冷 素 麺 茗 荷(みょうが) も 葱 も あ り っ た け

こんなに涼しくなってから、そうめんの句などおかしいけれど、わたしには、そんな変な嗜好がある、ときどき。
真冬にそうめん食べたくなったり、真夏に鍋したり。
冷奴は一年中。
薬味が大好きで、葱、紫蘇、生姜、茗荷。
つけ汁にとっぷり入れて、薬味まみれで食べるのがいい。

この句も読まれています。

明 る か り 見 ず と も 知 れ し 雪 催 い... あかるかり みずともしれし ゆきもよい 雪が降る朝は、冷え込みももちろんですが、静寂がちがう気がします。 何が変わったわけでもないのに、雪の持つ独特の空気は、寝ていてもわかるものです。 雨戸のわずかなすき間から、光のような白が目に入ります。 めずらしく天気予報が当たったようです。...
壊 れ 簗 こ の ま ま で 置 け 今 暫 し... こわれやな このままでおけ いましばし まちがって魚が上がってくるように仕掛けたもの。 ここを通ればまちがいなく掴まる。 大水で、あちこち補修の必要な箇所が生じ、ヤナの修繕どころではなかろう。 しばらくこのままサカナを通してやってほしい。...
彼岸なり 遭いたい人の 二三人 彼岸がどういう意味があるのか、よく知らない。昼と夜の時間が同じになるとか、そのくらい。あの世とかかわりがある のだろうか。わたしは身内と縁が薄く、甘えたい人、親しみたい人とそうそうしゃべることもなかった。そうこうしてるうち に、老いて死んでしまった。遭って聞いてみたいこともあるのだけれど、そんなこと...
枇 把 取 り て 便 箋 雫 の 滲 み け り... 枇杷をもいだ。 ひとつ皮を剥いたのが、迂闊だった。 すっかり熟れて、果汁が滴り落ちるほど。 大きな種までつやつやしている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください