冬 夕 焼 浄 土 は 西 に あ る と 言 ふ

ふゆゆやけ じょうどはにしに あるという

浄土とは、閻魔様がおいでになるところか。
よくわからない。
以前、職場の隣の席の仲良しに、「あなたは閻魔様に行き着く前に、鬼に、側道に導かれて、そのまま地獄にドボンする」と言われて、なるほどと大笑いしたことがあるけれど、真面目に考えれば、わたしはそう悪い人間ではないと思うのです。
人を傷つけたことがあったかなかったか、自分ではようとして知れず、あったとすれば、継母の虐待があった為と、どうかご容赦頂きたい。
黄泉の国に旅立ったとて、特に逢いたい人もおらず、シャボン玉のように漂うのではと思います。
見かけた方は、お声をお掛けください。
きっと寂しがっていると思います。

この句も読まれています。

冬 ざ れ の 各 駅 停 車 あ の 日 ま で... ふゆざれの かくえきていしゃ あのひまで 懐かしい、懐かしすぎる 街には、多くの場合楽しい想い出だけが残っているわけではないと、わたしだけではなく、一般的にもそうではないかと想像します。 あれもこれも含めての想い出なのです。 もういまの生活では、訪れる機会のない、遠い街に、たまたまその先に用ができ...
折 れ た る も 端 座 し て お り 葱 畠... ねぎ / hiyang.on.flickr 長い畝の先の先まで、葱一色。よおく見ると、途中で折れ曲がったり、少し色が変わったものもあるが、きちんと整列して参加している。冬のはじめの風景です。...
電 飾 や 鍵 穴 見 え ぬ 闇 に 戻 る でんしょくや かぎあなみえぬ やみにもどる イルミネーションのみごとなこと。 以前はクリスマス近く、12月に入ってからだったものが、最近では11月半ばから始まるようです。 冷たい月、凍てつく星そして星屑もなかなかステキですが。 「もろびとこぞりて」と「聖しこの夜」が響いて、博多の駅前は大賑わ...
真 贋 ( しんがん ) の 怪 し さ 忘 れ 春 の 雪... 茶碗。 本阿弥光悦作の名品だって。 ニセモノだろう。 そうに決まっている。 まったくうちの婆さんほどの見栄っ張りは見たことがない。 わかっていて嘘をつく。 見栄っ張り。 この劣悪な遺伝子は確実に受け継がれている。 しょうもない家なのに、遠い遠いはるか遠くの血すじの人間の自慢話をする。 何処の家にも、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください