出 棺 の 今 日 吹 か ず と も 春 一 番

しゅっかんの きょうふかずとも はるいちばん

今の時季、春のはじめのころに吹く台風並みの強い風です。

花粉もホコリも舞うため、厄介で、花粉症には辛いです。

今は、たくさんの大きな病院がいっせいにと言ってもいいタイミングで、改築されましたので、以前とは比較にならないほど、立派になり、そのうえ以前とは考え方も変わったようです。

ひと昔前の大学病院では、遺体の搬出口のすぐとなりは、ゴミの集積所でした。

ドアは横開きではなく、丸いノブを回して押して開けるタイプで、力を入れて押さえておかないとバタンと閉まってしまう。

目を開けていられないくらいの風、ホコリの舞う中、なんせゴミ置き場の横でもありますし、春一番の吹くときに、ストレッチャーから、葬儀屋のバンに移すのは大変でした。

間口は狭く、棺の両横にペタッと、棺に張り付いた形つまり、ドアに向かって真横にならないと、二人通るのはムリ。

病院は病気を治すところですから、死んだら早く連れ帰れ、ベッドを開けろとしか思わないのでしょうが、なんともむなしい気分でした。

ただタイアップしている葬儀屋はあって、病院が勧めてきます。

お一人様幾らで、キックバックがあるのでしょう。

国立の大学病院なのに、おかしなことです。

あれ以来、どんな大病しても、あそこは御免こうむりたい。

この句も読まれています。

山 道 は ま た 苔 む し て 秋 の 雨 さんどうは またこけむして あきのあめ 夏の登山シーズンには、多くの人が登り下りするため、細い、山道は踏み荒らされてしまったけれど、この秋の長雨で、また元に戻るといいと思っています。 故郷の山は、知らないうちに、八合目までバスで行けるようになったという。 まったく余計なことばっかりする。...
冴 え 極 む 冬 三 日 月 に 刺 さ れ た り... 月の色がちがう。 冬の、とくに凍てつく夜は。 山吹色に近い、強い黄色。 板金で作ったような鋭角。 驚くほどくっきりしている。 お月さまも、あまりの寒さで凍りついたのかもしれない。 画像提供:Crescent moon - bulan sabit / emrank...
受 け 売 り は お や め 夏 ば て 酷 う な る... うけうりは おやめなつばて ひどうなる 息するのもたいへんな酷暑です。 今朝のワイドショーで知った情報をまことしやかに喋らないで。 わたしも見た。 黙って前へ進みなさい。...
蚊帳(かや)の季(き)に 入れず過ごした 幾夜なり ... わたしは継母に虐待されていたせいか、大きくなるまで、おねしょがなおらなかった。その罰に、夜中に蚊帳からたたき出された。一晩中まんじりともせず、眠気と蚊に戦った。長い長い夜だった。真っ暗闇で、何時間も何時間も。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です