冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る

ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる

むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。
最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。
気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。
気づかれないように。
エレベーターの中で、後ろに立って。

この句も読まれています。

汗だくで 心を守る 術(すべ)探す... アンタは下品で下劣と言われた。上司に。人の顔色ばかり見ていて、計算高いと。三人しかいない小さな職場で、シーソーのように、どちらかが上がれば、もう片方が蹴落とされる。私に仕事を教えてくれた人が先月辞めた。「あたしは自分から辞めろって言ったことはない。やめざるを得ないところまで追い込むんよ。恐いよあたし...
橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や だいだいの もちのうえなる あやうさや 立派なのは、だいだいだけです。 大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。 かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。 だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという...
終 わ ら な い 女 の 話 梅 雨 の 空 聞きたくない話が続く。どうしてこの人は、わたしがきりあげたがっていることに気がつかないのか。相槌も打つ。笑いもする。だけどなにか感じるだろうに、ふつうなら。おめでたいのか、厚かましいのか。延々と続く。...
気 に 入 り の 夏 帽 の し み 言 は ず お く... この人、会うときはこの帽子ばかり。 よほど気に入っているんだろう。 耳の上のあたりにうっすらシミができている。 黙っていよう。 もう夏は終わる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください