冬 時 雨 種 馬 に あ り 時 間 割

ふゆしぐれ たねうまにあり じかんわり

馬は血統。
父親と母親 が誰かが、いちばん大切なことです。
同じ哺乳類ですから、人間も似たような ものなのに、「努力は天才に勝る」
「天は二物を与えず」などと、いかがわしい嘘くさいことわざがあります。
努力が天才に勝ることはなく、天は二物も三物 も与えます。
それはそれは非情なものです。
馬の話に戻ります。
馬刺しを食べるたびに思います。
おとといまで、佐賀競馬で走っていたのではなかろうか。
なんと楽しみのない生活だっただろう。
神社や観光に回されるのは、まだ運がいいのかもしれません。
気の毒なのは、種馬でしょうか。
能力に 恵まれ、競争に勝ち抜き、そりゃあ大事宝のいい時代もあったと思います。
引退後はどうでしょう。
本人の好き嫌いは、まったく考慮されません。
スケジュールは、バッチリ組まれ、すべてが決められた通り。
走ってる方がまだましだと思っているにちがいないと思うのです。
農耕馬よりはましでしょうけれど。

この句も読まれています。

傘 さ し て ち ょ い と 茗 荷 を 三 つ 四 つ... かささして ちょいとみょうがを みっつよつ お昼はそうめんにする。 庭の隅のミョウガを要る分だけ採って来ます。 雨のなか、パキパキと折って急ぎ足で帰ってきます。 サクサク切れますが、いちばん外側だけは、ちょっと切りにくいのです。 そうめんにはいちばん合うと思います。...
蜻蛉の 先行き後行き 初の盆 初盆の家をたずねて帰る折、後になり先になりしてトンボがとぶのです。 同じトンボではないのかもしれないけれど、亡くなった人をかさねて、思い出すのです。...
百 穀 を 潤 す 雨 を 日 が な 見 る ひゃっこくを うるおすあめを ひがなみる 五穀豊穣をもたらすといわれる穀雨。 これを過ぎると、そろそろ田植えの準備が始まります。 寒い季節が終わりを告げ、たくさんの命が吹き返し、草花が順々に咲きます。 命をはぐくむ雨に感謝しつけられた呼び名だと思います。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください