代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り... ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり 誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。 別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。 杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂い...
雷か どこかで花火か 梅雨半ば 雷なのか、飛行機なのかよくわからないことがある。 きょうのは、花火のようだ。 気の早いこと。 元気分けてほしい。...
アスファルト 銀杏落葉の 走る走る... 博多駅の裏、オフィス街に立派な銀杏並木があります。今の季節は黄色の葉っぱがまるで桜がちるように、はらはらと散るのです。地面なら素敵な黄色い絨毯ができるのでしょうが、なんせアスファルト。落ち葉は落ち着くことができないのです。ことに今日のような風の強い日にはビル風に煽られて、あっちに走り、こっちに走りす...
西 郷 の 泊 ま り し 宿 に 檀 の 木 さいごうの とまりしやどに まゆみのき まゆみの木、秋に紅葉と赤い実を楽しめる庭木として、流行したと聞きますが、現在見ることは少なく、庭に植えているところはほとんどないと聞きます。...