冬 時 雨 種 馬 に あ り 時 間 割

ふゆしぐれ たねうまにあり じかんわり

馬は血統。
父親と母親 が誰かが、いちばん大切なことです。
同じ哺乳類ですから、人間も似たような ものなのに、「努力は天才に勝る」
「天は二物を与えず」などと、いかがわしい嘘くさいことわざがあります。
努力が天才に勝ることはなく、天は二物も三物 も与えます。
それはそれは非情なものです。
馬の話に戻ります。
馬刺しを食べるたびに思います。
おとといまで、佐賀競馬で走っていたのではなかろうか。
なんと楽しみのない生活だっただろう。
神社や観光に回されるのは、まだ運がいいのかもしれません。
気の毒なのは、種馬でしょうか。
能力に 恵まれ、競争に勝ち抜き、そりゃあ大事宝のいい時代もあったと思います。
引退後はどうでしょう。
本人の好き嫌いは、まったく考慮されません。
スケジュールは、バッチリ組まれ、すべてが決められた通り。
走ってる方がまだましだと思っているにちがいないと思うのです。
農耕馬よりはましでしょうけれど。

この句も読まれています。

緑 陰 の 地 蔵 前 垂 れ 着 替 え た り... PhoTones Works #1970 / TAKUMA KIMURA どこが目か鼻か、ペッチャンコの顔をして、道路脇の田圃の隅に、いつからいるのか、道祖神というより、お地蔵さん。 ちゃんと世話をしている人がいるんだ。 しょぼいけど、花はあるし、エプロン着替えてるし。 立派だ。...
糸瓜棚 子規の景色に あったとか 正岡子規は、脊椎カリエスで、晩年は部屋から出ることがかなわなかったとありました。 床のある部屋の前には、糸瓜の棚が作られていて、それをご覧になったとか。 人はいろいろ頑張ったり、努力したり、悪あがきしたりするけれど、どうにもならないことの 多いこと。 悔しかったり、むなしかったり、先が見えないほどの...
奈良漬けを 肴に今年の 酒を酌む 酒蔵開き、試飲するのだけれど、一杯の今年酒に、秋の陽射しで もおかんがついたかんじ。売ってるのは、奈良漬け、酒まんじゅう、 五目飯、酒粕などなど。 秋の一日。...
早 苗 饗 や お 茶 は や か ん に 二 升 ほ ど... さなぶりや お茶はやかんに にしょうほど 田植えは、今は棚田でない限り、機械で植えます。 だからといって、一家だけで出来るものではなく、近隣の田んぼが共同して行っています。 作業は一日たっぷりかかり、お昼ご飯は欠かせないものです。 おにぎりが主体で、玉子焼きやタケノコ、山菜など、いろいろと工夫が求...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください