冬木立 深い孤独に 身を寄せて

すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。

この句も読まれています。

兵 馬 俑 誰 も 彼 も は 花 の 屑 あまり欲をかかぬことでしょうか。 死んだ先のことなど考えぬこと。 きっと思うようにはいかないし、貴方が死んだとて、さして困ることもなし。 秦の始皇帝って、アタマのいい、実行力のある人物だったと。 広大な中国を、文字と計りを統一して治めたとのこと。 喋ってもわからないけれど、書けばおんなじってことでし...
イキガミ : あたしが脚本家なら イキガミ:逝紙 将来の日本。小学校の入学の時に、国民全員がワクチンを接種される。 そして二十歳から23歳までのある日に、10万人に一人だったか、そのくらいの割合で、 突然死する。 たしか国家総動員法みたいな名前の法律があって、自殺者が大幅に減る、命の大切さを 学ぶとか、まことしやかな理由で、執行され...
今日の秋 ひとつ押さえて 生きてみる... わたしは11月生まれで、そのせいでもないけど、秋が一番好きです。この澄み切ったさわやかな日々を、一日一日確認しながら、楽しみながら生活したいと思うのです。紅葉の季節、どこへ出かけるわけじゃなし、休みは疲れているし、ちっとも余裕の無い暮らしだけど、その気になれば、小さい秋は見つかるものです。...
牛車引く 秋の大祭 道真忌 菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。 榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。 九月半ばのこと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください