冬の雷 何の前ぶれ 胸騒ぎ

人生において、良くないことは突然起きます。
事故でないかぎり、ひたひたとその予兆はあるものだと思うのですが、
なかなか気づかない。
それで失敗を重ねて、慎重に歩くようになったわけですが、
今度はずいぶんと臆病になって、ちょっとしたことでも
震え上がってしまい、人生は良くないことの前兆ばかりとなりました。
冬の雷なんて、まさにそのもの不気味な音と響き…ふるえる。

この句も読まれています。

紅 の 花 半 夏 生 な ら ひ と つ 咲 き... べにのはな はんげしょうなら ひとつざき 江戸時代、口紅として重宝された、紅花。 色ははっきりとした黄色です。 不思議です。 何度も洗い、洗い流し、1日目は黄色、二日目になると紅色に変化し、餅のように丸めて天日で干すのだそうです。 それから長い道のりを運ばれ、京都に着くのです。 さらに職人によって...
兜 獲 り 買 ふ て く れ た り あ り が た ふ... かぶととり かうてくれたり ありがとう 装備万端。 虫籠、捕虫網、虫除けスプレー、夏帽子、タオル、麦茶。 意気揚々とご帰還。 虫籠には、立派なカブトムシが一匹と、樹の枝、葉っぱも。 子どもの絵日記は、喜びにあふれており、 「おとうさんと、カブトムシをつかまえにいきました。 かってくれてありがとう。...
パソコン いろんなとこ、ペコペコ押してるから、 おかしくなるんじゃないの! んモウ
鼻歌を 花歌と書きおり あたたかし... 葉書をもらった。 少しずつ春になっていくのが嬉しいと。 花歌が知らず知らずのうちに出ると書いてあった。 たしかに、この季節、鼻歌より、合ってるような気もする。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です