冬 ざ れ て 放 り 出 さ れ て 庭 の 下 駄

ふゆざれて ほうりだされて にわのげた

たいていの豪邸には、座敷に上がる縁先に、ちょっと座れるくらいの大きな庭石が据えてあります。
そして日田杉で作ったような立派な庭下駄が備えてあります。
苔の上に楓の落ち葉が散るころまでは、とても絵になる風景ですが、このところの寒さでは、庭に出ることも厭われて、庭下駄はその辺に投げ出されたか、揃えていたものが風で吹き飛ばされたようで痛ましい様子です。

この句も読まれています。

嘘 つ か ば ひ と つ ひ と つ に 亀 の 鳴 く... うそつかば ひとつひとつに かめのなく 面倒だから、そこまで話すこともないからなどなどの理由で、小さな、どうでもいいウソをつくことがあります。 取るに足らないことながら、「あ、ウソついた」 と思います。 ひとつの嘘は、たとえそれが小さくとも、次のウソをつかざるを得ないこともあり、またムダな記憶力を...
寒雲の どこまで空か 海荒れて 一面の冬の雲、灰色の海は波荒く、うねるようで恐ろしい。 いつもなら見えるはずの小島も見えず、たたきつける波のしぶきだけ白い。 冬の海は見ていて、すごい、飽きない。...
くぐもりて 轟き渡り 冬の雷 はじめは、飛行機の音と間違える。 お腹の底に響くような、冬の雷はそんなふうに現れる。 遠く遠くに、次第に近づいて稲光を伴うほどに激しくなる。 まったく稲光というものは、見事、飽きさせない。 冬の雷は夏とちがって、重く低い。...
秋の月 火の見櫓(ひのみやぐら)の あった頃... 最近まで持ちこたえていたのに、取り壊されているのを見て がっかりした。今で言うと、そうたぶん三階だての高さくらいしかなかったような気がする。 役に立たないのは、みんな承知している。 役に立たなくても、遺す選択もあっていい。 街は何処もかしこも工事中。 日々新しく生まれ変わる感じがする。 ついていけな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください