京 訛 り な れ ば 金 魚 屋 一 尾 足 し

きょうなまり なればきんぎょや いちびたし

京都の言葉のやさしさ、九州の人間の耳には、ことのほか魅力的。
金魚屋め。
若い美人に弱い。
高級なデメキンを。

この句も読まれています。

点 滴 は 氷 柱 ( つらら ) の 溶 け る リ ズ ム な り... 点滴 / ryosalem あんなバケツのような量の液体が、忘れた頃にポツリと落ちる点滴で、入るものかと思っていたが、そこは時間のなせる技。忘れた頃には、かなりの量がはけている。この冬の名残りのうちに、元気になって出ておいで。また去年のように、あの川のほとりを歩きながら、花見ができますように。...
花 と 星 ど ち ら も 要 ら ぬ 竹 の 秋... はなとほし どちらもいらぬ たけのあき 森山良子の代表作。 「この広い野原いっぱい咲く花を、ひとつ残らずあなたにあげる。」 要らない。 そんなもの。 若さも夢も遠くなって、そんなものほとんど見えない。 野原の花とか、空の星とか、勝手に人にやるな。...
脳 男 常識では考えられない、高い知能、驚異的肉体、人間らしい感情が大きく欠落している主人公に、生田斗真。 過去に、年の離れた弟を殺害され、( 殺害の状況は、髪と眉を剃り落とされ、全裸で後手に手足を拘束された状態で、発見された) それが原因で、閉じこもり、一日中テレビとお菓子漬けの母親を抱える、精神科医...
サービスの 残業しろと 寒鴉 世の中が不景気なのは、知っています。 金は払えないが、残業しろと、それがいやなら、 よそへ行けと、人の弱みにつけこむような、 なんでそんなこと…ほかに言いようがないかな。 いやな男だ。 ばちが当たれ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください