人 力 の 奈 落 の 軋 む 村 芝 居

じんりきの ならくのきしむ むらしばい

片田舎の芝居小屋とは失礼か。
芝居場。
古い舞台には、年季の入った奈落が、立派に稼働しています。
ただし、人力で、大人の男が三人がかりで動かすそうです。
木で出来たローラーを要に、ぎしぎしと重い音を立てて動きます。
村芝居だったものが、最近は観光客で、ほぼ満員。
むかしは畳敷きだった客席は、半分ほどはパイプ椅子に。
役者には、茶髪のお兄さんもいます。

この句も読まれています。

病 室 に し ゃ べ り 通 し て 鰯 雲 見舞いに行って、顔を見た途端どきっとしたことはありませんか。 病院ってところは、病人をつくるのではないかとさえ思う。 しばらく入院すると、ひとまわり小さくなって、色が抜けて、笑うと余計痩せた顔が強調され、ドギマギして、つまらない近況や、共通の知人の噂話などを何故か早口に喋り、また来るなんて言って、に...
春隣 若いヘルパー 長睫(ながまつげ)... 美しい若いムスメが年寄りの介護をするのは、 立派なことだけど、この仕事だけはある程度 人生経験が必要だと思う。携帯ショップの、 お姉さんのような長いまつげのアイメイク。 メイクが悪いとは年寄りの言うことながら 排泄の始末などできるのだろうか。続くまい。...
私物なき 老人ホームも 外は春 老人ホームに行って、驚きました。なにか変。それぞれが個室、なのにみんな同じ。病院のベッド、ポータブルトイレ、 押入れには、同じ透明の衣装ケース。人はそれぞれいつもそばに置いて、長い年月使ってきた箪笥や道具ととも にあるはず。なのにどの部屋も白い天井、白いカーテン。入ったときはドキッとしました。思い出...
待 ち 人 は 来 ず と 悟 れ り 春 う ら ら... まちびとは こずとさとれり はるうらら おみくじ、めったにないことだけど、大吉を引くと、「待人来たる」とあります。 どんな種類のまちびとか、人それぞれだけれど、こと恋愛に関しては、来ないと言い切っていいと思います。 一度離れたオトコのこころ、二度と戻るはずもないのです。 余計なことをして、さ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください