冬炬燵 背負うてきのうの 飯を食う

炬燵だけでは絶対的に寒いのです。
でも事情があって、いまここには炬燵しかないのです。
それならもう炬燵を背負うしかありません。
と言っても力はいりません。
炬燵に腹ばいに寝ればいいのですから。
つまり炬燵のテーブルを亀の甲羅となるのです。
亀の頭は、あたしの頭、亀の手足はあたしの手足。
借りたのは、甲羅だけ。
こうやって飯を食えば、ほっかほっかで寒さ知らず。
きのうの飯にまで文句を言ってはいけないのです。

この句も読まれています。

菜種梅雨 電話の音に 聞こえけり ようやく春の気配。朝から暖かい雨が降る。芽が出かけたシャクヤクやあじさい、つる薔薇がこの雨でいちだんと生長 するだろう。わたしはこの時期の雨が好きだ。決して勢いのある雨ではないが、トタンの屋根を打つ雨の音は、ときに 大きく、電話が鳴ったかと、ハッとすることもある。鳴るはずもないのに。...
海 の 色 映 し て う る め の 眼 か な... うみのいろ うつしてうるめの まなこかな うるめイワシ。 体つきは丸く、身体は青みが強い。 「うるめ」と名前にあるのは、脂瞼(しけん)という、透明な膜で、眼が覆われているため、うるんでいるように見えるからだと聞きます。 透明なうろこを通して、青い体が透けて見え、とてもきれいです。 眼の周りまで海の...
冬 耕 や 絵 画 の ご と き 暮 色 か な... DSC00181- / misawakatsutoshi 山の迫る、狭い土地を耕す人がいる。列車の窓から、まず空が広がり、山が迫り、もうまもなく日が暮れるというのに、鍬を持ってひとり農作業。絵になると言えば、失礼にあたる。人生とは、こうやって行くものかもしれない。...
ダ ム 底 に 冬 山 ひ と つ 呑 み 込 ま れ... だむぞこに ふゆやままるごと しずめられ 那珂川町の奥、正式には佐賀県吉野ヶ里町。 呆れるほど大きなダムが出来上がりました。 五ケ山ダム。 それまでは、ただただ山があるだけの、パン屋と豆腐屋だけの、静かな憩いの場所でした。 湧き水も豊富。 ダムができ、四車線の道路ができ、静かな山は、まる...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください