冬 時 雨 種 馬 に あ り 時 間 割

ふゆしぐれ たねうまにあり じかんわり

馬は血統。
父親と母親 が誰かが、いちばん大切なことです。
同じ哺乳類ですから、人間も似たような ものなのに、「努力は天才に勝る」
「天は二物を与えず」などと、いかがわしい嘘くさいことわざがあります。
努力が天才に勝ることはなく、天は二物も三物 も与えます。
それはそれは非情なものです。
馬の話に戻ります。
馬刺しを食べるたびに思います。
おとといまで、佐賀競馬で走っていたのではなかろうか。
なんと楽しみのない生活だっただろう。
神社や観光に回されるのは、まだ運がいいのかもしれません。
気の毒なのは、種馬でしょうか。
能力に 恵まれ、競争に勝ち抜き、そりゃあ大事宝のいい時代もあったと思います。
引退後はどうでしょう。
本人の好き嫌いは、まったく考慮されません。
スケジュールは、バッチリ組まれ、すべてが決められた通り。
走ってる方がまだましだと思っているにちがいないと思うのです。
農耕馬よりはましでしょうけれど。

この句も読まれています。

飲み過ぎた 見上げれば月 暮れの春... 春の夕暮れに誘われて、一杯飲んで、帰り道。 下弦の月は、くっきりと、どこからともなく ジャスミンの重ったるい香り、ああいい季節だと思う。...
柿落ち葉 集まるところは 決めており... 風が舞うのだろう。 落ち葉はなぜか、うちの玄関の前に集合する。 まあ掃除はしやすい、ぱらぱらとあるよりずっと。箒で掃くとちりとりに盛りこぼれるようになって袋に収める。 すぐにいっぱいになって、足で踏んでもう一回。最後の何枚かが、地面に張り付いたようになって、 ちょっと苦労する。むかしは落ち葉を集めて...
ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...
夏 来 た る 蝶 番 に も 油 差 す なつきたる ちょうつがいにも あぶらさす 家も三十も経つと、あちこちに傷みが生じます。 玄関のドアは、背が高くて、重いのが気に入っていたのですが、その重みを、たった二つのちょうつがいで支えていたせいか、微妙に歪んでしまい、開け閉めにコツがいるようになりました。 思い立って、ちょうつがいにミシン油を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください