冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず

ふゆそうび あしたのそらを うたがわず

なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。

春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。

かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好きです。

あしたを信じて疑わない姿に力をもらう気もします。

この句も読まれています。

冬 の 陽 を 見 据 へ 丹 田 息 を す る... ふゆのひを みすえたんでん いきをする タンデンというのは、胃の後ろあたりでしょうか。 腹を据えるというイミで使われることあります。 この一年もう終わろうとしています。 来年がどんな年か、想像するだに恐ろしくもあるのですが、とにかく来年は来るのです。 ジムと歯医者を継続する。 サイフが売...
蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る... せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる 裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。 灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。 セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。...
杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り... ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり 誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。 別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。 杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂い...
しっかりと 踏みしめ歩くか 母のありせば... もしわたしに母がいたなら、ずいぶんと楽に生きられたのではと、つい思ってしまう。人に愛された経験のない人間は人を愛することができないとはよく聞くことである。自分では、土台がしっかりしていない砂地に木を植えたような感じがしている。あとから頑張っても、肥料を入れても、栄養のない砂地に植えられた苗木がちゃん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください