冬 ざ れ て 捨 て た お 方 の 不 幸 せ

美空ひばりのヒット曲、たしか二重に巻いた帯が三重になったというもの。
「捨てたお方の幸せを」という言葉があったと思います。
一青窈の「ハナミズキ」にも「君と好きな人が100年続きますように」というせりふがあります。
信じられないことです。
ほんとにそんなこと考える立派な人がいるとは到底思えません。
一青窈って、人の夫とったくせに、大した人格でもないのに、エラそうにウソばっかり言うな。

この句も読まれています。

昇りつめ 戸惑うており 凌霄花(のうぜんか)... のうぜんかずら、橙色の元気のいい大きめの花をたくさん付ける。 自分で立つことはない。 よその木に這い上がって、生長する。 昇り詰めたら、しばらくウロウロッとして、しょうがないから、 下りに転じる。...
点 滴 を 引 き 連 れ 一 歩 浅 き 春 近ごろの病院は、いつまでも寝かせない。 腰の痛みで入院した友だちを見舞ったのだけれど、手術のあとすぐに「歩きなさい」と言われたらしく、大きなバケツみたいな点滴のぶら下がった棒をずりずり転がしながら、玄関の外まで送ってくれた。 まだまだ寒いけれど、樹にはまちがいなく若い小さな芽が出ている。 春が確実に...
育まれ(はぐくまれ) 二月の慈雨の 万物に... まだまだ寒い。みぞれのような冷たい雨が 一晩中降り続く。雨の音を聞くと落ち着く ので、寒いけれど窓は少し開けて寝る。こ の冷たい雨が、春の準備をしている樹々や 草木の、その準備を手伝っていることを思 うと嬉しくなる。街路樹も畦の草も万遍な くというところがとてもいい。...
隧 道 ( ずいどう ) の 煉 瓦 に 染 み て 梅 雨 に 入 る... 般石隧道 / Ys トンネルじゃなくて、隧道という言葉を遣いたいのです。 太宰府のお石茶屋のとなりのトンネルも、隧道と言っていいのか。 三段跳びで、通り抜けられるくらい短いけれど。 お石茶屋は、江崎イシさんという人が始めた茶店。 明治生まれの美しい人で、筑前三大美人のひとり。 品の良い顔立ちと気...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください