冬 夕 焼 浄 土 は 西 に あ る と 言 ふ

ふゆゆやけ じょうどはにしに あるという

浄土とは、閻魔様がおいでになるところか。
よくわからない。
以前、職場の隣の席の仲良しに、「あなたは閻魔様に行き着く前に、鬼に、側道に導かれて、そのまま地獄にドボンする」と言われて、なるほどと大笑いしたことがあるけれど、真面目に考えれば、わたしはそう悪い人間ではないと思うのです。
人を傷つけたことがあったかなかったか、自分ではようとして知れず、あったとすれば、継母の虐待があった為と、どうかご容赦頂きたい。
黄泉の国に旅立ったとて、特に逢いたい人もおらず、シャボン玉のように漂うのではと思います。
見かけた方は、お声をお掛けください。
きっと寂しがっていると思います。

この句も読まれています。

『ビールあり 』 幟(のぼり)色褪せ 夏果てぬ... ビールの幟がはためいていた夏。 色褪せて、ようやく夏が終わった気がする。
夏を吐く 夕餉(ゆうげ)の隣 蚊遣り豚... 蚊取り線香の季節になった。蚊は大嫌いだけど、蚊取り線香の匂いは好き。夏の匂い。夕暮れ時、網戸にして、簾を下げて、夕御飯を食べる。日が長い。豚は隣で煙を吐いている。今日も終わった。長かった。...
雛人形 幸多かれと 願うたに 初めてのひな祭り、幸せになりますように 人に愛されるように… 祖父母は祈りをこめて、親たちは未来を夢見、 でもなぜか思うようにはいかず、 つまづいたり転んだり、傷ついたり、 死にたくなったり、おひなさまは あんまり助けてはくれないみたい。...
暮れの春 ヘリコプターの 地雷音 IMGP0079 / fujikinoko 雨が、少しは降ったのだろうか。湿度の高い、ねっとりとした遅い春の暮れ。なんの匂いだろうか、ハーブの種類だろうか、何処からともなく、甘いというか、説明のつかない匂いが満ちてくる。林芙美子の「浮雲」だったか、あの本にある仏印の気候は、こんな感じのもっと強烈なも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください