京 訛 り な れ ば 金 魚 屋 一 尾 足 し

きょうなまり なればきんぎょや いちびたし

京都の言葉のやさしさ、九州の人間の耳には、ことのほか魅力的。
金魚屋め。
若い美人に弱い。
高級なデメキンを。

この句も読まれています。

すかんぽを しごきしごき行く 春の道... すかんぽを、ずるずるっと引っ張れば、赤い種だけが手の平に残ります。 それがおもしろくて、子供のころは道を歩き歩き、やったものです。 しばらくすると手のひらに赤い色がつき、なかなかとれなくて、 ズボンで拭きながら歩いたものです。...
凍 え て も 水 中 歩 行 競 泳 着 こごえても すいちゅうほこう きょうえいぎ 水中で歩くことは、思ったより随分体力を使うらしい。 腰にも膝にも負担が少なく、ジムではかなり高齢の方も頑張っておいでです。 最近の高齢者は、努力の甲斐あって、ひと昔前とは比較にならないほどお若いと聞きます。 身体が若ければ、気持ちも明るくなります。 歩く...
聖 夜 過 ぐ ポ イ ン セ チ ア の 眼 の 泳 ぐ... せいやすぐ ぽいんせちあの めのおよぐ クリスマスが終わった。 今年はめずらしく振替休日で、世間の景色も少しは変わったかもしれない。 もてはやされたポインセチアは、役割を終えた。 ツリーは片付けるけれど、この花は処分というわけにはいかないでしょう。 居心地の悪そうな体裁で、部屋の隅っこに遠...
秋 晴 れ が 押 す 復 興 の一 輪 車 あきばれが おすふっこうの いちりんしゃ 今年の夏は、何度も何度も大きな台風が来て、繰り返し繰り返し土砂崩れや浸水の被害をもたらし、多くの人が命を落としました。 人というものは、こんなに強いのかと驚きます。 大きな重荷を負いながら、それでも投げ出すわけにはいかない。 わたしはたぶん立ち直れそ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください