保 険 の 歯 笑 顔 が い い と 褒 む 大 暑

ほけんのは えがおがいいと ほむたいしょ

大暑、陽暦 7 月13日ごろ。

年をとると、白内障の手術やら、入れ歯、補聴器となにかと物入りで困ります。

前歯なんか、保険の歯はみごとなまっ白で可笑しいのだけれど、本人が「保険の歯、保険の歯」と気にしているので、笑うわけにはいかず、ホントのことも言えないから、聞かれるとお世辞を言うしかないのです。

吹き出しそうなのを我慢して、「ぜんぜんおかしくない、いい感じ。」

馬の歯みたい。

立派過ぎる。

この句も読まれています。

冷え冷えと つるべ落としの 湯の帰り... 秋の日暮れははやい。あたしは温泉が好きで、でもそうそうは行けないので、仕事の帰りに近くのスーパー銭湯に 行きます。行くときは陽も高く、ほいほいと行くのですが、時間を過ごすうちに、あっという間に日が暮れて、驚くことが よくあります。スーパー銭湯はドライヤーのところが掃除が行き届いてなくて、あたしは顔に...
綿 虫 を 両 手 で わ ん わ ん 払 い た る... わたむしを りょうてでわんわん はらいたる わたむし。 冬のはじめの頃、空中を飛ぶというか漂うというか、小さな綿のような虫を見ることがあります。 飛ぶ姿が、空中を漂う雪のように見えることから、雪蛍なんて、身に余る名前を頂戴してもいるらしいです。 わたしは、口に入らないように、鼻から吸い込まな...
昇りつめ 戸惑うており 凌霄花(のうぜんか)... のうぜんかずら、橙色の元気のいい大きめの花をたくさん付ける。 自分で立つことはない。 よその木に這い上がって、生長する。 昇り詰めたら、しばらくウロウロッとして、しょうがないから、 下りに転じる。...
「 残 穢 」(ざんえ ) ( 2 ) 嫁に行った娘は、一周忌が済んだ頃、離婚している。 家族に自殺者が出るなど、縁起でもない、許さない風潮があった。 しかも商売しているし、風評被害もあっただろう。 花嫁の父親は、金融機関に勤めていて、余裕のある家庭だったという。 娘は、高校卒業後、周囲の反対を押し切って、東京で独り暮らしを始めた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください