人 力 の 奈 落 の 軋 む 村 芝 居

じんりきの ならくのきしむ むらしばい

片田舎の芝居小屋とは失礼か。
芝居場。
古い舞台には、年季の入った奈落が、立派に稼働しています。
ただし、人力で、大人の男が三人がかりで動かすそうです。
木で出来たローラーを要に、ぎしぎしと重い音を立てて動きます。
村芝居だったものが、最近は観光客で、ほぼ満員。
むかしは畳敷きだった客席は、半分ほどはパイプ椅子に。
役者には、茶髪のお兄さんもいます。

この句も読まれています。

月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...
早馬で 帰って来いと 盆の茄子 今まで知らなかった、常識の無さ。お盆に茄子やきゅうりに足を付けて、迎えるのは、帰ってくるときは、馬に乗って早く、向こうへ戻るときは、牛に乗ってゆっくりとということだそうです。仏事に疎くて、常識無いなとつくづく思います。迎え火を焚いて、家に帰るときに迷わないようにって、やさしいです、みんな。...
靴 お ろ し 部 屋 の 中 よ り 春 が 行 く... Stripes & Dots / akaitori 子どもの頃から、靴の初おろしのときは、まず家の中で履き、そのまま外へ出たものです。はじめの一回だけですから、子ども心には、ときめいたものです。今も、することがあります。...
秋の野に 柿の木のあり 稲実り むかしのこと、大宰府の、麻生太郎さんのお父さんかお爺さんかが造った、トンネルを抜けて、 宝満山の登り口、竈神社までの道は、わたしの思い出の道です。 一面の稲穂黄金色に輝いて、もう刈り取り寸前。 道はまっすぐではなくて、細くぐるーっとわざと景色を楽しむために、曲がっているよう。 空は真っ青な秋の高い空...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です