冬炬燵 背負うてきのうの 飯を食う

炬燵だけでは絶対的に寒いのです。
でも事情があって、いまここには炬燵しかないのです。
それならもう炬燵を背負うしかありません。
と言っても力はいりません。
炬燵に腹ばいに寝ればいいのですから。
つまり炬燵のテーブルを亀の甲羅となるのです。
亀の頭は、あたしの頭、亀の手足はあたしの手足。
借りたのは、甲羅だけ。
こうやって飯を食えば、ほっかほっかで寒さ知らず。
きのうの飯にまで文句を言ってはいけないのです。

この句も読まれています。

なまこ切る こりこりと食う 切りながら... 行儀が悪いというか、いやしいというか なまこは見かけによらず、美味しい。 切りにくいので、神経を集中して、一生懸命切る。 時間がかかる。切り終えるのを待ちきれなくて、 ちょこっと味見をする。 一度味見をすると、 またする。 切り終えるころには、半分になっている。...
花過ぎて 人はみなみな 新しき春 寒い日がとても長く続いた。いつの間にか春が来て、桜が咲いたかと思うともう満開。新しい一歩を踏み出す人が何人もいると、踏み出したくとも道の無いわたしはこのごろさっぱり元気がでない。面白くない仕事に出かける。決まったことを決まったようにやる。ときどきこっそり大きなため息をつく。なんにも考えないように努力...
茶 摘 み 唄 茜 襷 は も う 見 へ ず ちゃつみうた あかねたすきは もうみえず 「夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか 茜ダスキにスゲの笠」 手摘みはまだ行われているとのことですが、驚くほどの大きさの摘み取り機が、茶畑を席巻します。 あっという間に若芽を摘み取っていくようすは隔世の感があります。 作業が楽になるのは...
花 を 見 て い つ し か 人 を 弔 ( とむろ ) う て... 桜10 Cherry blossom / "KIUKO" 満開の桜。 大勢の花見客に混ざって歩きながら、人は意外といろいろなことを思い出したりするものらしい。 思いもよらない人が浮かんだり、それで少しだけ寂しくなったり。 この咲き誇った桜の下で。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください