冬 耕 や 絵 画 の ご と き 暮 色 か な

DSC00181-
DSC00181- / misawakatsutoshi

山の迫る、狭い土地を耕す人がいる。列車の窓から、まず空が広がり、山が迫り、もうまもなく日が暮れるというのに、鍬を持ってひとり農作業。絵になると言えば、失礼にあたる。人生とは、こうやって行くものかもしれない。

この句も読まれています。

銀杏紅葉(イチョウもみじ) 集まるところは 決めており... 昨夜は嵐のように雨風が吹き荒れて、今朝は一面の落葉が雨に打たれている。 よく見ると、うちの玄関の真ん前に、バケツをひっくり返したように、こんもりと。いつもそう。 風向きが同んなじなのかな。 狭いとこで、いつも同じように風が回るのかな。 iPhoneからの投稿...
満 員 の ト ロ ッ コ 列 車 霧 に 消 ゆ... 阿蘇の噴火警報がゆるんだので、この行楽の季節、観光客が満載です。 人気のトロッコ列車は満員で、歓声を上げて出発です。 秋の霧が出てきたようで、お天気はいいものの、見晴らしはいまひとつ。 霧に包まれて見えなくなるトロッコ列車を見送るのも一興です。...
歳 時 記 に 去 年 の 栞 や 散 紅 葉 さいじきに こぞのしおりや ちりもみじ 一年を通した季節感や、行事、しきたり、季語などをわかりやすく編集したものが、歳時記です。 24節気や、月の呼び名など、知らないことが多いので、重宝しています。 秋のページに紅葉の押し花。 去年、拾ったものを、挟んで忘れていたものと思われます。...
熱燗の しびるるままに そのままに... ただ喉を越すそのときだけは、何も思わず考えず。 のしかかり、責めて来るいくつかの十字架をほんの一瞬おろす。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください