冬 ざ れ て 捨 て た お 方 の 不 幸 せ

美空ひばりのヒット曲、たしか二重に巻いた帯が三重になったというもの。
「捨てたお方の幸せを」という言葉があったと思います。
一青窈の「ハナミズキ」にも「君と好きな人が100年続きますように」というせりふがあります。
信じられないことです。
ほんとにそんなこと考える立派な人がいるとは到底思えません。
一青窈って、人の夫とったくせに、大した人格でもないのに、エラそうにウソばっかり言うな。

この句も読まれています。

松過ぎて 気合も抜けて 日々過ぎぬ... べつになんの行事があるわけでもないのに、 クリスマス、年末と馬鹿みたいに興奮し、 紅白歌合戦で、ああ今年も終わったと 感慨にふけり、行く年来る年で、どうか 来年がいい年になりますようにと、祈り、 そうこうしてるうちに、一月も半ばになり、 いつものように、もしかしたら、いつも以上に 問題が勃発して、そ...
そのときに 言えばよかりに 凍りつく... 職場で、月に一度のミーティングが、ありました。 「こういうやり方をしてる人がいました。 気をつけるように」 あたしのことです。 良かれと思ってしたことが、ミスだったのです。 なるほどと、反省します。 でも、なんでそのときいっしょにいたくせに、 言ってくれなかったの。 みんなの前で言うのも、大事だろう...
風薫る トンネルの先 おいし茶屋 太宰府天満宮の裏、麻生太吉が江崎イシのために掘ったと言い伝えられるレンガのトンネルを通る。新緑の樹々は生い茂り、ほんの短いトンネルの先は明るい。 トンネルの中は冷んやりとして、出るとそこには幟や看板があるでもなし。 茶屋が一軒。観光客はここに辿り着く前に参道で、梅ヶ枝餅を買うことがほとんどなのだけど...
時雨ても 十一月の 誕生日 別に誕生日が好きなわけではない。十一月が好きなのである。日一日と冬に向かっていくこの季節が、一年で一番好き。みんな誕生月って好きなのかな。美容院に行った。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください