代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

春霞 鉄路の果ての 菜の黄色 線路はいい。遠くに菜の花畑。黄砂かかすみか、もやーっとして、もうというかようやく春が来た。
雨は雪に 気がかりは不安に 色がつく... 深夜に目が覚めることがよくある。 降っていた雨が雪に変わったことを、ひどく寒くなったことと、気配で感じる。 夜は、人を愉快にはしないようだ。 漠然とあった小さな心配は、次第に確たる不安に成長する。 輪郭がはっきりと、そして色がつく。...
日記とは 苦しきときのみ 書きおりて... 毎日日記を付けるのは苦手。どうしようもない不安を抱えたときだけ、書く。それもあまりに大きいときは、書けない、そんな余裕はない。それで三年日記も空白だらけ。捨てようかと読み返してみるが、途中でやめた。そのときの苦しい気持ちがよみがえって、やめた。捨てることもできず、引き出しの奥にしまった。...
麦 を 蒔 く 日 の あ る う ち に 暮 れ ぬ う ち... むぎをまく 日のあるうちに 暮れぬうち ついこの頃稲刈りが終わったばかりだというのに。 稲刈りが済んだ田を鋤き起こして、塊になった土くれを砕き、畝を再びたて、麦を蒔くのだそうです。 蒔く麦には、消毒がなされていると聞きます。 早すぎても、遅すぎても其れなりの病気に罹ること多く、時機を見極めることが...