入 社 式 新 人 狙 ひ 献 血 車

にゅうしゃしき しんじんねらい けんけつしゃ

市役所に住民票をもらいに行きました。
玄関横の桜並木はちょうど五分咲きといったところ。
希望に満ちた、元気はつらつの新人職員が献血車に並びます。
この市は、今年から採用に関して、筆記試験を廃止しました。
市長の見解だそうです。
献血ぐらい、人の倍やれ!
縁故採用め!

この句も読まれています。

ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ... ねんねこに てばなしのあい つめこまれ むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。 子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。 背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありまし...
じたばたと 今年も終わるか 秋時雨... 全くもう、今年もじたばたと動き回って、結局ここにいるのかと思ってしまうような一年でした。落ち着いて、流れに任せていたほうが、うまくいくことも多いと、人に言われ、自分もそう思っていたのに、結局年の初めからおたおたし、今もなんとなく落ち着かない。結局性分なんでしょうか。誠実に誠実に頑張ってるつもりなのに...
春の闇 庭石(にわいし)のありか 確かめつ... なんで、ごろごろと庭石を置くのだろう。 サンダル履きでは、つまづきそう。 まして、春の闇が訪れれば。 見えそうで見えない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
七 夕 の 竹 切 り に 来 し 空 は 風 たなばたの たけきりにこし そらはかぜ 竹林。 地上では風など吹いていないのに、竹はザワザワと、空に近い上の方だけ音を立てます。 揺れています。 近ごろでは、七夕の竹の調達もタイヘンと聞き、運び屋としてついて行きました。 二日も経てば、カサカサになり、みずみずしさはすっかりなくなるのですが、人造の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください