冬 北 斗 真 夜 に 柄 杓 の 立 ち 上 が り

ふゆほくと まよにひしゃくの たちあがり

北斗七星は、大熊座にあるそうです。
柄杓型の七つ星。
一番よく光る北極星を見つける目印です。
冬に入る頃、まだ寒くない頃は、寝そべっていてよく見えないのですが、冬が本格的になり、寒さが沁みるにつれて、立ち上がって来る感じでしょうか。
柄杓の柄を下にして、くっきりと見える七つの星。
わたしがたったひとつ、自分で見つけることができる星座です。

この句も読まれています。

冷たきは 冷たきままに 秋の風 人は変わらない。 ああそうだった。こんなひとだったと、あらためて思い出して、がっかりしたこと ありませんか。 長く音信不通の二つ違いの妹と、ほんとに久しぶりに話したときも、そうでした。 変わらない、変わらない、いやあなまんま。...
雪 催 い ( ゆきもよい ) 湯 の 華 ご ぼ り と 入 り け り... 別府、明礬温泉の湯の華小屋は、屋根は茅葺きで まるで縄文時代の住宅のようです。 幾つもあって、辺りは硫黄の匂いが満ちています。 ここの湯の華は本物で、どうしても買いたくなるのです。 でも、こんなに入れるつもりはなかった。 湯の華って、温泉気分を味わえる半面、湯舟に色が着いて落ちなくなるおそれがありま...
水落とし 時待つ稲穂の 黄金色(こがねいろ)... 稲刈りの少し前になると、田んぼの水は抜かれ、稲はそれを知ったように 稲刈りの日を待つ。稲穂は垂れ、今年も豊作か。...
天 守 閣 あ り や な し や の 花 辛 夷 ( こぶし )... 外様大名福岡黒田藩。 専門家は、この立地では、台風などの危険が大きく、天守閣があったとは思えないとの見解らしい。 あったという有識者もいるらしく、どっちにしても、ここがはっきりしないことには、再建はないとのこと。 城跡は清々しい風が吹いています。 なかったかもしれない天守閣をわざわざ造ることもないと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください