出 棺 の 今 日 吹 か ず と も 春 一 番

しゅっかんの きょうふかずとも はるいちばん

今の時季、春のはじめのころに吹く台風並みの強い風です。

花粉もホコリも舞うため、厄介で、花粉症には辛いです。

今は、たくさんの大きな病院がいっせいにと言ってもいいタイミングで、改築されましたので、以前とは比較にならないほど、立派になり、そのうえ以前とは考え方も変わったようです。

ひと昔前の大学病院では、遺体の搬出口のすぐとなりは、ゴミの集積所でした。

ドアは横開きではなく、丸いノブを回して押して開けるタイプで、力を入れて押さえておかないとバタンと閉まってしまう。

目を開けていられないくらいの風、ホコリの舞う中、なんせゴミ置き場の横でもありますし、春一番の吹くときに、ストレッチャーから、葬儀屋のバンに移すのは大変でした。

間口は狭く、棺の両横にペタッと、棺に張り付いた形つまり、ドアに向かって真横にならないと、二人通るのはムリ。

病院は病気を治すところですから、死んだら早く連れ帰れ、ベッドを開けろとしか思わないのでしょうが、なんともむなしい気分でした。

ただタイアップしている葬儀屋はあって、病院が勧めてきます。

お一人様幾らで、キックバックがあるのでしょう。

国立の大学病院なのに、おかしなことです。

あれ以来、どんな大病しても、あそこは御免こうむりたい。

この句も読まれています。

玄関に 松の息吹く 淑気(しゅくき)かな... 淑気とは、なごやかでおめでたい空気のことらしい。 松は手がかかる、お金がかかると、この頃では 庭木に見ることが少ない感があるが、手入れの行き届いた 大きな松が玄関に枝振り良く配されているのはいい。 特に新年には、空気がしゃきっとなる気持ちがする。...
薄 紅 の 花 の 雫 は 顔 で 受 く あっという間に満開です。 宵の口散歩しながらの花見に、ぱらと雨が落ちてきて、下から花を見上げていた人の顔に桜の雫が降っています。...
秋深けて 夢また夢を 繋ぎおり この寒さの中でも、私は少しだけ窓を開けて寝る。ベッドの脇の窓。 そして小さい電気毛布でお腹のとこだけ温める。 そうすると寝つきもいいし、幸せになるのです。 夢から夢彷徨い歩いてとろとろと眠ります。 秋から冬にはお勧めです。...
指 さ す ば 落 つ る 気 の せ り 沙 羅 の 花... 釈迦由来の「沙羅双樹」からきているという。 でもじつは、仏教とは無関係らしい。 10mを越えるものもあるとか。 ひそやかに咲く。 芯が黄色で、花びらの白い儚げな綺麗な花をつける。 すぐ散りそうで、実際花は花の形のままで、そこらに落ちている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください