冬ざれて 少しの水の 川の淵

冷たい北風が吹く。
雪なのか、時には霙なのか、空は重く低い。
顔を上げては歩けない。
川は、上流のダムのせいなのか、土砂が多い。
その土砂に、もうしっかりと草木が育ち、水は、遠慮がちに迂回して行く。

この句も読まれています。

殺したいやつができた わたしは、人前で恥をかかされるのが、許せない。 ちょっと気を許すことがあっても、そんなに自分を責める気もない。 自分の中に収めず、人前で、あたしの恥をさらしたあの男を許さない。 医者のくせに*このままじゃすませない。といっても、なすすべもないが。 なんとか嫌な思いくらいさせられないものか。 くそった...
秋蝉や 造り酒屋の 杜(もり)に鳴く 町のはずれの造り酒屋は屋敷森があって、秋の蝉はそこが根城。
も っ こ す の 誇 り 熊 本 城 も 梅 雨... もっこすの ほこり くまもとじょうも つゆ 肥後もっこす。 熊本県の県民性を表した言葉です。 津軽じょっぱり、土佐いごっそうとともに、日本三大頑固のひとつとされています。 「頑固」「反骨」 つまり我が道を行く。 単純ながら、ごちゃごちゃ言わない。 コツをマスターすれば、扱いにくいわけでもない。...
出 棺 の 合 図 の 泣 き て 凌 霄 花 の 落 つ... しゅっかんの あいずのなきて はなのおつ ノウゼンカズラ、つる植物で他の木に巻きついて育ち、大きなオレンジの間借りにしては厚かましいほどの立派な花をつけます。 特徴は、花びらが散るのではなく、首からぽとりと、それも惜しげもなく散ることでしょうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください