冬萌えや バサリと雪の 被さりて

地面の下では、着々と春の芽吹きの支度。
よく見ると、あちこちに、春が息をしている。
でもまだまだ寒さは、雪はこれから本番。
ようやく顔を出した、芽吹きにも容赦なくのしかかる。
それでも春は来る。
もう少しの辛抱。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

祭 り 笛 暗 渠 が 支 ゆ 商 店 街 まつりぶえ あんきょがささゆ しょうてんがい 水路に覆いやフタをして、上を生活の場として使えるようにしたアンキョは、あちらこちらそこここにあるようです。 こんなところもという具合です。 市内いちばんの、終戦直後から続く商店街も例外ではないこと、このごろ知りました。 生活の知恵でしょう。 下...
たからもの ヒイラギの花 竜の玉 べつに珍しいものではないが、ありそうで、見つからない。 見つけたときは、やったと思う。 金木犀やくちなしなら、香りがいいから、簡単に見つかる。 ヒイラギに花が咲くのは知っているけど、じゃあ、いつかはしらない。 もっと知らなかったことは、竜の玉、え、こんなとこに なんてキレイと思ったものです。 なんか...
この夏は 肉体労働に 戻ろうと思う... 介護職はきつい。 でも私にはデスクワークは向いてないような気がする。 今月から、また戻ろうと思う。 お年寄りのために、思いやりを持って頑張るなんて、綺麗事じゃない。...
夕 な れ ば 梔 子 強 う 人 を 恋 う ゆうなれば くちなしつよう ひとをこう くちなしの魅力はなんといってもその香りです。 心地よい香りというより、甘く濃厚な独特な香りです。 純白の、あっさりした花とは不釣り合いなくらいです。 雨の降りだす前は、ことさら強く匂うようです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください