人 力 の 奈 落 の 軋 む 村 芝 居

じんりきの ならくのきしむ むらしばい

片田舎の芝居小屋とは失礼か。
芝居場。
古い舞台には、年季の入った奈落が、立派に稼働しています。
ただし、人力で、大人の男が三人がかりで動かすそうです。
木で出来たローラーを要に、ぎしぎしと重い音を立てて動きます。
村芝居だったものが、最近は観光客で、ほぼ満員。
むかしは畳敷きだった客席は、半分ほどはパイプ椅子に。
役者には、茶髪のお兄さんもいます。

この句も読まれています。

木 守 柿 雲 の 流 る る う ち に 熟 れ... 来年もまたたくさん柿がなりますようにとの願いを込めて、柿は全部は収穫せず、一番高いところの二つ三つを残す。 秋の高い空、流れる雲、そして時雨。 そうこうしているうちに、いつの間にか忘れてしまい、いつの間にか消えてしまう。鳥がつついたのかもしれない。...
秋に海 青が濃くなり 空も濃くなり... 秋になると、海は人影がなくなり、本来の風景を取り戻します。 海の色は、夏のように水色ではなく、むずかしい色合いの不思議な色に変わります。 空は高くなり、おだやかな雲が流れます。 深呼吸します。...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...
誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔... たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお 老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。 堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください