冬木立 深い孤独に 身を寄せて

すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。

この句も読まれています。

迷わずと 遠慮もせずと 牡丹(ぼたん)の芽... Vår (pionknoppar) / Bochum1805 紅い色の芽を出す牡丹。出始めから、太い茎、そしてまっすぐ。決して可愛いものではない。立派な花を咲かせるために、毎年そうしているように。あるところまでくると、色は緑に変わり、わっと葉が出て横に広がる。自信があってとてもいい。...
杉 玉 に 造 り 酒 屋 の 安 堵 か な あの丸い緑色の球は、杉の葉で作られているとのこと。 酒屋の玄関に、緑の杉玉には、お宮のお祓いがなされたのだろう、白い紙がつながったものが載せられている。 いい新酒が出来たのだろう。 空は青い。...
冬ざれし 昇開橋に 大夕陽 急に寒くなった。 川面はおだやか。筑後川はかわらず。 冬ざれているのは、私かもしれない。 小さな昇開橋に、大きな夕陽あかあかと。 今日も暮れる。...
蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください