六 月の 植 田 を 走 る 堰 の 水

planting of young rice plants 田植え

田を植えるまえの、水を張った田圃は静かな緊張をたたえ、うつくしい。
細い用水路が走っていて、そこに小さな堰があり、水を調整できるようになっている。さあ、いま全開。
明日はいよいよ田植えが始まるのだろう。

この句も読まれています。

浮塵子(うんか)まとい 払い払いの ビール買い... 顔の周りに、小さい虫が集団になってまとわりつく。うんかというらしい。 むかしはよく見たが、最近は珍しい。 払い払い、ビールの買い足しに、秋の日暮れを行く。 こんな用事はまめにこなす。...
糸 雨 の あ と 沈 丁 さ ら に 匂 ひ た ち... しうのあと ちんちょうさらに においたち 未明から糸のような雨がやむことなく降り続いて、小さな庭は久しぶりにひと息ついているようです。 沈丁花は、樹形が丸くて、さらに花が愛らしいことで誰にも好まれる身近な花です。 紅色の薄く混ざった白と、紅色がひとつの花のように見えます。 花のように見えて、花では...
また夏が 来る切り抜ける なんとして... 夏がつらい。もともと暑さに弱い。以前は六月は雨が多くて過ごしやすかったのに、今年はもう悲鳴をあげたくなるような暑さ。乗り切らなくては。これから三ヶ月か‥。働いて働いて、疲れすぎると、眠れなくなる。三ヶ月だろうか。...
馬刺し食う 冷たく冷えて ぎゅっと幸せ... 職場の宴会です。 わたしは、刺身とか馬刺しとか鳥刺しとか、生のものが大好きです。野蛮です。 一年に二回の宴会です。 結構好きです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です