冬の芝 せりあがるよに 春の芝

まるで鉄砲隊のように、冬芝は、春の芝に交代します。
それから、しばらくすると、また青々した次の鉄砲隊に交代します。
季節なのに、見事にコントロールされて、毎年のことながら、
びっくりします。
ぜんぜん関係ありませんが、むかし親に「アンタは人工芝みたいやね」
と言われたことが、いまだに忘れられません。
急に何の脈絡もなく、思い出すのです。
人工芝=伸びない
だそうです。

この句も読まれています。

山 眠 る 今 年 鬼 籍 の 人 も 容 れ 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 長く紅葉にあふれていた山も、もうすっかり葉を落とし、常緑樹さえも微妙に色を変え、冬の態勢に入った感である。 見るからに静かにそして大きくなった山は、眠りについた。 今年亡くなったあまたの人びとの想いを包み込み、...
枯 銀 杏 千 年 越 せ ば 神 と な る かれいちょう せんねんこせば かみとなる 落葉樹のなかでも銀杏は、遠くからひと目で、それとわかります。 どこまでも大きくなり、ほとんど左右対象に近い、どっしりと落ち着いた構えです。 根元に、説明文の碑が建ち、神格化されたか、鳥居が置かれたものまであります。 風雪に耐えた大樹は、盛りの季節も枯木にな...
帰り花 何を思うて 狂い咲き 春に咲く桜がなんで今頃、時期を逸したものは、奇異に感じる。 秋のたけのこみたい。 人間も狂い咲きはいけない。...
食 べ て け と 熱 々 の 餅 牛 の 梅 熱々の出来たての梅ヶ枝餅を食べながら、赤煉瓦のトンネルを目指す。 飛梅は、いつもと同じように黒光りの牛とともにそこにあり、人が増えたこと以外むかしと何も変わらない。 お石茶屋は、その由来を知ってか知らずか、店の外まで人で溢れ、そのわりには続くトンネルに人影はない。 筥崎で生まれたわたしが、何の縁で此...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください