分 か れ 道 選 び 損 ね し 遠 き 夏

わかれみち えらびそこねし とおきなつ

あまり深く考えずに、「まっ、いいか」で動くクセがあります。

そのせいで数えきれないほどの失敗を重ね、人生は中央道を離れ、けもの道に迷い込んだ感あり。

人生の失敗は、ほんとは取り戻せないし、後戻りもできないことをみんな知っているクセに、

「やり直せる。頑張れ」と親切ごかしに励ましたりします。

どうせ他人事。

放っといてちょうだい。

この句も読まれています。

焦 が る れ ば 秋 霖 を 行 く 火 を 抱 へ... こがるれば しゅうりんをゆく ひをかかえ 人を恋うということは、まことにやっかいなモノを心に持ちまわるということで、さんざんな思いをしてひどく疲れるのは本人だけ。 ましてや人目にそれとわかるのではないかとかまで心配しだすとキリがない。 火の玉を持つというかタイプのちがう憂うつを抱え込んだ感じで...
青 葉 風 大 樹 半 身(はんみ)を 揺 る が せ り... 青葉の風が一面を吹き渡る。大地に大きな揺らぎをもたらして。小さな樹や草は、全身を持って行かれそうになる。大樹はそうそう驚きはしないが、半身は風に任せて、木の葉はざわざわと音をたてる。...
今更に 暦求めて 小正月 年の暮れにカレンダーを頂いた。 植木屋さんや、保険屋さんや、美容室…。 ダサいダサいって、ポイポイ捨てた。結果、ウチにはカレンダーが無い。 百円ショップにも、無印にも、もう置いてない。 反省している。 よかったらクリックください。励みになります。...
降るもみじ 掃く手をとめて しばし見る... こんなにも一瞬に散るのかと思った。桜の花びらが散るのとおんなじ。紅葉といっても色さまざま。もったいない気がする。山ごと散るかと思うほど。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください