冬萌えや バサリと雪の 被さりて

地面の下では、着々と春の芽吹きの支度。
よく見ると、あちこちに、春が息をしている。
でもまだまだ寒さは、雪はこれから本番。
ようやく顔を出した、芽吹きにも容赦なくのしかかる。
それでも春は来る。
もう少しの辛抱。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

春 潮 の 真 ん 中 あ た り は 藍 の 渦... 「海峡」という言葉が好きで、聞くだけでわくわくする。 決して広くはなく、かといって狭いわけでもなく、複雑で激しい流れは、読みとることは難しいと。 少し高いところから見ると、岸に近いところは穏やかな春の海、霞がかかって遠い向こう岸は薄ぼんやりとしている。 そして海の真ん中は、渦を巻いている。 青が濃く...
未練もて 我雪女郎(ゆきおんな)と なりし夜... 忘れてしまえと思いながら、忘れられない夜。 静かな、長い冬の夜、わたしは雪女になっているのかもしれない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
川風の 芒(すすき)の堤防 吹き渡り 堤防は、一面のすすき。 川は上流のダムの都合で、水が増えたりちょっと減ったり。 川風はススキを撫でるように吹き抜ける。 すすきは、穂を出しかけて、今はもう盛り。 少ししたら、ふわふわの綿帽子を飛ばすのだろう。 よかったらクリックください。励みになります。...
緑 陰 の 地 蔵 前 垂 れ 着 替 え た り... PhoTones Works #1970 / TAKUMA KIMURA どこが目か鼻か、ペッチャンコの顔をして、道路脇の田圃の隅に、いつからいるのか、道祖神というより、お地蔵さん。 ちゃんと世話をしている人がいるんだ。 しょぼいけど、花はあるし、エプロン着替えてるし。 立派だ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.