分 か れ 道 選 び 損 ね し 遠 き 夏

わかれみち えらびそこねし とおきなつ

あまり深く考えずに、「まっ、いいか」で動くクセがあります。

そのせいで数えきれないほどの失敗を重ね、人生は中央道を離れ、けもの道に迷い込んだ感あり。

人生の失敗は、ほんとは取り戻せないし、後戻りもできないことをみんな知っているクセに、

「やり直せる。頑張れ」と親切ごかしに励ましたりします。

どうせ他人事。

放っといてちょうだい。

この句も読まれています。

ユ ト リ ロ の 寂 し き 白 や 夏 終 は る... ゆとりろの さびしきしろや なつおわる ユトリロ。 1955年11月まで生きたフランスの画家。 生まれは私生児。 さらに母親は育児放棄。 それだけでも、充分気鬱ですが、どうも母親譲りの精神病の遺伝子のようなものを持って生まれたような説明です。 そのうえ、重度のアルコール依存症で、10代の頃より、精...
寒の月 欄干照らし 水に落つ 冬の月は、凍てつく寒さの中、一段と冴える。 橋の欄干を照らし、そのまま川に落ちたように、川面に映る。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
はしり梅雨 グリンピースの ご飯炊く... 豆ご飯は独特のにおいがして、嫌いだという人もいるが、わたしは春のにおいがして好きで す。炊飯器のふたを開けたら、湯気といっしょに豆のかおり。色もあざやかなつやつやの緑色 塩は少しにしている。グリーンの色が落ちるのがいやで、保温はしない。なるべくすぐ食べてし まう。おかわりしてしまうのが、困ったこと。...
花八手 普通の暮らしの 日々のよに... 普通の暮らしほどいいものはないと、このごろ思います。 毎日がちょっと見ると同じように過ぎていく、でもそんななんでもない日常に支えられて、 人は成長するのだと思います。 一日を大切に丁寧に生きる。 わかっていても、なんかあったらバタバタと慌てて、丁寧どころじゃなく落ち込んでしまう、 そんな自分がいやに...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください