冬 ざ れ て 放 り 出 さ れ て 庭 の 下 駄

ふゆざれて ほうりだされて にわのげた

たいていの豪邸には、座敷に上がる縁先に、ちょっと座れるくらいの大きな庭石が据えてあります。
そして日田杉で作ったような立派な庭下駄が備えてあります。
苔の上に楓の落ち葉が散るころまでは、とても絵になる風景ですが、このところの寒さでは、庭に出ることも厭われて、庭下駄はその辺に投げ出されたか、揃えていたものが風で吹き飛ばされたようで痛ましい様子です。

この句も読まれています。

夾竹桃(きょうちくとう)  一つ残して シャッター街... 街は錆び付いて、シャッター商店街が続く。 夾竹桃だけは昔のまま。 空気が読めないのか、厚かましいのか。 わたしは夾竹桃が嫌いです。 咲いてはいけない時にも、平気で咲いてる鈍感さが 許せないのです。 あの虐待三昧のまま母に、印象が似てるからです。...
浮寝鳥 あしたの痛み わからずに あしたのことはわからない。涙をながすのか、不安におののくのか、笑うこともあるのか。 人生は浮寝鳥、流れにのって、さまようしかない。...
親切に 距離をとられて 風が吹く 別になんの下心があるわけでもない。ただなんとなくこの人と話がしたいと思っただけ。親切だけど、わたしの話を、親身になって、聞いているわけではないことに、ふっと気が付く。なにがどうしたというわけではない。さっと流れた空気とでもいうのか。むなしい。ふだんは表面だけのつきあいしかしないわたしが、ふと感じた好...
古 民 家 の コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ も 花 ミ モ ザ... こみんかの こーひーしょっぷも はなみもざ わたしは洋花はあまり好きではないのですが、この春のはじめのころ降るように咲くミモザの花は魅力的です。 しあわせの象徴のようなこの花を、花束にもっと使えばいいのに。 卒業式シーズン。 毎度毎度のかすみ草ではなく、溢れんばかりのミモザを花束にするのです...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください