京 人 参 出 で て 新 年 近 ま り ぬ

きょうにんじん いでてしんねん ちかまりぬ

正月料理に使う、あのオレンジ色ではなく、真っ赤な人参。
京人参とか、金時人参というらしいです。
トマトとおんなじリコピンという物質が豊富で、がん予防になるとか。
スーパーや八百屋にこれが並ぶと、もう数え日に入ったと実感します。

この句も読まれています。

根 拠 な き 楽 観 誘 う 若 葉 風 こんきょなき らっかんさそう わかばかぜ 深緑の季節。 マイナスイオン溢れる森の中にいると、清々しくて、抱えている懸案ごともなんとかなるさという気になるから不思議。 見上げれば、若葉の隙間からほんの小さな空が見えます。 すっかり夏色の空です。...
鍋焼きの うどんでよし 暖まりたし... 寒い寒い 体も寒い、心はもっとへたばった。 とりあえず、暖まりたい。 なんかあったかいものを食べれば、 ちょっとは凌げるかもしれない。 なみだが、つららになって、 心臓に突き刺さる前に。...
霧 降 り て 津 屋 崎 千 軒 人 見 え ず... きりおりて つやざきせんけん ひとみえず 津屋崎は江戸時代から長く塩田の積み出し港だったとか。 大いに栄え、その賑わい振りは、家が千軒もひしめくようだと、津屋崎千軒と呼ばれたと聞いています。 残念なことに、江戸時代からの、度重なる大火で何度も焼失したとのことですが、現在も数軒が当時の面影を残してい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください