代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

簾 ま だ そ の ま ま に お り 西 日 中... 夏のすだれが、まだそのまま。 朝夕は涼しくなったとはいえ、日中はまだまだ。 ときには夏に戻ったような暑さを感じる日もあって、簾一枚あると、幾分か楽になるから。 すっかり飴色に変わって、お勤めごくろうさま。...
か に か く に 故 郷 の 夏 の 匂 ひ な り... かにかくに こきょうのかぜの においなり 何がちがうわけでもなかろうに。 たいした思い出があるわけでもないのに、やはり故郷の風はちがう。...
芋 天 は 吸 う 息 で 喰 う 目 白 黒 いもてんは すういきでくう めしろくろ 遠いむかし。 まだ母がうちにいたころ、サツマイモの天ぷらの揚げたてを食べるのが楽しみでした。 母は新聞紙に揚げたてのサツマイモをのせ、わたしもまだ熱い出来たてを新聞紙にはさんでフウフウ言いながら食べたものです。...
植え終わり 水面(みなも)のピタと 静まれり... PhoTones Works #1554 / PhoTones_TAKUMA 低く垂れこめた雲の下、朝から田植えの作業が進む。夕方には、昼間の喧騒は何処へやら、張られた水に空が映る。...