冷 素 麺 茗 荷(みょうが) も 葱 も あ り っ た け

こんなに涼しくなってから、そうめんの句などおかしいけれど、わたしには、そんな変な嗜好がある、ときどき。
真冬にそうめん食べたくなったり、真夏に鍋したり。
冷奴は一年中。
薬味が大好きで、葱、紫蘇、生姜、茗荷。
つけ汁にとっぷり入れて、薬味まみれで食べるのがいい。

この句も読まれています。

映画 「 残 穢 ( ざんえ ) ー住んではいけない部屋ー 」... 観てきました。 大好きなホラー映画。 実話である。 現在の北九州市に、小さいながらも炭鉱を経営する奥山という家があった。 戦前のこと。 当時、炭鉱は何処も劣悪な労働環境で、事故は頻発し、補償すらまともになされなかった。 奥山家経営の炭鉱も例外ではなく、それどころか大きな炭じん爆発を起こし、100人を...
吊るされて 心根(こころね)矯正 唐辛子... 真っ赤になって、どれもこれもどこか曲がっている。 へそ曲がりか、頑固者か。 縛られて、吊るされて、少しはましになりなさい。...
冬 紅 葉 せ せ ら ぎ 枯 れ し 小 川 岸... そこいらの紅葉がほとんど葉を落としてしまっても、鮮やかな色を保ったままの美しい紅葉。 冬紅葉。 蛍が見られたころは、水量も多く豊かな流れだった小川が、冬ざれた今となっては、水枯れしてみる影もない。 せせらぎの合流地点には、楓の大木が、枝ぶりも良くこの寒空の下立派な冬紅葉となっているのを見つけて、ちょ...
花椿 花片(かへん)の重ねの 丁寧に... 山茶花は垣根にあって、いっせいにざっと咲く印象です。 椿は一本一本の木に、一花一花重厚に咲きます。 花弁は厚く、その重なり様も丁寧で、真ん中の芯のところも、まるで高価な和菓子のようで美しいものです。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください