冬の雷 何の前ぶれ 胸騒ぎ

人生において、良くないことは突然起きます。
事故でないかぎり、ひたひたとその予兆はあるものだと思うのですが、
なかなか気づかない。
それで失敗を重ねて、慎重に歩くようになったわけですが、
今度はずいぶんと臆病になって、ちょっとしたことでも
震え上がってしまい、人生は良くないことの前兆ばかりとなりました。
冬の雷なんて、まさにそのもの不気味な音と響き…ふるえる。

この句も読まれています。

黒 ダ イ ヤ あ ゝ ぼ た 山 の 曼 珠 沙 華... くろだいや ああぼたやまの まんじゅしゃげ 黒ダイヤというのは、筑豊産のようかんの名前です。 今はもう製造されていません。 つやつやとして真っ黒で、どうかなりそうなほど甘かった。 当時、飯塚、直方、田川地方で行われた結婚式の引き出物として配られ、わたしの口にも入ることにもなりました。 もうあの頃は...
目薬と 胃薬の好きな 男おり 人はさまざま。なくて七癖。わたしもいろいろ好き嫌いがあるし、人のことは言えないんだけど、世の中には変な人がいるもんだ。目が悪いわけではないのに、やたら目薬をさす。わたしの経験では、あれは癖になる。ちょっとスッキリするから。おなじ理由だろう。胃薬ばかりのむ。歯間ブラシの使い過ぎも知ってる。歯は隙間だら...
霧 降 り て 津 屋 崎 千 軒 人 見 え ず... きりおりて つやざきせんけん ひとみえず 津屋崎は江戸時代から長く塩田の積み出し港だったとか。 大いに栄え、その賑わい振りは、家が千軒もひしめくようだと、津屋崎千軒と呼ばれたと聞いています。 残念なことに、江戸時代からの、度重なる大火で何度も焼失したとのことですが、現在も数軒が当時の面影を残してい...
盆 の 月 息 災 な り か 無 理 す な と... ぼんのつき そくさいなりか むりすなと 八月は、死者を想う弔いのときです。 原爆忌、終戦日、そしてお盆です。 旅たった身近な人たちが、このときくらいはわたしのことも心配してくれているような気がするのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください