冬ざれて 少しの水の 川の淵

冷たい北風が吹く。
雪なのか、時には霙なのか、空は重く低い。
顔を上げては歩けない。
川は、上流のダムのせいなのか、土砂が多い。
その土砂に、もうしっかりと草木が育ち、水は、遠慮がちに迂回して行く。

この句も読まれています。

平 貝 は 痛 風 の 元 有 明 海 タイラギは つうふうのもと ありあけかい 有明海に生息します。 大きな三角形の貝で、貝柱はもちろん、ワタと呼ばれる内臓も美味です。 もともと庶民の食べ物です。 むかしはよく採れて、升で量り売りをしており、父は毎日というほど、丼で食べておりました。 わたしも大好きでした。 だんだん値段が上がり、諫早...
這松の(はいまつ)の 原に浜風 ときに秋... 松林の中に、佇むと暑いには暑いけど、涼やかや風がひととき吹き渡る。 地面を這うような松もあり、隙間すきまを風がぬける。 海風。 風の中に、ひとすじの秋の風を捕まえた。 ようく気をつけて、しばらくたたずめば、きっと感じる。...
暑 か り し 沢 庵 噛 め ば 脳 に 来 る... あつかりし たくあんかめば のうにくる暑さのせいなのか、わかりません。トシのせいかもしれないのです。自分がタクアンを噛む音が、脳天に響き渡り、音はより大きく感じます。気のせいでしょうか。アタマ、大丈夫でしょうか。歯医者が先でしょうか。...
梅 雨 の 月 上 が れ ば ひ と り な お 寂 し... つゆのつき あがればひとり なおさびし 梅雨の夜に月は要らない。 力のない、薄ぼんやりしたお月さまを見ると、余計に寂しくなるのが不思議です。 音楽があってなお、月が出てなお、励まされてなお、寂しさが増すことはあるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください