冬 北 斗 真 夜 に 柄 杓 の 立 ち 上 が り

ふゆほくと まよにひしゃくの たちあがり

北斗七星は、大熊座にあるそうです。
柄杓型の七つ星。
一番よく光る北極星を見つける目印です。
冬に入る頃、まだ寒くない頃は、寝そべっていてよく見えないのですが、冬が本格的になり、寒さが沁みるにつれて、立ち上がって来る感じでしょうか。
柄杓の柄を下にして、くっきりと見える七つの星。
わたしがたったひとつ、自分で見つけることができる星座です。

この句も読まれています。

観賞用 洗いの鯉の 運命(さだめ)かな... 同じ店に買われて、山の湧き水を引いた池に泳ぐ、観賞用の鯉と、料理される鯉に、どれほどの違いがあろうか。 特に色が綺麗なわけでもなく。 人間とおんなじ。 人の努力とは違う次元で、運命は決まる。...
ア マ リ リ ス 大 口 叩 く 嘘 は 言 う... あまりりす おおぐちたたく うそはいう いろんな新しい品種もあるようですが、昔ながらのアマリリスは、赤一色。 口裂けオンナのように大きく開いた口に見えてしょうがありません。 「ここだけの話」というフレーズが大好きで、そのくせあちこちで触れ回るタチの悪いオンナの口に見えてしまうのはわたしだけでし...
雪 ひ ら と 室 見 の や な に 降 り て 消 ゆ... 春の風物詩と言われて、室見川のやなにかかった白魚は、瞬く間に客に供されるのだろうか。 古来からの漁法といわれるやなに、春の雪が降ってはすぐに消える。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください