冬 ざ れ て 捨 て た お 方 の 不 幸 せ

美空ひばりのヒット曲、たしか二重に巻いた帯が三重になったというもの。
「捨てたお方の幸せを」という言葉があったと思います。
一青窈の「ハナミズキ」にも「君と好きな人が100年続きますように」というせりふがあります。
信じられないことです。
ほんとにそんなこと考える立派な人がいるとは到底思えません。
一青窈って、人の夫とったくせに、大した人格でもないのに、エラそうにウソばっかり言うな。

この句も読まれています。

関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい 関門海峡の春。 浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。 空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。...
夕立や 木々が喜ぶ 息をつく 水をやる人のない、街路樹や植えっぱなしの木々が、喜ぶのがわかるのです。 ああ、これでしばらくは生き延びるだろうと、ホッとしているのです。...
か に か く に 故 郷 の 夏 の 匂 ひ な り... かにかくに こきょうのかぜの においなり 何がちがうわけでもなかろうに。 たいした思い出があるわけでもないのに、やはり故郷の風はちがう。...
瞬き(またたき)の 一段とあり 虎落笛(もがりぶえ)... 吹き荒ぶ風がまるで泣いているよな虎落笛。 星は冷え冷えといちだんと輝き、冷えれば冷えるほど美しい。 虎落笛は寒さに悶え、星は研ぎ澄まされた美しさを放つ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください