京 訛 り な れ ば 金 魚 屋 一 尾 足 し

きょうなまり なればきんぎょや いちびたし

京都の言葉のやさしさ、九州の人間の耳には、ことのほか魅力的。
金魚屋め。
若い美人に弱い。
高級なデメキンを。

この句も読まれています。

重なりて 奥行き深し プラタナス 色づいたプラタナス、同じように見えて薄く濃く落ち葉並木の続く道。秋たけなわ。
緑陰と ともに動いて 演説会 近所の公園で、選挙の演説会をやっていた。 日向に居るのはサクラか。 遠巻きの聴衆は、少しずつずれていく日陰といっしょに動く。...
這松(はいまつ)に 秋の浜風 秋の波 地を這うような松は、そういう種類か。 わたしには、波風に傷めつけられて、形を変えてしまったように 見えてしょうがない。 秋の風、秋の浜。...
色づいて ホオヅキ今夏 越せるかと... もうこの季節に、ほおずきはだいだい色,、早いものだと思う。 この夏の暑さは、どうだろう。 暑くない夏だといいけれど。 野菜は高いかな。 夏の暑さには、とても弱くて、毎年夏バテします。 今年は、肉体労働の契約だから、夏バテするわけにはいかないのです。 頑張ってみようと決めたのです。 この夏を越せるか、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください