冬 耕 や 絵 画 の ご と き 暮 色 か な

DSC00181-
DSC00181- / misawakatsutoshi

山の迫る、狭い土地を耕す人がいる。列車の窓から、まず空が広がり、山が迫り、もうまもなく日が暮れるというのに、鍬を持ってひとり農作業。絵になると言えば、失礼にあたる。人生とは、こうやって行くものかもしれない。

この句も読まれています。

関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい 関門海峡の春。 浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。 空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。...
蚊 遣 焚 く 煙 の 流 れ 定 ま ら ず 風上に置こうとしているのだけれど、煙はふらふらと向き定まらず。日曜日は朝から蚊取り線香。
露草と 深呼吸して 日の始め やりがいの無い仕事をしている。朝、車を留めて、少し歩く。畑のあぜ道に放り出されたように、露草が群生している。 このごろはつゆがおりて、すがすがしい。あー、今日もつらい一日が始まる。でも露草と会うのはうれしい。...
世の中は クリスマスだと 走りだし 気のはやいこと。あのイルミネーションや音楽に心おどるひと、沈む人、あれ見ると、余計心が寒くなる。やめてほしい。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください