冬 ざ れ て 捨 て た お 方 の 不 幸 せ

美空ひばりのヒット曲、たしか二重に巻いた帯が三重になったというもの。
「捨てたお方の幸せを」という言葉があったと思います。
一青窈の「ハナミズキ」にも「君と好きな人が100年続きますように」というせりふがあります。
信じられないことです。
ほんとにそんなこと考える立派な人がいるとは到底思えません。
一青窈って、人の夫とったくせに、大した人格でもないのに、エラそうにウソばっかり言うな。

この句も読まれています。

大村の 湾のへさきの 墓地も梅 長崎の大村湾の、先っぽに小さな墓地があります。 なんでこんなとこに墓地、海の見える一等地、 別荘に最適。 風は少し強いけど、春の風。 曇り空だけど、小さな梅が満開。...
柿落ち葉 集まるところは 決めており... 風が舞うのだろう。 落ち葉はなぜか、うちの玄関の前に集合する。 まあ掃除はしやすい、ぱらぱらとあるよりずっと。箒で掃くとちりとりに盛りこぼれるようになって袋に収める。 すぐにいっぱいになって、足で踏んでもう一回。最後の何枚かが、地面に張り付いたようになって、 ちょっと苦労する。むかしは落ち葉を集めて...
松 過 ぎ て 賽 銭 箱 は ち ん ま り と... まつすぎて さいせんばこは ちんまりと 正月三が日は、あれだけの大風呂敷白い千畳敷のような賽銭コーナーを設けていた神社も、初詣が大方終わったので、いつもの賽銭箱に落ち着いたようです。 参拝客はまだまだ多く、飛梅は、二輪咲いていました。 大昔は、参道は土産物屋ばかりではなく、宿坊も多かったとかで、西...
何 処 ま で も 彷 徨 へ と 白 銀 の 芒... どこまでも さまよえと はくぎんのすすき 細い川の両岸に、はんぶん枯れかけて穂は白く今にも飛びそうなススキがえんえんと続きます。 国土の狭いと言われるこの国の、ここだけ砂漠のように取り残されて。 ススキは始め、赤い穂がすっと出て、なかなか広がらず若々しい穂はチカラを感じます。 広がり出すと際...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください