冬木立 深い孤独に 身を寄せて

すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。

この句も読まれています。

ひ と つ ず つ 講 釈 の あ り 木 の 芽 和 ( あえ )... ご親切に料理の説明、ありがたいと思うのだけれど あんまり長いのはどうも。 自信作なのだろう。 画像出典木の芽和え #dinner うまー / is_kyoto_jp...
あでやかに そろうて見せる 唐辛子... 唐辛子を縄でくくって、きれいに並べて、まるで作り物のようです。 色も大きさも微妙に違うのに、並べると絵を描いたみたいに、素敵です。...
なむなむと 幼子(おさなご)手合わす 秋地蔵... 神社のすぐ横に小さな祠があって、ほんとに急いでいたら見過ごすような小さなお地蔵さんをみつけた。近所のこどもだろう、ほんの一瞬ちょこっと手をあわせて、なんかもじょもじょ言ってえりまきとかげみたいな走り方で走っていった。私には、なむなむと聞こえた。ばあちゃんにでも習ったのか。なんか懐かしっくてくすっと笑...
大 楠 の 叔 気 に 押 さ れ 佇 め り おおくすの しゅくきにおされ たたずめり 淑気とは、瑞祥(ずいしょう)呼ばれ、新年のあらたまった空気、凛とした雰囲気のことを言うそうです。 寒さの中、付き合いで詣でたのですが、神前の大樹は荘厳ともいえる雰囲気で思わず深呼吸しました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です