冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず

ふゆそうび あしたのそらを うたがわず

なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。

春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。

かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好きです。

あしたを信じて疑わない姿に力をもらう気もします。

この句も読まれています。

もうまたと 蚊取り線香の 頃になり... 大きな薮蚊を見つけた。蚊と蠅とゴキブリは許さない。蚊取り線香でないといけない。なんかリ キッドタイプとか、煙の出ない新兵器じゃだめなのです。蚊取り線香は普通のタイプと長時間タ イプと揃えている。それもキンチョウでないといけない。香りがちがう。...
大 方 の 罪 償 へ ず 残 り 鴨 おおかたの つみつぐなえず のこりがも 罪というのは、警察に捕まるようなことだけではありません。わたしには、いっぱいいっぱい罪があって、思い出すのも苦痛なのです。残り鴨。春になって、大方のカモが北へ渡るのに、そのまま居残っているカモのこと。理由はわかりません。けがをしたのか、体調に自信がないのか。も...
爛漫に 向けて準備の 春の雨 ひと雨ごとに春になる。わたしは春はあまり好きじゃない。紫外線多いし、光が増えて、顔のアラがよく見えて、さらにブスになるから。ただ草木が芽吹き、命の勢いを感じるのはいい。...
川風の 冷たきところ 野水仙 陽射しはもうすっかり春だが、風の冷たさは どうだろう。堤防から、川に降りるところど ころ水仙は群生している。誰が植えたわけで もなかろう。野水仙は強い。川風に晒されな がら、折れもせず。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください