出 棺 の 今 日 吹 か ず と も 春 一 番

しゅっかんの きょうふかずとも はるいちばん

今の時季、春のはじめのころに吹く台風並みの強い風です。

花粉もホコリも舞うため、厄介で、花粉症には辛いです。

今は、たくさんの大きな病院がいっせいにと言ってもいいタイミングで、改築されましたので、以前とは比較にならないほど、立派になり、そのうえ以前とは考え方も変わったようです。

ひと昔前の大学病院では、遺体の搬出口のすぐとなりは、ゴミの集積所でした。

ドアは横開きではなく、丸いノブを回して押して開けるタイプで、力を入れて押さえておかないとバタンと閉まってしまう。

目を開けていられないくらいの風、ホコリの舞う中、なんせゴミ置き場の横でもありますし、春一番の吹くときに、ストレッチャーから、葬儀屋のバンに移すのは大変でした。

間口は狭く、棺の両横にペタッと、棺に張り付いた形つまり、ドアに向かって真横にならないと、二人通るのはムリ。

病院は病気を治すところですから、死んだら早く連れ帰れ、ベッドを開けろとしか思わないのでしょうが、なんともむなしい気分でした。

ただタイアップしている葬儀屋はあって、病院が勧めてきます。

お一人様幾らで、キックバックがあるのでしょう。

国立の大学病院なのに、おかしなことです。

あれ以来、どんな大病しても、あそこは御免こうむりたい。

この句も読まれています。

人生に 無駄一つ無しと 盆の雨 紆余曲折 もっと早く方向転換すれば良かったとか、もうちょっと踏ん張れば、 なんか違ったんじゃないかとか、思うことはいっぱいあるけれど、 済んでしまったことは仕方ない。 無駄だったと思うことが、もしかして意外な人生の肥料になってくれていればと 思ったりする。 いい年して、新人と呼ばれているから、辛い。...
つくつくの 声も聞かぬに 秋の風 ツクツクボウシはどこへ行ったのでしょう。 あの声を聞くと、ああ暑い夏ももう少しの辛抱だと思ったものです。 そうこうしてるうちに、すこうしずつ涼しくなってきたものです。...
か き 氷 こ め か み 痛 む 頃 小 豆 子どもの頃は、かき氷が上等のおやつだった。 「 氷 」と書いた暖簾をくぐり、席に座り、どれにするか自分で決めるのだけれど、そこはどうしても連れて来てくれた人の財布の具合によるところが大きくて、ただオレンジや赤や緑色のシロップをかけたものになることが多い。 それぞれに蜜柑、桃、メロンと付いているけれど...
前 々 の 人 先 達 に 盆 踊 り nishimonai bon odori/西馬音内盆踊り / Yuki Yaginuma 入れと言われて、踊りの輪に 入ったけれど、どうにも自信 がない。上手そうな人を物色 して、勝手に先生にして、真 似して踊るしかない。たかが 盆踊りと侮るでない。中学生 の頃、地域の夏祭りで、盆踊 りがあり、日...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください