六 月の 植 田 を 走 る 堰 の 水

planting of young rice plants 田植え

田を植えるまえの、水を張った田圃は静かな緊張をたたえ、うつくしい。
細い用水路が走っていて、そこに小さな堰があり、水を調整できるようになっている。さあ、いま全開。
明日はいよいよ田植えが始まるのだろう。

この句も読まれています。

玄 関 を 開 け て 小 糠 (こぬか) の 盆 の 雨... Old House / mrhayata 亡くなった人が帰ってくるという。 まちがえないように、玄関を開けた。 昨日からの雨がやまない。 おかげで、久しぶりに涼しい。...
「 累犯障害者 」 ( 4 ) 口話による会話ができるよう、いくら読唇術を覚えたところで、限界がある。 「たばこ」と「たまご」、「すき」と「ぐち」、「ぱぱ」と「まま」 「いいました」と「ききました」などなど。 口の形だけでは区別できない言葉は、何百、何千と存在する。 にもかかわらず、強制的に発音練習を続けるろう学校 算数にしても...
秋寂びて 心トグロを 巻く日あり 社内研修があり、そのリーダーに言われた。 「あんた、人に感謝したことなかろう」 研修とは、人を育てるために行うものだろう。 なんでこんなことを言われるのか、それもわたしだけ。 (総勢四人とそのリーダー) 「なんでこんな仕事しようと」 (福祉関係) 黙って聞いていた。それしかない。 言葉はひたひたと、...
ワイパーと ともに動いて 蔦(つた)落ち葉... 冬の雨、もうみぞれに近い。 ワイパーを動かすと、挟まってた蔦の落ち葉が一枚 ワイパーに押されてキッコキッコと動いた。 ちょっとだけ楽しい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください