京 訛 り な れ ば 金 魚 屋 一 尾 足 し

きょうなまり なればきんぎょや いちびたし

京都の言葉のやさしさ、九州の人間の耳には、ことのほか魅力的。
金魚屋め。
若い美人に弱い。
高級なデメキンを。

この句も読まれています。

川風の 冷たきところ 野水仙 陽射しはもうすっかり春だが、風の冷たさは どうだろう。堤防から、川に降りるところど ころ水仙は群生している。誰が植えたわけで もなかろう。野水仙は強い。川風に晒されな がら、折れもせず。...
冬 帽 子 付 い て 離 れ て 植 木 市 植木市という名のまつり。 / Ys おそらくはご夫婦だろう。植木市の、あるところでは、いっしょに鑑賞し、あれこれと言い合い、あるところでは、めいめいが勝手に動いて、いつも一緒でないのがいい。興味や意見は、同じだったり、そうでなかったり。人はそれぞれ。都合のいいところだけ、共有するのがいい。...
ぽったりと 八重の桜は 枝しなる 八重桜はずいぶんとおくれて咲く。色が濃く、重い感じがする。満開になれば、花の重みで枝がしなるほどに見える。 あまり誉められもしないが、「あたしはあたし」って感じ。...
と ん ぼ 来 て 橋 の 欄干 少 し 先 Autumn darter (Matsudo, Chiba, Japan) / t-mizo 橋の欄干から、手を伸ばせば届き そうな距離にとんぼ。逃げるわけ でも、寄ってくるわけでもなく、 行ったり来たり留まったり好き勝 手。夕暮れの始まる一番いい時間。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です