と言ってるみたいです。 とっくに春なのに、ときたまアラレが降ったりする時季です。 忘れ雪とか忘...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください