冬 ざ れ て 放 り 出 さ れ て 庭 の 下 駄

ふゆざれて ほうりだされて にわのげた

たいていの豪邸には、座敷に上がる縁先に、ちょっと座れるくらいの大きな庭石が据えてあります。
そして日田杉で作ったような立派な庭下駄が備えてあります。
苔の上に楓の落ち葉が散るころまでは、とても絵になる風景ですが、このところの寒さでは、庭に出ることも厭われて、庭下駄はその辺に投げ出されたか、揃えていたものが風で吹き飛ばされたようで痛ましい様子です。

この句も読まれています。

追悼 伊藤通明 先生 伊藤通明先生 ・ 自句自註 「 曼 珠 沙 華 ほ う ほ う と 野 の 煙 出 し 」 先月亡くなった伊藤通明先生の昭和34年の作品。 わたしは縁がなく、お目にかかることがないまま、亡くなった。 気になった「野の煙出し」とは、現在の国立福岡東病院。 そのむかし結核療養所 清光園の火葬場の煙突か...
鉄柵の 錆(さび)をおとして 春隣... 玄関の、古い門扉。 もうかなり前から、錆び付いて、触れば手が汚れるから、指の先で、開けたり閉めたりしている。 錆をサンドペーパーでおとして、ペンキを塗ろうか。 黒にしようか。 思いきって、緑もいいかもしれない。 どうせ古いから。 そんな気分にさせたのも、春の気配か。 よかったらクリックください。励み...
代 替 わ る ま で の 一 時 (いっとき) 空 き 屋 梅 雨... 八百屋 / beve4 長い時を経て、子どもを育て、学校を出し、その子どもが 働き出し、親は年をとり今はどうしているのやら。 家は古くなり、此処のところしばらくは誰も住んでない。 人が住まなくなれば、家は荒れる。梅雨の長雨は板塀に染み込み 庭は草がぼうぼう。そのうち代が替わり、また子育てが始まるだ...
小 豆 炊 く 厨 は 未 だ 白 熱 灯 あずきたく くりやはいまだ はくねつとう 最近のアズキは直ぐ火にかけろと書いてあります。 少し前までは、一晩水に漬けてとあったのですが、品種改良が進んだのか、お手軽になりました? それでもイヤというほどトロトロに煮てからでないと、砂糖を入れた瞬間、アズキは煮えなくなります。 硬ければ硬いまま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください