冷 素 麺 茗 荷(みょうが) も 葱 も あ り っ た け

こんなに涼しくなってから、そうめんの句などおかしいけれど、わたしには、そんな変な嗜好がある、ときどき。
真冬にそうめん食べたくなったり、真夏に鍋したり。
冷奴は一年中。
薬味が大好きで、葱、紫蘇、生姜、茗荷。
つけ汁にとっぷり入れて、薬味まみれで食べるのがいい。

この句も読まれています。

真 夜 の 雷 賽 の 河 原 に 人 探 し まよのらい さいのかわらに ひとさがし おかしな夢をみたものです。 きっとイナビカリをともなう激しいカミナリのせいでしょう。 三途の川の河川敷、サイノカワラで、うろうろと、なつかしい亡くなった人を探しているのです。 日ごろはもうすっかり忘れているのに、忘れていないんだとわれながら驚きです。...
薄墨(うすずみ)の 花打つ雨に 時忘る... 桜は色が薄いのがいい。雨に咲く花は 一段とうつくしい。満開間近の花にも 容赦なく雨が降る。この雨は止む気配 もない。湖に張り出した桜は少しずつ 花を水に散らしながら、しょうしょう と降る雨のなかにいる。...
小判鮫 寒の水にも 増殖す 強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。 小判鮫は、寒さなんかに負けません。 わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。 ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。 人がどう動こうが、関係...
思いきり 青笹叩く 走り梅雨 いきなり大粒の雨。 今日から梅雨と、さっきラジオが言ってた。 笹の葉に打ち付ける雨音は、トタンの屋根を打つ雨音とよく似ていて、激しいものだ。 明日から毎日雨だと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です