冬 時 雨 種 馬 に あ り 時 間 割

ふゆしぐれ たねうまにあり じかんわり

馬は血統。
父親と母親 が誰かが、いちばん大切なことです。
同じ哺乳類ですから、人間も似たような ものなのに、「努力は天才に勝る」
「天は二物を与えず」などと、いかがわしい嘘くさいことわざがあります。
努力が天才に勝ることはなく、天は二物も三物 も与えます。
それはそれは非情なものです。
馬の話に戻ります。
馬刺しを食べるたびに思います。
おとといまで、佐賀競馬で走っていたのではなかろうか。
なんと楽しみのない生活だっただろう。
神社や観光に回されるのは、まだ運がいいのかもしれません。
気の毒なのは、種馬でしょうか。
能力に 恵まれ、競争に勝ち抜き、そりゃあ大事宝のいい時代もあったと思います。
引退後はどうでしょう。
本人の好き嫌いは、まったく考慮されません。
スケジュールは、バッチリ組まれ、すべてが決められた通り。
走ってる方がまだましだと思っているにちがいないと思うのです。
農耕馬よりはましでしょうけれど。

この句も読まれています。

花 過 ぎ て ざ ん ざ の 雨 の 潔 し ( いさぎよし )... 花が終わりました。 桜自身も、花見客も、場所取りの人も、出店もみんな、ひと仕事終わった感じです。 もうこの樹は桜かくすの樹かわからないし、どうでもいい。 激しく降る雨が、地面に散った花びらまできれいに洗い流しました。 ここらで不足がちだった水分をしっかり補給して、枝を伸ばし若葉を育てるでしょう。 夏...
冬 芒 下 ろ し の 風 に 傾 き て ふゆすすき おろしのかぜに かたぶきて ここまで、ススキ一色とは。 細い川を挟んで、両岸の広い広い土地は、まったく手付かず。 ススキに覆われ、高い山から吹き下ろす風は強く、毎日毎日、朝から晩まで吹いているものだから、大きく反対方向に傾いています。 白い穂が斜めに斜めにかしいで、風の強さを知ら...
来 し 方 は 真 夜 に 遠 火 事 見 る ご と し... こしかたは まよにとおかじ みるごとし 幼い頃から、ひどい虐待に苦労してきたと思う。 その後もずーっと後も、キズは尾を引き、なかなか生きて行くのは大変だと思いながら、その場その場でいちばんと思うことをしてきたつもりなのに、時間が経ってみると、ほとんどは間違いだったと言い切っていいと思えるのです。 ...
冷 た く も 木 の 芽 起 こ し の 雨 な れ ば... 雪は雨に。 まだ春の訪れとはいかないものの、この雨はまちがいなく春を呼ぶ目覚めの雨となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください