代掻きの 田に雨の打つ しばし見る

t田植え前の、水を張った田んぼは好きです。
さらに雨の日は格別です。
低い雲、暗い空、雨でけぶってよく見えない周りの家や道路。
雨が落ちて、湖面のような水田と、細くてどこまでもく黒いあぜ道。
風情ある夏のはじめの風景です。

この句も読まれています。

冬の蝶 落ち葉掴んで 暖をとり 今の時期に、真っ黄色な小さな蝶を見つけた。 落ち葉を掃いてるときに。 少しでも陽のあたるところを探してか、ひなたの落ち葉に掴まっている。 飛ぼうとはしない。 死んだわけでもない。...
傘 さ し て ち ょ い と 茗 荷 を 三 つ 四 つ... かささして ちょいとみょうがを みっつよつ お昼はそうめんにする。 庭の隅のミョウガを要る分だけ採って来ます。 雨のなか、パキパキと折って急ぎ足で帰ってきます。 サクサク切れますが、いちばん外側だけは、ちょっと切りにくいのです。 そうめんにはいちばん合うと思います。...
肩 で 息 幼 な ハ モ ニ カ あ ま り り す... かたでいき おさなはもにか あまりりす ラリ ラリ ラリラ 調べは アマリリス 小学校の低学年。 初めてハーモニカで演奏した思い出があります。 深呼吸して、音を出すと同時に、くびをこくこく振って吹く様子は、練習の、まさに成果といった趣きで、りっぱなものです。...
いのこずち 投げて届けよ 我が想い... いのこずちは、触ったり投げたりすると、衣服にぴたっと付いて、離れません。 セーターなど毛糸ならなおさらです。 自分の想う人にあんなふうにぴたっと、伝えられたらどんなに楽だろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です