冬ざれて 少しの水の 川の淵

冷たい北風が吹く。
雪なのか、時には霙なのか、空は重く低い。
顔を上げては歩けない。
川は、上流のダムのせいなのか、土砂が多い。
その土砂に、もうしっかりと草木が育ち、水は、遠慮がちに迂回して行く。

この句も読まれています。

柿落ち葉 丁寧な色 丁寧に落つ 柿の落ち葉は美しい。虫食いもなし、色むらもなし。木に付いて栄養を受けながら落葉し、そのまま重なっていく。落葉してなお、秋の日を受けて、最後の化粧直しをしたようにさえ見える。黄色、橙色、朱色、そしてすこうしまだ緑色。わたしは丁寧が好きです。自分ができないから、丁寧な仕事をする人、ひとつひとつきちんと押...
傷ついて 隠して 笑って 泣いて秋... 話をする中で、きのうまで居留守をつかわれてたことが、わかった。 八回も。あたしの電話には一回も出なかったのですから。 でもそれがわかったからといって、追求なんてできるわけもない。 やっとつながったのに。楽しいものにしなくちゃいけないのに。 でないと、さらに嫌われてしまうから。 わからなかったふりをし...
雁渡る 英文タイプの リボン買う 英文タイプライター捨てずに持っている。 あの頃検定というものがあって、ぜんぜんだめだった。 スタートの声と同時にタブキーを押したら、 一番端までがーっと行ってしまって、「あっ」と言ったら、 それがでかい声で、自分で吹き出して笑いが止まらなくなってしまって、 おそらく最下位で落ちた。 とおい日のはなし...
もの想う ふとした時に 日は落ちて... 春の夕暮れの空の色の変わりようを、しっかり見ようと決めて歩き出したのに、薄墨から群青に変わるころ、ふっと考えごとをしたほんの一瞬に、とっぷりと暮れてしまった。うらうらと気分のいい日のくれ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です