冬ざれて 少しの水の 川の淵

冷たい北風が吹く。
雪なのか、時には霙なのか、空は重く低い。
顔を上げては歩けない。
川は、上流のダムのせいなのか、土砂が多い。
その土砂に、もうしっかりと草木が育ち、水は、遠慮がちに迂回して行く。

この句も読まれています。

雨 蛙 喉 の 白 き は 生 く る た め あまがえる のどのしろさは いくるため 紫陽花や芍薬の葉が重なったところ日陰の暗いところに、珍しく雨蛙。 白い喉ボトケをひくひくさせて、逃げようともしません。 こんな小さな身体で、その日の食い扶持をゲットしているのでしょう。 もし蜘蛛も餌になるのなら、あちこちに小さな巣をかけているから、狙い目なの...
春隣(はるとなり) 切子グラスに 当たる陽に... 春が近いと実感すること増えたこの頃。 テーブルに置いた切子の小さなグラスに あたたかい陽射しが届いて、きらりと 光ってとても綺麗です。わたしは何でも かんでもマグカップで済ます情緒のない 人間ですが、この時はワインはワイング ラスで、日本酒はお猪口で、ビールはプ レミアム特製グラスで飲もうと思いまし...
生きてもう 逢うこともなく 冬もみじ... 縁があって、出会ったであろう人と別れるのは、つらい
猫じゃらし 弾き(はじき)おおせず 秋の雨... 久しぶりの雨。 これで少しは、季節が進むだろうか。 道道の片隅に、生え揃ってきた猫じゃらしの、 穂にも、雨は容赦無く落ちてきて、雨粒まみれ。 天の恵み。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください