冬の雷 何の前ぶれ 胸騒ぎ

人生において、良くないことは突然起きます。
事故でないかぎり、ひたひたとその予兆はあるものだと思うのですが、
なかなか気づかない。
それで失敗を重ねて、慎重に歩くようになったわけですが、
今度はずいぶんと臆病になって、ちょっとしたことでも
震え上がってしまい、人生は良くないことの前兆ばかりとなりました。
冬の雷なんて、まさにそのもの不気味な音と響き…ふるえる。

この句も読まれています。

新 藁( しんわら) の 日 向 の 匂 い 深 々 と... 稲刈りが終わったら、新しい今年の藁が、山のように積まれる。 顔を突っ込むと、お日さまの匂い。干した布団の匂いに近いかもしれない。 無事に稲刈りが終わったとの証明の匂い。...
藁 を 編 む 鍋 敷 き を 置 き ひ と り 鍋... わらをあむ なべしきをおき ひとりなべ ナガタニエンという名前の蒸し鍋を購入しました。 陶製で、中にやはり陶製の、蓮の実のように、たくさん穴が開いたお皿が付いています。 お湯が沸騰すれば、その穴から激しく蒸気が出て、あっという間にセットした肉や野菜を蒸した状態にします。 油は下に落ちます。 ...
も う 逢 は ぬ ま た ね と 言 ふ て 春 の 月... 数少ない経験から言うと、 二度と逢うつもりのないとき、オトコは必ず、「 じゃあ、またね 」と言う。 にっこり笑って、手を挙げる。 人は人を裏切るときウソをつくとき、やさしくなる。 よくしゃべる。...
眉 描 け ば よ か り し 春 に 巡 り 逢 ひ... 偶然、逢いたくない人に逢う。 そんなときに限ってというか、いつも大抵そうなんだけど化粧もしてない。 普段着のへんな格好で。 せめて眉をきれいに描いて、マスクしていればよかった。 「老けたな」と思われたに決まってる。 別にいいけど。 なんか悔しい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください