冬もみぢ 昇開橋を 遠く見て

福岡県大川市筑後川にかかる昇開橋。
船が川を通るときは、橋が上がる。
赤い素敵な橋。
大昔からあったらしい。エツ料理を食べに行ったとき見つけて、
とりこになった。
元気なとき、時間のあるときに見に行く。
筑後川は果てしなく大きく、こっちの岸から見ると、
手前の冬もみぢの向こうに橋が写って、秋を満喫できる。

この句も読まれています。

曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...
家 族 の 名 連 ね  秋  日 の 赤  ポ ス ト... かぞくのな つらねあきびの あかぽすと むかしはそうだった。 赤い決まったかたちのポストには、家族の名前を年寄りから順番にぜんぶ書くものだった。 世の中が変わって、名札も傘も名前を消した。 表札などもってのほか。 この先も、当たり前があたりまえじゃなくなるのだろう。 ついて行く自信がない...
もういいと 忘れていいと 春の月 わすれたほうがいいことが、 いっぱいある。苦い思い出 冷たくされたこと。わたしは 忘れた方がいいことばかりで できているのかもしれない。 先のことを考えようと思う。 あたたかい丸いお月さんも そう言ってる。...
そのときは そのときで 生きて来た春... とくに何を選んだわけでもないけど、それなりに小さなことをいろいろと決めながら生きて来た。そのときはそれなりに 考えたつもりで。それがどうだったのか、今でもわからない。きょうもそうして、生きている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください