冬 耕 や 絵 画 の ご と き 暮 色 か な

DSC00181-
DSC00181- / misawakatsutoshi

山の迫る、狭い土地を耕す人がいる。列車の窓から、まず空が広がり、山が迫り、もうまもなく日が暮れるというのに、鍬を持ってひとり農作業。絵になると言えば、失礼にあたる。人生とは、こうやって行くものかもしれない。

この句も読まれています。

憂きことは 秋空いっぱい ふくらんで... 心配事は雪だるま、しだいにしだいに転がって、心はいっぱいになる。どこかで歯止めをかけなければ、これ以上膨らまないように。たいていは、なるようになるしかない。心配してもしょうがない。...
花 魁 の 運 び に も 似 て 勝 ち 力 士... おいらんの はこびにもにて かちりきし吉原風俗を代表するといわれるおいらん道中。いわば昔のファッションショー。外八文字を踏みながら、練り歩く姿はプライドのかたまりだったとか。田舎の祭り相撲でも、優勝すれば横綱です。にわか横綱でも、引き上げて行く姿は、それなりの風格を感じるものです。...
つ る 薔 薇 の 盛 り て 鉄 柵 もう 見 へ ず... Rose, Angela, バラ, アンジェラ, / T.Kiya 目隠しに鉄柵を造り、白いつる薔薇を植えた。 冬の間はすっからかんに見えてしまうが、この季節風薫る五月を迎え、葉は生い繁り、隙間もない。 調子に乗って、四季咲きのクレマチスも足した。 白と紫。...
ひんやりと 空気流れる 春日傘 暑いとはいっても、五月。日傘をさせば日差しは防げる。日陰ならまださわやか。春の日傘は 余裕あって、ちょっといい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください