冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず

ふゆそうび あしたのそらを うたがわず

なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。

春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。

かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好きです。

あしたを信じて疑わない姿に力をもらう気もします。

この句も読まれています。

もの想う ふとした時に 日は落ちて... 春の夕暮れの空の色の変わりようを、しっかり見ようと決めて歩き出したのに、薄墨から群青に変わるころ、ふっと考えごとをしたほんの一瞬に、とっぷりと暮れてしまった。うらうらと気分のいい日のくれ。...
荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て あらぼしや にくしんのえん うすきとて 年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。 人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。 ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。 もしかしたら当たっているのか...
誰彼も 忙しくして 梅雨に入る 今日から梅雨らしい。 雨は一滴も降らないけど、そういわれればなんとなく梅雨の空か。 皆さんお忙しいのか、おかげさまで私にはみっちり時間がある。 誰もあたしを誘わないから、こんなときこそ洋裁の宿題をしたり、本を読んだりしよう…と思う。 が、それにしてもわたしは忘れられてしまったのか。 なんなんだ。...
なぜかもう 隠し隠して 木の葉髪 なんでかわからないけど、最近抜け毛が多い気がする。昔から細くて、やわらかくて、あんまり多くないのに。輪ゴムでまとめても、いつのまにかするっと抜けてるし、ゴムが。あたいはこんなことでは終わらないぞ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください