人 力 の 奈 落 の 軋 む 村 芝 居

じんりきの ならくのきしむ むらしばい

片田舎の芝居小屋とは失礼か。
芝居場。
古い舞台には、年季の入った奈落が、立派に稼働しています。
ただし、人力で、大人の男が三人がかりで動かすそうです。
木で出来たローラーを要に、ぎしぎしと重い音を立てて動きます。
村芝居だったものが、最近は観光客で、ほぼ満員。
むかしは畳敷きだった客席は、半分ほどはパイプ椅子に。
役者には、茶髪のお兄さんもいます。

この句も読まれています。

霧一枚 晴れても里は 霧の中 深い霧は、幾重にも降りた霧に包まれたよう。 一枚や二枚の霧が晴れたところで、真髄はまだしっぽりと里を包み込んで 微動だにしない。...
夏 を 吐 く 夕 餉 の 気 配 蚊 遣 り 豚... 夏の夕方、蚊取り線香を焚く。今にも降り出しそうな気配はあるが、梅雨の空はなんとか持ちこたえている。簾を立て掛けているから、部屋は薄暗い。そろそろご飯が炊き上がる。...
急 ぎ ま す 木 の 葉 時 雨 を 存 分 に... 木の葉がまるで時雨のように降りそそぐ。 公園の中も傍の道も、今、盛りを過ぎたところか。 ここを抜けるのがいちばん近道。 もともとは松林だったようで、常緑の松はまだあちこちにある。 松食い虫の被害もあって、切り倒したあとに広葉樹を植えたようで、長い年月が経って大きく育ち、松と並ぶか、それを越す背丈にま...
思い出す ことの多かり いわし雲 sすっかり秋になった。空は高くなり、夕暮れに一面のいわし雲。あんまり楽しいことは思い出さない。ああ、あのときのあの人の態度は、もう嫌気がさしていた証だったんだとか。なんであのとき気がつかなかったんだろうとか。人の心の一瞬って、時間がたってから、ふっと気がつくことが多いような気がする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください