代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

落ち蝉に かかれと言うて 蟻の声 寿命が尽きた蝉は、蟻の栄養。 「さあ、かかれ」と号令一下蟻の流れ作業が始まる。 自然の摂理か。
日の盛り 汗が目に入る ガバガバの顔... 肉体労働は、汗が吹き出します。 化粧したのに、はげて、汗が流れてかたまったようになって、 そのうえにまた汗が流れて、まるで炎症をおこしたみたいに、顔の皮膚が分厚くなったような 気がするのです。...
廃 路 な ら 片 付 け 給 へ 夏 み か ん... はいろなら かたづけたまえ なつみかん 水害のあと、ああだこうだと大騒ぎした結果、廃線と決まったらしいです。 だたでさえ赤字路線で、でも他に交通手段のない地区を見放すとも言い出しづらく、洪水で線路や駅舎の一部が流されたのをコレ幸いに、沈痛な面持ちで、「やむなく…」と。 あの魅力的な単線を無くし...
煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り... すすにげの わびはとらやに おさまれり 家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。 手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。 女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹...