冬 ざ れ て 放 り 出 さ れ て 庭 の 下 駄

ふゆざれて ほうりだされて にわのげた

たいていの豪邸には、座敷に上がる縁先に、ちょっと座れるくらいの大きな庭石が据えてあります。
そして日田杉で作ったような立派な庭下駄が備えてあります。
苔の上に楓の落ち葉が散るころまでは、とても絵になる風景ですが、このところの寒さでは、庭に出ることも厭われて、庭下駄はその辺に投げ出されたか、揃えていたものが風で吹き飛ばされたようで痛ましい様子です。

この句も読まれています。

大村の 湾のへさきの 墓地も梅 長崎の大村湾の、先っぽに小さな墓地があります。 なんでこんなとこに墓地、海の見える一等地、 別荘に最適。 風は少し強いけど、春の風。 曇り空だけど、小さな梅が満開。...
花 見 客 心 霊 ス ポ ッ ト 溢 れ た り... はなみきゃく しんれいすぽっと あふれたり おどろおどろしい伝説もあり、心霊スポット。 通用するのは、地元とその周辺だけ。 外国人はもとより、よそ者はあずかり知らぬこと。 よって花見の客でごった返しとなりました。...
冬の川 暗き山あい 谷を行く 利根川や筑後川のような大きな川もいいものですが、 小さな流れのはやい川もいいものです、というか水はなんでもいいものです。 冬の川は冷たくて表情のないところが魅力です。...
万緑の 気溢れいて 息苦し y山が盛り上がるような緑、いかにも力みなぎる万緑。 木々が芽吹き、生長し、むせ返るような緑の息吹、時々むんむんする。 圧倒されて負けてしまう。 仕事、お断りされた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください