六 月の 植 田 を 走 る 堰 の 水

planting of young rice plants 田植え

田を植えるまえの、水を張った田圃は静かな緊張をたたえ、うつくしい。
細い用水路が走っていて、そこに小さな堰があり、水を調整できるようになっている。さあ、いま全開。
明日はいよいよ田植えが始まるのだろう。

この句も読まれています。

石鹸の 匂いほのかに 初夏始む 一輪挿しを買いました。ただの瓶に見えますが、おしゃれなみせで買ったので800円しました。(^人^) / yoppy いろいろなクレンジングが出回って いて、いろいろ目移りするけど、最 後はやっぱり石鹸。石鹸の匂いで、 一日が始まる。芳香剤もシャボンの 香り。今日は掃除の日。最後はお香 を灯し、蕾の紫...
南 天 の 花 に は 邪 気 の 見 え る そ な... なんてんの はなにはじゃきの みえるそな 南天。 庭木として、むかしから好まれるのは、名前が「難を転ずる」に通じるからだと言われます。 むかしは、どの家も鬼門に植えたそうです。 赤い実がなるのは知っています。 正月頃です。 ただ、花が咲くのは、六月七月頃です。 円すい状に、白い小さな花が咲き、赤...
落 ち 葉 焚 き 愛 な る も の も 共 に 焚 き... おちばたき あいなるものも ともにたき 愛を信用してない。 世間一般見渡しても、「愛してる」の結果が不倫の渦。 愛などといういかがわしいものは要らないのです。 健康は欲しいけれど。 あとはお金で、人生のかたはつく。 愛なるものがもしあるなら、お金に換算してほしい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください