保 険 の 歯 笑 顔 が い い と 褒 む 大 暑

ほけんのは えがおがいいと ほむたいしょ

大暑、陽暦 7 月13日ごろ。

年をとると、白内障の手術やら、入れ歯、補聴器となにかと物入りで困ります。

前歯なんか、保険の歯はみごとなまっ白で可笑しいのだけれど、本人が「保険の歯、保険の歯」と気にしているので、笑うわけにはいかず、ホントのことも言えないから、聞かれるとお世辞を言うしかないのです。

吹き出しそうなのを我慢して、「ぜんぜんおかしくない、いい感じ。」

馬の歯みたい。

立派過ぎる。

この句も読まれています。

台風の 進路になりたき 心地もす 子供のころから台風が好きです。用もないのに、玄関の外に出て、一瞬激しい風と雨に打たれたりしました。地響きのするような豪雨で、すべてを洗い流せるような気がするのです。人には言いません。「それてよかったですねえ」と言います。あたしは今失業中です。部屋の中を大掃除中です。台所も、押入れも。断捨離実行中です...
昼 顔 や 繁 殖 力 は ひ た 隠 し ひるがおや はんしょくりょくは ひたかくし 朝顔に似た小さな薄紅色の花で、野原や道端、どこにでもあります。 地味です。 ツツジの植え込みに絡んでいるのを見ることも多いです。 見かけによらず、繁殖力旺盛で、たくましいのですが、花は可憐です。 ケッセルの小説 「 昼顔 」は、昼と夜で別の顔をも...
初 西 瓜 赤 子 抱 くご と 運 び お り はつすいか あかごだくごと はこびおり 今年初めての西瓜。 植木産。 落としたら終わり。 生まれたての子どもを抱くように、用心して持ち帰ります。...
選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す えらばざる みちほうずきが おもいだす いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、 すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、 今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、 選ばなかった道を思うことがあります。 どっちが正解だったかなん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください