冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る

ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる

むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。
最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。
気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。
気づかれないように。
エレベーターの中で、後ろに立って。

この句も読まれています。

放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...
記憶など 流してしまえ 梅の雨 梅雨の雨とは思えぬほどの豪雨、降って降って降りまくれ。野に山に浴びるほどの雨を降らせ、ついでにあの、風呂敷を頭から被りたいような昔のことも流してくれればいい。長く生きると、恥ばかり増えるような気がする。あのオトコも、死んじまえ。...
壷 焼 き を よ く よ く ま ん べ ん な く ま わ す... I ate this. / 顔なし わたしは、サザエの壷焼きが大好きです。 ときたましか食べられませんが、コンロの上に魚やき器を載せて、その上にサザエをおきます。 火を中火にして、あ、その前にサザエのふたの横につまようじをぐぐっとさすのです。 でないと、焼きあがったときに、サザエが真空パックみたい...
本 当 を 言 は ぬ 嘘 つ き 吾 亦 紅 ほんとうを いわぬうそつき われもこう ウソをつく人間だけがウソつきではない。 本当のことを知っていて、知らぬふりして教えないのも、おんなじウソつき。 まだ幼い頃、身にしみて習得したこと。 オトナは子どもをなめている。 なめ過ぎている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください