冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る

ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる

むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。
最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。
気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。
気づかれないように。
エレベーターの中で、後ろに立って。

この句も読まれています。

かやの葉が 折れんばかりに 白露かな... わたしはかやが好きです。 小さな株があっという間に大きくなって、ほとほと困るのも本当ですが、 かやは秋の象徴です。 狭い狭い玄関先にかやが生い茂って、秋の風情というよりも、空き家の風情です。...
陰もなし 遺跡発掘 汗しとど 発掘の人たちは、ツバの広い布のぼうしに、タオル、手は腕カバーみたいなものをして、 深い穴を掘っていた、柱の跡でもあったのだろうか。 下で掘る人、土を受け取る人、一輪車に載せて、捨てに行く人。 ジリジリと暑い。...
アスファルト 銀杏落葉の 走る走る... 博多駅の裏、オフィス街に立派な銀杏並木があります。今の季節は黄色の葉っぱがまるで桜がちるように、はらはらと散るのです。地面なら素敵な黄色い絨毯ができるのでしょうが、なんせアスファルト。落ち葉は落ち着くことができないのです。ことに今日のような風の強い日にはビル風に煽られて、あっちに走り、こっちに走りす...
転 ず る も 福 と 為 さ ざ る 盆 の 月... 人生には、取り返しのつかないことが、あちこちに転がっている。 人は、何も考えず、いつも通りに歩き、地雷を踏む。 いつでもやり直せるなんて嘘。 苦しみとやるせなさを背負って、後始末の行脚を行うのが、その人にとっての人生となる。 幸せは、考え方ひとつなんて、気安く言わないであげてください。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください