保 険 の 歯 笑 顔 が い い と 褒 む 大 暑

ほけんのは えがおがいいと ほむたいしょ

大暑、陽暦 7 月13日ごろ。

年をとると、白内障の手術やら、入れ歯、補聴器となにかと物入りで困ります。

前歯なんか、保険の歯はみごとな白で可笑しいのだけれど、本人が「保険の歯、保険の歯」と気にしているので、笑うわけにはいかず、ホントのことも言えないから、聞かれるとお世辞を言うしかないのです。

吹き出しそうなのを我慢して、「ぜんぜんおかしくない、いい感じ。」

馬の歯みたい。

立派過ぎる。

この句も読まれています。

転 ず る も 福 と 為 さ ざ る 盆 の 月... 人生には、取り返しのつかないことが、あちこちに転がっている。 人は、何も考えず、いつも通りに歩き、地雷を踏む。 いつでもやり直せるなんて嘘。 苦しみとやるせなさを背負って、後始末の行脚を行うのが、その人にとっての人生となる。 幸せは、考え方ひとつなんて、気安く言わないであげてください。...
大 方 の 罪 償 へ ず 残 り 鴨 おおかたの つみつぐなえず のこりがも 罪というのは、警察に捕まるようなことだけではありません。わたしには、いっぱいいっぱい罪があって、思い出すのも苦痛なのです。残り鴨。春になって、大方のカモが北へ渡るのに、そのまま居残っているカモのこと。理由はわかりません。けがをしたのか、体調に自信がないのか。も...
カルストの 野焼きの原に 芽のふいて... 一面のカルスト台地、野焼きのあとは黒々として 下の下からは、あおあおと草は静かに、でもたしかに 生命力にあふれ、いっせいに伸びるときを待っています。 あたたかい雨が大地を潤すまで、もう一息。 ...
蔦の実の 生るを見つけて 秋最中 蔦に実がなる。黒い小さな実。 秋の本番、枯れる前の少しのあいだ。 色とりどりの葉の中に。 iPhoneからの投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.