冬の芝 せりあがるよに 春の芝

まるで鉄砲隊のように、冬芝は、春の芝に交代します。
それから、しばらくすると、また青々した次の鉄砲隊に交代します。
季節なのに、見事にコントロールされて、毎年のことながら、
びっくりします。
ぜんぜん関係ありませんが、むかし親に「アンタは人工芝みたいやね」
と言われたことが、いまだに忘れられません。
急に何の脈絡もなく、思い出すのです。
人工芝=伸びない
だそうです。

この句も読まれています。

吊 り 橋 の 真 ん 中 怖 し 山 の 藤 つりばしの まんなかこわし やまのふじ 気軽に渡り始めた山の吊り橋。 だんだん進むにつれて、揺れは激しくなり、こんなに長かったかと驚き、少し後悔したりしました。 戻るのはいくらなんでもみっともないし。 山藤は蔓性で、龍のような古木もあります。 ほかの木に巻きついて、その木を枯らしてしまうこ...
あ っ ち こ ち よ き 顔 す れ ば 亀 の 鳴 く... 何処の世界にも、「気の合う仲間」といえば聞こえがいいけれど、度を越して派閥に近いものができたりする。 どうでもいいつまり、どちらにも嫌われたくないなら、じょうずに泳ぐしかない。 肝心な話には入らず、または聞いてないふり。 どうでもいいとこだけ、にこにこというか、へらへら参加。 この歳になって、わたし...
悠 久 の 雨 青 蜥 蜴 ( あおとかげ ) 身 じ ろ が ず... R0026801 / urasimaru いつ止むとも知れぬ雨。 悄悄とという降りかたはこんなものかと思う。 苔むした庭陰の石に、前足を載せて、餌を狙うでもなく、辺りを窺うでもなく、ただそこにいる。 雨は永遠に降り、蜥蜴は永久にそのままなのかと、一瞬思った。...
ペ ン 先 の カ ル テ ち ら と 見 秋 の 雲... ぺんさきの かるてちらとみ あきのくも 少し前まで、手書きだったと思うのです。 パソコンになって、年寄りは大丈夫? ろくに顔も見ないで、病気の、わたしの何がわかるのかとの不満をあちこちで聞きました。 経験から、じーっと見つめなくても、医師は体調や抱えている問題の大きさを測ることはできるのでしょうが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください