保 険 の 歯 笑 顔 が い い と 褒 む 大 暑

ほけんのは えがおがいいと ほむたいしょ

大暑、陽暦 7 月13日ごろ。

年をとると、白内障の手術やら、入れ歯、補聴器となにかと物入りで困ります。

前歯なんか、保険の歯はみごとなまっ白で可笑しいのだけれど、本人が「保険の歯、保険の歯」と気にしているので、笑うわけにはいかず、ホントのことも言えないから、聞かれるとお世辞を言うしかないのです。

吹き出しそうなのを我慢して、「ぜんぜんおかしくない、いい感じ。」

馬の歯みたい。

立派過ぎる。

この句も読まれています。

花冷えや 温泉街(おんせんまち)の 裏階段... 温泉が好きで、温泉の街が好きです。 路地の奥まで、ゆで卵のような硫黄の匂いがします。 地元の人は、街の銭湯へ行くそうです。 家に温泉を引いているところもあるらしい。 はじめは小さかったであろう温泉旅館が、建て増し建て増しで、おかしな風に巨大化しているのを外から、内から見るのも好きです。 道も迷路のよ...
月見月 萩の赤花 滝のよに お月見の頃、赤い萩の花は満開を迎えます。 それはそれは大きな滝のようにふりそそぐ花や、落ちてくる木や葉を下から見ると、 感動します。 花のないあいだは、あまり目をひかない緑なのに、これほど赤い小さな花がまるで落ちてくる感じ なのです。 やっぱり秋はいいです。...
秋 刀 魚 焼 く 団 扇(うちわ)七 輪 酢 橘(すだち)酒... 脂ののった秋刀魚は、今は普通グリルで焼くが、子供の頃は外で、七輪を起こさせられて、(命令) 泪を流しながら、風向きを考えながら、団扇を使って火をおこしたものだ。 完全に火がおきたら、煙は出なくなる。 秋刀魚は、ほどよく焼き目がついて、酢橘やカボスをじゅっとしぼって、大根おろしといっしょに食べるものだ...
絵 硝 子 や 夏 日 教 会 風 渡 る えがらすや なつびきょうかい かぜわたる 天草に、畳敷きの教会があります。 隠れキリシタンの末裔が建てたと言われるこの教会、先祖の供養とともに、その苦労をたたえ、教えを守っていくことの決意であろうとおもいます。 手づくり感満載の教会も夏の日を受け、さわやかな五月の風を受け、苦しい時代を越えてき...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください