代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

妬 み そ ね み 未 練 も 抱 へ 雪 女 郎... ねたみそねみ みれんもかかえ ゆきじょろう 雪女は妖怪であろうと思います。 それにしてもなんと人間的なのでしょう。 豪雪の中、命を助けたオトコを愛してしまった、妖怪とは思えぬ、いかにも人間的な、決定的あやまち。 わざわざ訪れ、美貌で釣り夫婦になり子どもまで成す。 妖怪が人間のこころを持って...
余り苗 隅の清水の わくところ 少しだけ余った苗は、田んぼの隅のほうに、少しまとめて植えてありました。
散る花の 水面に浮いて 日を受けて... 散った桜が、水に浮く。 春日を受けて、きらきらとひかり、再びの美しさ。
知 覧 茶 に 特 攻 載 せ し 終 戦 忌 ちらんちゃに とっこうのせし しゅうせんき 句会の先輩に、お兄さんを特攻で亡くした方がいます。 22歳だったそうです。 終戦を迎え、兄さんの友人たちが家に来て、いろんなことを、想い出や、戦争全般のこと、さまざまな細かいこと、例えばモールス信号の手習いなど教えてくれたと、折にふれ、私たちにも聞かせて...