冬の芝 せりあがるよに 春の芝

まるで鉄砲隊のように、冬芝は、春の芝に交代します。
それから、しばらくすると、また青々した次の鉄砲隊に交代します。
季節なのに、見事にコントロールされて、毎年のことながら、
びっくりします。
ぜんぜん関係ありませんが、むかし親に「アンタは人工芝みたいやね」
と言われたことが、いまだに忘れられません。
急に何の脈絡もなく、思い出すのです。
人工芝=伸びない
だそうです。

この句も読まれています。

鐘の音の 遠くにありて 春曙(しゅんしょ)かな... 明け方に、遠い鐘の音。何処かわからない のだが寺院の鐘の音。寝ていれば聞こえな いが、うつらうつらしていたり、目が覚め かかっているときは聞こえる。春の夜明け 遠い鐘、遠くを列車の行く音はなかなかい いもの。...
トケイソウ くるりくるりと 今はここ... なんともユーモラスなトケイソウの花が盛りです。 わたしは今ここ。 人生のこの場所は意外と心地よいのかもしれない。 肝心なのは、欲を出さないこと。ほどほどで満足する。 時給は、目が点になるほど、安いけど、態度のでかい看護師はいるけど、(昔から、なぜか看護師に天敵がいる)、 なんとなく続けていけそうな気...
雪折れの 水仙短く 瓶に挿す 雪の重みで、花のすぐ下で折れてしまった水仙。 すっきり背の伸びた姿が魅力の水仙の生け花。 折れて花の先だけになった、短い水仙も、 なかなかかわいいものです。 首から先だけ、3,4本、ガラスの小瓶に挿して、 トイレに置きました。 少しだから、香りもしないけれど、 なんとなく水仙の春の香りがしてくるもの...
毒 ガ ス の 歴 史 は 知 ら ぬ 紅 葉 狩 り... どくがすの れきしはしらぬ もみじがり 大久野島。 瀬戸内海の小島。 戦前よりほぼ全島域が国有地。 明治初期欧州列強の艦船の進行に備えるため要塞が置かれたとか。 日清日露に備えられたものの、そのときは一度も使われていないらしい。 現在も、戦争の遺構として保全されています。 昭和初期から...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください