冬もみぢ 昇開橋を 遠く見て

福岡県大川市筑後川にかかる昇開橋。
船が川を通るときは、橋が上がる。
赤い素敵な橋。
大昔からあったらしい。エツ料理を食べに行ったとき見つけて、
とりこになった。
元気なとき、時間のあるときに見に行く。
筑後川は果てしなく大きく、こっちの岸から見ると、
手前の冬もみぢの向こうに橋が写って、秋を満喫できる。

この句も読まれています。

雪 ひ ら と 室 見 の や な に 降 り て 消 ゆ... 春の風物詩と言われて、室見川のやなにかかった白魚は、瞬く間に客に供されるのだろうか。 古来からの漁法といわれるやなに、春の雪が降ってはすぐに消える。...
芒 原 お ず お ず 赤 き 穂 の 少 し すすきはら おずおずあかき ほのすこし この夏の暑さにもかかわらず、植物は、ほとんど例年通り時季が来れば枯れたり、また芽を出したりします。 今年のススキは気のせいか、暑さに少々おじけづいてそろり様子を見ながら、穂を出しているように感じます。 ススキは初め、赤い穂を習字の筆のように固めた状態で出...
炬 燵 舟 船 頭 唄 ふ お 立 ち 酒 こたつぶね せんどううたう おたちざけ 柳川の掘割をゆく川下りの舟に、コタツが入ったそうです。 コタツ舟と言います。 船頭さんは、年配で、ベテラン、当地の歴史にも強く民謡も上手です。 「お立ち酒」 宮城県民謡。 嫁に出す娘を思う親の心情を唄ったものです。 「 お前、お立ちか。身を大切に...
赤 ま ん ま 捨 て る わ け に は い か ぬ も の... 110 / misawakatsutoshi わたしには、捨てるわけには いかない想い出がある。人に 話せば、色褪せる。実につま らない郷愁である。わたしは 頼る人のいない、拠り所のな い不安定な幼少期を過ごした せいか、つまらない想い出の 風景は、親にも替わる意味を 持つような気がしてならない。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください