六 月の 植 田 を 走 る 堰 の 水

planting of young rice plants 田植え

田を植えるまえの、水を張った田圃は静かな緊張をたたえ、うつくしい。
細い用水路が走っていて、そこに小さな堰があり、水を調整できるようになっている。さあ、いま全開。
明日はいよいよ田植えが始まるのだろう。

この句も読まれています。

雲 垂 れ て 枇 把 の 黄 空 に 色 を 投 げ... 梅雨の長雨、いつやむともなく一日中降り続く。 黒い雲は、限界まで下に低く降りてきて、何処までが日常の空間か、 何処から雲か区別がつかない。 枇杷は熟れて、あのオレンジがかったビワ色が、暗い空に色を投げかけている。 雨はしょうしょうと降り続く。...
雨音に むかしの痛み 思い出す 何かの拍子に、そうほんのなにかのはずみで、むかし苦い思いをしたというか、させられたことをふっと思い出すことがあります。 台所できゅうりをきざんでいるときや、植木鉢の雑草を抜いた瞬間なんかに、侮辱されたこと、冷たくあしらわれたこと、とても傷ついたこと、それがとっても遠い昔のことがよくあります。 小さい...
昔雛 (むかしびな)たまごのような おかしさよ... ひな祭りである。人形というのは、その時々の美人を反映するものらしく、最近のものは、少しぺったんこの愛くるしいお顔のものが多いように思う。そこへいくと、名家というところにある歴史のあるおひなさまは、のっぺらぼうというか、たまごのようなわりと大きな顔に細い細い目とおちょぼ口で吹き出しそうな顔をしていると...
短 冊 の こ よ り は 出 番 生 身 魂 たんざくの こよりはでばん いきみだま イキミダマとは、お年寄りを、尊敬の念を持って言う、俳句ことばです。 今、保育園や幼稚園の七夕の短冊や飾りは、どうやって竹笹に結びつけているのでしょう。 お年寄りの通うデイケアやデイサービスでは、昔ながらの「こより」を皆さん、といっても女性の皆さんに作って...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください