冬萌えや バサリと雪の 被さりて

地面の下では、着々と春の芽吹きの支度。
よく見ると、あちこちに、春が息をしている。
でもまだまだ寒さは、雪はこれから本番。
ようやく顔を出した、芽吹きにも容赦なくのしかかる。
それでも春は来る。
もう少しの辛抱。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒... ウドにも、ツクシにも、アクがある。 ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。 どうせたくさんは要らない。 季節を感じて、一献。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
草 紅 葉 土 偶 は 大 き く 眼 を 閉 じ て... 宮崎の遺跡で土偶が見つかったらしい。 ほぼ完全な形で。 もともとが、2頭身か3頭身。 大きなアタマは愛嬌たっぷりで、さらに顔の半分ほどもある目玉は、見開くどころか、しっかりと閉じている。 ただ大きくまん丸く縁取りがされていて、その真ん中に真横に一本線が入っているものだから、まるでイグアナが眼を閉じて...
脈 々 と 着 々 と あ り 冬 桜 みゃくみゃくと ちゃくちゃくとあり ふゆざくら 桜は一年のうち、どのくらいでしょう、日本中でもてはやされるのは。 葉桜となり、他の樹々と区別がつかなくなって、落葉し、枯れ木のようになってしまいます。 冷たい雨、吹雪を経て、一回り大きく成長するようです。 誰も応援しない。 誰からも見捨てられ...
夕 暮 の 早 き に 抗 い 石 蕗( つわ ) の 花... 秋の日暮れは早い。 ふとした拍子に、日が暮れてしまった感がある。 最後まで、きれいな黄色を投げかけているのは、つわぶきのあざやかな黄色。 寒くなる前のほんの一瞬、気持ちが暖かくなる季節。 まもなく冬。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください