代掻きの 田に雨の打つ しばし見る

t田植え前の、水を張った田んぼは好きです。
さらに雨の日は格別です。
低い雲、暗い空、雨でけぶってよく見えない周りの家や道路。
雨が落ちて、湖面のような水田と、細くてどこまでもく黒いあぜ道。
風情ある夏のはじめの風景です。

この句も読まれています。

歯を立てて あとは引き割る 林檎かな... 歯ごたえのある林檎が好きである。 洗ったら剥かずに、かっと前歯を立てて、あとは手前に引けばいい。林檎の果汁と香りがいっぱい。 iPhoneからの投稿...
鍵 (かぎ) は あ り 眼 鏡 探 し て そ ぞ ろ 寒... 急げば急ぐほど、何やかやと探しまわる。 携帯は、家の電話からかければ、何処かで音がするが、マナーモードでは、それも役に立たず、焦る。 結局、ソファーの隙間にあったり、化粧品の横で見つけたりする。 やっと見つかったと安堵するのもつかの間、手に持って携帯を探していた家の鍵を何処かに置いたようで、自分で自...
夏 の 果 て 鉄 路 も 駅 も 高 上 が り... なつのはて てつろもえきも たかあがり もう十年越しの計画です。 朝夕のラッシュ時に遮断機が下りっぱなしで、クルマが通れない状態が長く続いているから、その解消のために、高架にすることが計画されました。 目の前の光景が変わり出すまで、その進捗状況をあまり気に留めなかったのに、 いざ家の前の細い...
春の宵 すみれねずみの ぬくい雨 いつまでも暮れない春の宵。 生あったかい風が吹く。 そぼそぼと雨が落ちてきた。 すみれねずみ色の雨、群青ではなく、桜色でもなく、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください