冬木立 深い孤独に 身を寄せて

すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。

この句も読まれています。

夏至過ぎて 日暮れの街の 石畳 日暮れが遅い、夕方が長いのは、とてもうれしいことです。 町中がセピア色、風はまだ涼しい。 猛暑の前の、つかのまのいい時間...
悲しみは 重なりて来る 虎落笛 不思議なことに、苦しみや悲しみは重なって襲ってくる。これでもかこれでもかと。もう息ができないほど。
菜花漬け 苦味肴(さかな)に くせになり... 菜の花のまだ咲かないつぼみのうちに 塩漬けにしただけのもの。苦味が残っ て、漬物というより、わたしに言わせ れば、サラダ、つまみ。春の実感。...
人送り 二月の雨の 降りそぶる 久しぶりに逢った友人を、駅の方角が わかるところまで送った。二月の雨は 冷たくて、傘をさしながら、手はかわ るがわるポケットへ。途中の地下道を こえればもう一本道。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください